FC2ブログ

 20年前からのプレゼント 

久々すぎて申し訳ないやら自身が不甲斐ないやらで肩身が狭いのですが、
どうしても書きたくなったので書きます。

本日、父の書棚を整理(私には不要の父の本を駆逐して自分の本を置くスペース確保)をしておりましたら。
出てきました。
ハラショー!

梶井基次郎の文庫とセットされた小箱。
ええ、梶井基次郎といえばこれしかありませんよね。

丸善創業130周年記念万年筆
「LEMON」(ガラケーのせいでか漢字変換不可)
限定1.000本。
PILOT製、14F。

折しも150周年限定が発売されて間もない時期でございます。

以前より、自分では買わないけどちょっと欲しい……とか思っていたペンが。
まさか家にあったとは!

おまけに完全新品未使用のコンバーター付きとは嬉しすぎではありませんか。
……私のインクコレクションにはですね。
視認性を疑って、購入だけして未使用の
「丸善アテナインキ 京都 れもん(←漢字)」がございまして、ええ。
さっき初めて試したら意外と見やすく、このペンにこのインク決定!

正直言えば丸善アテナインキはSAILOR製なので、
PILOT製のペンに使うのは気分的に微妙。
でもペンもインクも「丸善」表記しかないので今回に限り目をつぶろうと思います。

最近私生活の方でちょっと色々ごたついておりまして、
ひたすら本にしか逃避する術がなく、
誕生日すら友人ひとりがカードくれた(心底ありがたい)だけで終わりました。
本当は自分にプラチナのリラを買ってやろうと数ヶ月前から思っていたのに
それどころではなかった私への父からのプレゼントだと思うことにしました。
どうせ父は国産Fなぞ使うまい(実際未使用だったわけだし)。これは私のためのペンである。
ありがとう父よ!

取り急ぎなので画像はまたいつか。

 偉大なる革命 

ハロウィンにちなんで、色目だけでも。

このペンが出てきた時、そのあまりの煌びやかさに目を奪われました。
そして即効、「私のもの♪」と判断。

PARKER DUOFOLD。
矢羽クリップが特徴のパーカーは、譲っていただいたVECTER1本しか所持していません。
「ソネットがいいよ~」なんて声も聞きますがピンクがないし金属軸だし
このまま縁もなく行くものだと思っていました。
実際、こうして転がりこんでくるまでは。

私の些細なこだわりを吹き飛ばすほど、このペンは美しい。
DSC00577.jpg

万年筆といえば黒軸が当たり前だった1920年に燦然と現れて
その色で衝撃という革命を呼び起こし(?)
マッカーサー元帥にも愛用されたという
「ビッグ・レッド」と呼ばれた伝統のオレンジ軸、の後継者。
その気持ち、わかる。
……高瀬はピンクと白と真紅の次にオレンジ軸が好きでした、そういえば。

DSC00578.jpg

使用頻度も低かったのか、なかなか美品。
花のような天冠も上品。
DSC00576.jpg

これを発見した時、BPとMPも一緒だったんですが、
こちらは天冠からクリップへのゴールド部分のデザインがかっこよくて、
正直万年筆より見た目はいいんじゃないかとか思ったり?
バランスは悪くないのにやはり重いんですけどきれいだからOK。
DSC00575.jpg

でも使用するなら万年筆一択。
尻軸に貼ってあるシールはF。
こりゃ楽しみだとせっせと洗浄して、
父はカートリッジ使用だったようなのでわざわざコンバーター買いに行ったり。
(予断ですがこのパーカーのコンバーター、金属部分が銀色のと金色のとの2種類あって、
何故か価格差が600円ほど。
ペンに合わせて高い金色をチョイスしましたが釈然としません)

インクを選ぶために我が家内コンテストを行いました。
PERIKAN Edelstein:MANDARINE
CARAN d’ACHE:Saffron
SAILOR 色織々:金木犀
Dr。Jansen:Peach
PILOT iroshizuku:yu-yake(夕焼け)
PILOT iroshizuku:fuyu-gaki(冬柿)
SAILOR インク工房製:紅茶女王

勝利したのは「金木犀」。ちょうど季節も良かったですし。
実質EdelsteinのMANDARINEとの一騎打ちでした。
PILOTのiroshizukuはどれも良い色ではあるのですが
PILOTのペンでしか使わないことにしているし。
より「オレンジ」っぽい色ということで。

さて、わくわく使ってみたならば。
「これでFはない、絶対ない」
というくらい太いじゃありませんか!

DSC00579.jpg
DSC00580.jpg

そうね。
このペン先見て細い字が書けるはずないよね!(泣)
このペン芯に刻まれた86がどのサイズを表すのかわかりませんが
Fでないことは分かるよ!
でもきれいだしね、きれいだから許すか慣れるしかないね!

慣れるといえば、これCENTENNIALサイズなんですが。
モンブランでいえば146(ル・グラン)、ペリカンでいえばM800くらいかと。
つまり、私の手には太い。
でもSAILORのプロギアともそう差はないっぽいので
軸の太さにも慣れるしかないでしょう。
細いINTERNATIONALサイズだともっと良かったけどね!

後になって知ったのが、この花のような天冠が使用されていたのは
1992~1997年の5年間なんですね。
当時のカタログ(一緒に発見された)見ても普通に掲載されているので
限定というわけではなかったようですが。

オレンジ軸の美しい万年筆ということで
DELTAのドルチェビータ・オーロ・スリムを密かに欲しいかもと
思っていた気持ちにも整理がついたかもしれません。


 ごめんねレクイエム 

私はそもそも重いからという理由で金属軸が苦手です。
金々銀々ピカピカしているのも、なんというか自分に合わないから苦手。
軽くてきれいな樹脂バンザイ。

さてそんな高瀬の一親等血縁者でありながら、
父は黒軸も金属軸も大好きで。
……まあ、昔から女の趣味も合わなかったしね。

今回はこちらの金々ぴかぴかの1本をご紹介。
DSC00626.jpg

太い、重い。量ったらほぼ50g。
箱も保証書も無し。
ただキャップ下の胴軸に流麗に刻まれた「S.T.Dupont PARIS」

そもそもデュポンの万年筆なんて、趣味文で眺めて終わるものでした。
(オードリーは例外中の例外で欲しいんだけど)
実用品というよりも宝飾なイメージ。
まあお値段もかわいくないし?

私の父はコレクターではなく、基本どんなペンであろうと
平気で普段使いする人です。
それはいい。
筆記具として生まれたからには仕舞われているより使われる方が幸せだろうし。
でも。
もう少し気を遣え~っ!!!

革のペンケースに入れるのはいい。
でも仕切りのないペンケースに2本も3本も入れるのはやめて!
金属軸と樹脂軸の同居→樹脂軸が傷つきます。
金属軸同士の同居→どちらも傷つきます。
おわかりでしょうか。
父の金属軸のペンは、未使用以外、どいつもこいつも傷だらけ!
樹脂軸なら磨いて消せる傷も、金属軸だと限界が。
というか手におえないですよ?
まだ傷はキャップに集中しているけれど。
DSC00627.jpg

とりあえず洗浄をしようとしてもデュポンは初めて扱うし、
首軸のはずし方すら分からない。
まさか尻軸にある取っ手を引き出して回転させることで首軸を緩めてはずす仕様とは。
鉛筆のエクステンダーみたいな感じ?
DSC00633.jpg

そしてやわらかいとはいえ、樹脂製の黒い首軸の接続パーツまで傷だらけなのは何故。
それでも色々がんばったよ。
でも首軸の金属部分やコンバーターの先の金属部分があきらかに腐食してます。
DSC00632.jpg
そして父は何本もパーカーのペンマンインクを持っている……。
使ったね? 使っただろう、ペンマンインク!!!

DSC00631.jpg
首軸の刻印からデュポンのペンだということは分かります。
それしか分からない。
でもこいつは限定の匂いがぷんぷんするぜ!

DSC00635.jpg
尻軸あたりにサインらしきものがあるけれど、
だいたいアルファベット圏の筆記体と日本語でも草書体は
さっぱり読めないんだってば!
活字体や楷書が好きだーっ。

でもまあ、本体からヒントを得なければならない。
なんとなく、軸のラインが五線譜ぽい。
首軸近くの五線譜には楽譜らしきものもある。
DSC00629.jpg
検索ワードをあれこれ変えながらようやく素性が明らかに。

1991年1,000本限定
モンパルナスベース
没後200年記念
モーツァルト・レクイエム。
金属・金メッキ仕様。
ペン先18k。字幅F。
重量約50g。      

よりによって楽聖……。
いやまあ、知ってるよ?
下ネタ満載の手紙とか書いてたって。
でも音楽家としてはやはり偉人中の偉人。
そして高瀬はモーツァルトのレクイエム、好きなんだよー。

ごめん、本当にごめん。
こんなに傷だらけにしちゃってごめん。
腐食までさせちゃってごめん。
私がしたわけじゃないけど、ごめんねモーツァルト。

 獄中は玉虫色(もしくは玉虫色の肖像) 

このあたりで、私が「ぎゃっ!」となった大物を一発ご紹介。

わたくし、根っからの庶民で貧乏性でございます。
私のコレクションなぞ、元上代は別で最高金額で4万超えるか超えないか…
までしか出していませんし、そこまで出したのも2本くらい?
だいたい3万(税別)出せば国内上位モデルは入手できるし、
一番多いのは1万前後のものでしょうか。
だから。
正価が5万超えれば無関係だし、それ以上だと異次元だし。
万年筆コレクターの方だと当たり前の金銭感覚かもしれませんが
まあつまり。
私から見たらすごい大物なんだよ、と。

DSC00609.jpg

↑この状態でぴんときた人はヘンタイだと思う。

DSC00610.jpg

↑ああ、モンブランなんだね。

DSC00611.jpg

↑ブック型の箱なんだ~。
で、何? もしかして何かの限定なの?

DSC00613.jpg

うん、我が家にさ、まさかモンブランの作家シリーズがいらっしゃるなんざ
夢にも思ってませんでしたとも。
心臓ばくばくしながらオスカー・ワイルド氏とご対面です。
1994年の世界限定20,000本。

DSC00612.jpg

箱収納の向きはもしかしたら逆かも。
おそらく購入の際に試筆したくらいでしょうか。
ちょっとペン先洗ったらうっすら青かったくらいなので。

DSC00614.jpg
DSC00618.jpg

ベースというか太さは149みたいです。
わりと予想していたよりもおとなしい。
クリップのサイドにワイルドのサイン。

DSC00616.jpg
DSC00615.jpg
DSC00617.jpg

ペン先は18kで胴軸のシールを信じると字幅はB。

DSC00619.jpg
DSC00620.jpg

クリップとクリップリングとリングの玉虫色がアクセントなのかな?
他は配色も地味だしねー。
……なんて、最初は思っていました。
だって知らなかったんだもの。

DSC00621.jpg
DSC00623.jpg

この軸を最初に見たときに連想したもの。
コーヒーゼリー入りのアイスオーレ。
ミルクコーヒー色でしょう?
美味しそうな軸は嫌いじゃないぜ。

さて、しかし。
同梱のカタログを見て違和感を覚えた私は、ネット検索の旅に出ました。
カタログの画像はクリップ普通に金色だったからです。
で、またしても有益な情報があったのは「万年筆評価の部屋」さまでした。

スターリングシルバーの土台の上に24kメッキがほどこされ…ていたんですね、元々。
しかしそのメッキがあまりしっかりしたものではなく、
空気に触れることで酸化して変色しやすい、と。
あ、つまり。
このアクセントな玉虫色は酸化の結果なわけですか!?

高瀬は実は銀磨きが大好きです。
銀磨きも金属磨きもあれやこれや持ってます。

DSC00625.jpg

ですからこのクリップを磨くのは可能なんですが
画像が暗くなってしまって分かりにくいかもしれませんけれど
クリップのMON山BLANC部分の濃いピンクとゴールドの感じとか、
クリップ先のメタリックに輝くブルーとか、本当に美しいと思うのです。
だから、これはあえて磨きません。
それを理解してくださる方が嫁に貰ってくださればと思うのですが。
これもWAGNERに持っていく予定。
こっちのせいで酸化させたわけじゃないのに
それを理由に足元見られそうなんで。

DSC00622.jpg

ワイルドは『サロメ』と『ドリアン・グレイの肖像』しか読んでません。
そしてある意味潔癖で残酷な思春期の少女は
『ドリアン・グレイの肖像』をナルシストの自業自得の末路、
『サロメ』にはヨハネの根性なし、
と切り捨てたのでした(笑)。
あと、お盆の上にどうやってまっすぐ首を載せられるか論争を友人としたような?
普通、転がります。
関心あるのそこでしたか、女子高生時代の私?
……わかるよ(笑)

後年、『サロメ』は読み返しましたが、感想はあまり変わらず。
女としてはどうしてもサロメ目線で読みますから。
だってサロメ本人が悪いわけじゃない(出生とかどうしようもない)のに
ヨハネってば話聞かないし~。
サロメも顔だけしか見てない(笑)けど、元々相性最悪ですよ?
同性愛者として知られるワイルドですが、
なんというか女性への恐怖が滲み出ている気がしました。
そしてビアズリーの挿絵のサロメはごつい不美人な男にしか見えない…。
雰囲気とかすごい好きだけどね!



 金融街の明暗 

空き箱を先に見つけていたんです。
どこかに本体があるんだろうとは思って、整理しながら出てくるのを楽しみにしていました。
でも出てきたらそれはそれはびっくりだったのです。

DSC00542.jpg

ペリカンの1995年の限定、「WALL ST」です。
ペリカンの限定って、トレドとか史跡シリーズとかお高い螺鈿とか
あと色目のきれいなワンタイム・エディションとか思いつきますが
一応どんなペンか名前を頼りにネットで調べても
「万年筆評価の部屋」さまくらいしか出てこない
いささかマイナーな限定でございます。
ベースもM800だしね。

一応箱に同梱してあったカタログと見比べましてまず。
「あ、プレートが無い」

DSC00541.jpg

キャップをはずして
「ぎゃっ! 傷だらけ!」

DSC00540.jpg

……これでもかなり薄くなったんです。
もう思い切って#200の紙やすりまで使いましたから。
すごい最初はえぐかったんです!
これはキャップをはずした状態で靴で踏んだんじゃないか????

DSC00539.jpg

ペン先が無事だったのは奇跡だと思います。
吸入機構も壊れてないし、プレートは邪魔だと思う人もいたようだし、
これだけ傷ついてたら多少荒く使っても平気だよね!
というある意味気楽なペンと言えるでしょう。

実際、男性が使われるならば
派手すぎずシック、かつさりげなく個性があるという、
なかなかカッコイイ1本だと思います。
キャップ、首軸、尻軸は画像では黒く見えるかもしれませんが
実は濃いグレーだというのも渋いかと。

さて、この記事のタイトルには「明暗」と入っております。
何が明暗なのかというと。

DSC00551.jpg

もう1本出てきたからです。
それも完全未開封未使用新品の新入社員。

DSC00549.jpg

もちろんプレートもぴかぴか付いています。
希望に満ちて悪鬼魍魎蠢く金融街に挑む若者という感じ?

DSC00547.jpg

ペン先もぴかぴか。
DSC00544.jpg

新入社員は字幅Bで、古株はF。
2本とも手放そうかと。
決して嫌いなペンではないですが、私のペンの顔してないし、
M800はやっぱり少し大きいし。
新入社員はこのまま某所の買取に回して、
古株は……今週末のWAGNERの関西地区大会に行けたら持って行こうかと思います。
まがりなりにもペリカンの限定で、使う分には問題ないし
あ……ちょっとクリップも広がってるかも。
そのあたりは実際に目で確認していただけたら。


▼続きを読む▼
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: