FC2ブログ

 百合に捧げる3本の剣 

「よくもまあ、家族に内緒でこんなもの…(以下略)」
と何回思ったことでしょう。
ちなみにこれが最初でも最後でもないあたりがポイント。
正直、父とは血縁を意識せずにはいられません。

はいはい、モンブランですね、限定ですね、作家シリーズですね。デュマですか。
DSC00700.jpg
DSC00686.jpg


……待て。
DSC00688.jpg
まさかの本物の三銃士とは。
はい、万年筆、ボールペン、メカニカルペンシルの3本セットでございました!

DSC00689.jpg
これがモンブランがやらかしたというサインですか。
なんでも発売当初、父親でなく息子のサインつけちゃったらしいですね。
後で回収して新しく父親のサインで作り直したとか。
息子のサイン入りの方が価値ありそうですが、
我が家にあるということからこれは父親の正しいサインと思われます。
(多分、馬鹿丁寧に交換に応じていると思う)

DSC00690.jpg
この軸は正直微妙だと思う。
なんだろう、岩っぽいから巌窟王モチーフ?

ともかく私の興味はBPとMPにありません。
DSC00691.jpg
DSC00698.jpg
これはコンデジのジュエルちゃんで撮影したものです。
苦手なペン先がんばりました。
DSC00699.jpg
クリップがサーベル柄なのが一番好きなポイントです。


デュマは、それこそ中学1年生のころに面白いからと父に勧められて『三銃士』を読みました。
マジで文学少女と呼ばれていた遠い昔です(その後転落)。
で、さすがに潔癖でして。
ヒロインのコンスタンスが「人妻」というのがどうしても納得いかなかった!
というか、ダルタニャン以外の三銃士のお相手も全員人妻ですよね?
お前らには不倫への疑問や抵抗はないんか!?
……なので、いつもなら物語にどっぷり浸りこむタイプなのにあまり集中して読めず、
更に続編を勧めてくる父にお断りしました。
むしろ『モンテ・クリスト伯』にははまりましたよ?

息子の方は『椿姫』しか知りませんが、読んだか定かではないのです。
『椿姫』に影響を与えたといわれる『マノン・レスコー』は読んだとはっきり覚えているのに。
はい、不倫よりも娼婦に抵抗がありませんでした(笑)

そんなことをつらつらと思い出しながら、三銃士たちにはよそに旅立ってもらいました。
いやだって、この万年筆149サイズだから使わないし、軸も好みじゃないし。
どう見ても私には合わないからね。
家に残すより彼らもきっと幸せになったでしょう。
めでたし、めでたし。


 赤司征十郎スペシャル(高瀬微改造) 

もう随分前のことになってしまいますが、
セーラー万年筆と『黒子のバスケ』のコラボ万年筆の記事を書きました。
要約すると「金ペンじゃないのに高い!&デザイン微妙!」
……今でもその感想は変わりませんがね?

さてその年の年末。東京にてジャンプフェスタが行われました。
少年ジャンプ関連の作品のステージイベントだとか物販とかあるんです。
興味がないとは言いません。いやむしろ過剰なほどある。
でも時期が悪いんで休めませんし、
うっかり東京なんか行った日には
文房具だの文房具だの文房具だのの散財が通常の数倍確実になされるわけで。
行かない方がいいと理性も強く言ってきます。
でも、そこに行く人があればお買い物の一つや二つや三っつや四っつ…以上、
頼むのも不思議じゃなく自然でしょう?

そんなわけで、私は『黒子のバスケ』コラボの先行販売でインクを買ってきてもらったのです。
もちろん赤司(関係ありませんが赤司征十郎が予測変換で出るのにびっくり)のインク。
イメージカラーのきれいな赤のインクで、「黎明」と名付けられています。
言葉の意味を考えると朱色っぽいとかオレンジっぽくなりそうですが、
朱ではなく赤――紅(くれない)系統の色ですね。
好みの赤です。

DSC_0690.jpg

赤インクコレクションがまた一壜増えた、ではしかし終わりません。
せっかくインクがあるのだから「赤司征十郎万年筆を作ろう!」
……こう考えてしまい、かつ実行してしまうのが高瀬です。

そこで最初に、きれいな赤い軸の万年筆を入手することから始めました。
選んだのがこちら。
プロフィットカラーの赤。
DSC_0691.jpg

きれいな赤軸には違いありませんが、キャップのリングとクリップが安っぽい(実際価格も低い)。
――赤司というキャラは、確か財閥系か何かの非常なお金持ちの坊ちゃまで。
しかもキャラの立ち位置として王様ポジ。
「赤司サマにはこんな安っぽいペンは似合わない!」
しかも金ペン以外はおよびでない。
買う前に気づけという話です。

そこで金ペン先を入手する目的で購入されたのがこちら。
プロフィット・マルーンです。
DSC_0692.jpg
赤なのか栗色(茶系)なのか、はっきりせえ、という色ですが、
ぐっと高級感があります。

ですが、プロフィット・マルーンはプロフィット・マルーンでしかなく、
赤司征十郎万年筆とは言えません。
しかもご存じかとも思いますが、高瀬は断然、プロフィットよりプロギア派。
そんな折に思い出されたのが、
新品未使用で入手だけして放置していたプロギアスリム・スケルトン。
スケルトンの軸に金トリムが美しい一本です。
スケルトンは勿論赤軸ではありません。
けれどスケルトンは自由なペン。
インクの色を最高に活かせる軸です。
これならば、クリップもリングも、ペン先すら申し分ありません。
更に、赤司はバスケ選手としてはかなり小柄。
サイズ小さ目のプロギアスリムもよりイメージに近い、はず。

ただね。
それだけじゃ赤司征十郎万年筆というのには弱い気がしまして。
気が付いたらマルーンと首軸交換という暴挙に出ておりました。
これが、私にははまりました。
もうこれでいこう。
残念ながらこの頃、市販していたセーラーのコンバーターの金属部分は銀色のみ。
JR大阪駅三越伊勢丹オリジナル・プロカラー・スケルトンからコンバーターを奪い、
コンバーターに金彩蒔絵ステッカーの桜を貼ってみました。

これで、高瀬の赤司征十郎万年筆は完成となります。
DSC_0699.jpg
NMS_0693.jpg

満足はしましたがしかし。
コラボ万年筆を素直に購入していた方が結果的に安くついたというオチでした。
(色見本の撮影を忘れましたのでそれはまた後日)




 久々のインク工房 

6月15日、高瀬休日。
時間不明の宅配便を待っていたら、思いの外早く午前中に届く。
余裕ができたので、昼食をとりながらPCを眺め、
何気なくセーラーのHPを覗き、更に何気なくイベント情報を見たら……
当日、しかも京都でインク工房やってる!
こりゃ行くしかないでしょう!

というわけで行ってきました。
京都三条寺町「文房具tag」。
いつの間にこんなところに出店してたんだか。
あ、一周年ですか、そうですか。

で、直観の導くまま店内をうろつき、会場に到達。
折しも丁度、前の人が立ち上がったところ。
周囲にはブレンダーさんとセーラーの人とお店の人のみ。

なので「行けますか?」と聞いてみたら予約が何人も入っているとのこと。
とりあえず自分も予約をし、時間くるまでどうしようかな~とりあえず店内見てよ~
と、会場付近の商品を眺めていると何故か呼ばれる。
なんか丁度ぽっかり空き時間ができたらしく、よろしければどうぞと。
よろしいに決まっています。

さて今回のインクブレンダー高橋さんはお初です。
優しそうなお兄さん。
さっそく、おもむろにロングプロダクツのアクアマリンを取り出し、
「この軸色をお願いします」

アクアマリンは気温が上昇しだすと使いたくなるペンでして。
何せ透けてて涼し気な軸ですから。
今から用意しておいたらいいかな、と。
……インク工房4回目にしてはじめて赤系以外の色です!

アクアマリンにはこれまで、
廃盤になってしまった伊東屋のムーンシャワーばかり使ってきました。
何せ同じインクはもうありませんし、
最初はムーンシャワーと同じに見える色を作ってもらおうかとも考えていました。
ただ、ムーンシャワーって、青系なんだよね。
そしてアクアマリンの軸は緑がかってもおります。
ならば新しく作ってもらう方がいいかな~と。

さて高橋さんと軽くお話ししていたら、1回目の調色でもうかなり似ている色が作られてきました。
もう、それで決定してもいいくらい。
けれど私はインクならば青よりも緑を愛する女。
もうちょっとだけ緑足してもらって完成です。
命名。中二病気味だけど「海の雫」としました。
まあ、アクアドロップですな。

DSC_0682.jpg
DSC_0681.jpg

アクアマリンはFなんで文字だと濃く青が強く見えますが、
綿棒で引いた太い線だと見事に軸色と同じです。
面白いなあ。
ともあれ満足。

もちろんインク工房ですから?
「あれ」はお買い上げです。
通常のスケルトンふでDEまんねんと
DSC_0683.jpg
スケルトンのプロフィットふでDEまんねんですよ!
これが欲しかったんだ!
インク工房でなら買えると聞いてたんだけど。

キャンディを弄って「キャンディDEまんねん」作ってたんですが、
キャンディってペンケースに入れて持ち歩いているとキャップがすぐ緩んで
使うより蒸発する方が多いのが難点でした。
プロフィットなら、多分マシなんじゃないかと期待しています。

ふでDEまんねんと言えば、なんかピンク出たらしいじゃないですか。
実物見たら「とりあえず1本行っとこうか」になるでしょうけれど
まだ実物にはお目にかかっていません。
通常サイズのふでDEまんねんは軸が長すぎてペンケースに入らないから
家専用になるしかないんですけどね。

インク工房を済ませた後も店内であれやこれやと買い込んで
なかなかな散財をしましたが、
それらはまた次の機会に。

そうそう、せっかくのセーラーのインク工房ですから、
トートバッグをわざわざ「セーラーインキ」柄のにし、
ペンケースにも何本かセーラーを連れていきました。
……うっかりセルフ改造品がまじってたりもしましたが。
自己責任だから大丈夫!

そして店内回遊していると私の後のお客さんがまた無茶な注文をしており、
ちょっと笑ってしまいました。
がんばれ高橋さん! またよろしくね!








 日々是混沌 

物理的にも精神的にも混沌(と書いてカオスと読む)な日々でございます。
これに不治の病である「面倒くさい」が発病。
自分の敵は自分、自力で戦うしかありません。

ともあれ環境改善の一環としてパソコンとカメラを一新。
メタリックなピンクベージュのノートパソコン(NEC)と
マットでまっピンクのデジタル一眼ミラーレス(NIKON)。
どちらも国産にこだわってみました。
それ以上にピンクにこだわっているけどね!

これで前向きにブログの更新に向き合えそうです。
先代デジ一のベルちゃんがつかえなくなり、
コンデジのジュエルちゃんにがんばってもらっていたのですが
ジュエルちゃんは万年筆、それもペン先の撮影が苦手で。
新人のベリィちゃんに期待しましょう。

今後の目標といたしましては
「FC2の広告をださせない」
うん、うっとおしいのはとってもよくわかっているんです。
低い目標ですががんばります。
まずは撮影スタジオを設営するべくお片付けです…。


 20年前からのプレゼント 

久々すぎて申し訳ないやら自身が不甲斐ないやらで肩身が狭いのですが、
どうしても書きたくなったので書きます。

本日、父の書棚を整理(私には不要の父の本を駆逐して自分の本を置くスペース確保)をしておりましたら。
出てきました。
ハラショー!

梶井基次郎の文庫とセットされた小箱。
DSC_0678.jpg

DSC_0677.jpg

ええ、梶井基次郎といえばこれしかありませんよね。

丸善創業130周年記念万年筆
「LEMON」(ガラケーのせいでか漢字変換不可)
限定1.000本。
PILOT製、14F。
DSC_0672.jpg
DSC_0675.jpg

折しも150周年限定が発売されて間もない時期でございます。
以前より、自分では買わないけどちょっと欲しい……とか思っていたペンが。
まさか家にあったとは!
おまけに完全新品未使用のコンバーター付きとは嬉しすぎではありませんか。

……私のインクコレクションにはですね。
視認性を疑って、購入だけして未使用の
「丸善アテナインキ 京都 れもん(←漢字)」がございまして、ええ。
さっき初めて試したら意外と見やすく、このペンにこのインク決定!
DSC_0676.jpg
DSC_0680.jpg

正直言えば丸善アテナインキはSAILOR製なので、
PILOT製のペンに使うのは気分的に微妙。
でもペンもインクも「丸善」表記しかないので今回に限り目をつぶろうと思います。

最近私生活の方でちょっと色々ごたついておりまして、
ひたすら本にしか逃避する術がなく、
誕生日すら友人ひとりがカードくれた(心底ありがたい)だけで終わりました。
本当は自分にプラチナのリラを買ってやろうと数ヶ月前から思っていたのに
それどころではなかった私への父からのプレゼントだと思うことにしました。
どうせ父は国産Fなぞ使うまい(実際未使用だったわけだし)。これは私のためのペンである。
ありがとう父よ!
DSC_0679.jpg

<6月18日画像追加>




(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: