万年筆(ミニサイズ)の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 3度目の正直~Campo Marzioの罠 

このブログの初期に『魅惑のCampo Marzioたち』並びに『Campo Marzioたち第二段』にて紹介した
イタリア製の可愛い万年筆。Campo MarzioのMinny。
色かわいい、サイズかわいいと、馬鹿なことに6色も集めてしまったわけですが。
cm3
『可愛いは正義』を合言葉にするにしても、やはり限度はあるよなあ、
というのが今回の記事です。

万年筆にだいぶ慣れてきた現在、わかることもあります。
例えば使われているペン先はシュミット製だなあ、とか。
シュミットのペン先はオリジナル万年筆などで何度も手にしてきましたので
私の好みより字幅は太いけれど、格別に悪くはありません。
というか、フツー?

ただたぶん、ペン芯が悪い。
6色あって2本ほどインクが素直におりてきません。
だから書けない。
書けないからストレスになる。
ゴム板を使っても素直に抜けない(多少引っ張り出せはしましたが)ので
他社のペン芯を使ってみることもできませんので、予想ですけれど。
でもそれは具合の悪いペン先を首軸ごと交換してやればいいだけで。
6本あればそんなこともできるというもの。
何しろ、結局ピンクとオレンジくらいしか使ってないから。
……それだけならよかったんですけれど。

最愛のピンク、こいつのキャップがいかれました。
IMGP6381.jpg
ぱちん!と小気味よく閉まる嵌合式のキャップ。
でもそれは単にインナーキャップ頼りの小気味よさにすぎなかったようで
何をどうやっても閉まらなくなりました。
キャップの閉まらない万年筆なぞ使えるわけがありません。
こればかりは他の色と取り替えるわけにもいきませんし。

ところでこういった問題は、往々にして保障期間後に発見もしくは発生すると
相場が決まっております。
しかもCampo Marzioの保障期間はわずか1ヶ月なんです!
いくらなんでも短すぎる。
それでも初代ピンクのインクが出ない個体は、購入店舗で交換してもらえました。
ただキャップについてはどうにもならない……。
そしてCampo Marzioの「万年筆」はもう市場にありません。
少なくとも国内では。
イタリアの本社に行けばあるのかもしれませんけどね。
店舗在庫もほとんどないと思います。
全色欲しいと思って調べまくりましたから。

でも私にとってピンクは特別な色。
キャップが閉まらなくて使うこともペンケースに刺しておくこともできないのに、
どうしても捨てることができません。
袋入りにされたピンクを見るたびに襲う微妙な気持ち。

ところで少し前に偶然に教えてもらったネット店舗で、
このCampo MarzioのMinny、それもピンクだけが販売しているのを見つけました。
……気が付いたらカートに入れていましたとも。
何が悲しくてまったく同じペンを2本も3本も……。
だってやっぱり可愛いんだもの! 無視できないんだもの!
IMGP6383.jpg

ちなみに申しますとこのペン、透明プレラと値段変わらないんですよ。
透明プレラなら確実に書けるし、故障してもパイロットなら大安心!
……なんという差でしょう。
書けないかもしれないペンなのに。
イタリア製万年筆、下手すりゃ「きれいな(だけの)棒」とはよく言ったものだわ。
これは高額とはとても言えませんけれどね。

ところでキャップがダメになったのはピンクだけなんです。
これはピンクが一番使って、ぱちんぱちんやってたからではないかと。
ですから。
わたくし、このピンクは最初から使うつもりありません。
ええ、もうコレクション品ですとも!
そう割り切るしかありません。

「初めて万年筆を使う」人に薦める万年筆は、色々あるでしょう。
でも私は少なくともCampo Marzioを薦めることはありません。
どんなに可愛くても、そもそも市場に出回っていない時点でアウト。
手に入れられないものを薦めては相手が入手できません。
そして力を入れなくても気持ちよく書けるという万年筆の美点が
必ず味わえるわけではない時点でもアウト。
「万年筆って書きやすい!」こう思ってもらえないと深みにはまってもらえません。
故障したときに修理もしくは交換ができそうにない時点でアウト。
愛用してもらえません。

今ならこの条件すべてかなえて、なおかつ「万年筆らしさ」も味わえる
Pilotのコクーンが一押しですね!
自分じゃ買いませんけどね(笑)
あ、試筆はしましたよー。
ピンクないからスルーするだけ。

じゃあ、どんな人ならこのCampo Marzioを薦められのか?
答え。
きれいな棒でしかなくても許容できるコレクター。
……ええ、私のことですよ、不本意ながら。
ああ、久しぶりに6色ペンケースに並んできれいだよっ!
(ちょっと自棄気味……)

スポンサーサイト

 Campo Marzioたち第二弾 

cm1

ピンク、ターコイズ、オレンジの3本を既に持っているのですが、
あまりに可愛いものですから他の色も欲しいなー、
とずっと思ってきました。
そうしたら、心斎橋ハンズにて発見。
ただし、ボールペンとのセットだったのですが、
どれも持っていない色だった上にセール価格だったので迷わずGET。

cm2

さすがに一挙に3本というのは後になってから自分でも馬鹿だとは思ったのですが。
でも可愛いし。
可愛いからいいんだ!

cm3

ということで、手持ちの6本を今年のスタバのクリスマスデミマグに入れてみました。
……あと2本くらいいけそうな気がするのは何故。

最初に第一弾を入手した頃に比べると、ちょっとは万年筆にも慣れてきたので、
このサイズの割りに重いとか、
案外インクの出が渋いとか思うようにもなりましたが、
主な使用用途は自宅でのノート書きや手紙書きですから、
まあ許容範囲でしょう。
ただどうもペン芯がよくないような?
見た目ですべて許しますが(笑)

しかし、これのボールペンたちを使う予定ありません。
どうしたものかなあ。
そしてカンポを購入するたびついてくる
ヨーロッパショートタイプのインクカートリッジも持て余し中……。


「カンポ・マルツィオ ホワイト、ライトグリーン、ブルー」
ペン先:ステンレス F (ニブはドイツ製、金色メッキ)
ボディ:真鍮 キャップ、リング:金色メッキ
収納時約107mm、筆記時約117mm
カートリッジ式

ホワイト:Kobe INK物語 新開地ゴールド 使用
ライトグリーン:Kobe INK物語 布引エメラルド 使用
ブルー:Kobe INK物語 海峡ブルー 使用

 LAPITA ALWAYS&WHITE 

lapita1

ちいさいものがたまらなく好きです。
万年筆も然り。

数年前、雑誌の付録でミニ万年筆がついていたことがあったとは、
「赤と黒」を愛用の友人から聞いておりました。
もちろん実物も見せて&書かせてもらったのですが、
かわいいけどちょっと重い、というのが感想でした。

それからしばらくして、ピンクだけでなく白やオレンジの万年筆にも弱いことを自覚。
そのあたりは当の友人にはダダ洩れで発言済み。
そうしましたら、この2本が友人宅よりやってまいりました。
友人には細すぎて使いにくいということで。

偶然にもその日、ケースの可愛さに負けてエルバンのカートリッジを2種類購入したばかり。
月マニアなものでチョイスしたんですが。
これ幸いと装着してさっそく使い倒すことに。

lapita2

写真の極小クリップもこの日購入したもの。
小さいって可愛い!
使いどころにはさすがに悩みますが。

2本のペンについてですが、
雑誌の付録にしてはクオリティも十分。
私にはこの細さも丁度いい感じ。
細いせいで重さも「赤と黒」より軽くて嬉しい。
キャップを後ろに挿して使うと長さもOK。
手帳に使うのに最適サイズなのがまたいいですね。
字幅はMくらいかと思われますが、それほど太すぎるとは感じません。
かわいいちびっこたちです。


「LAPITA(小学館)2008年1月号付録 ALWAYS」
収納時約109mm、筆記時約125mm
ペン先:ステンレス(金色メッキ) M
ボディ:真鍮 首軸:プラスティック 金属部分:金色メッキ仕上げ
キャップ嵌合式
カートリッジ式(ヨーロッパ、ショートタイプ)

J HERBIN BLEU NUIT 使用

「LAPITA(小学館)2008年10月号付録 WHITE」
収納時約113mm、筆記時約128mm
ペン先:ステンレス(銀色) M
ボディ:真鍮 首軸:プラスティック 金属部分:銀色メッキ仕上げ
キャップ嵌合式
カートリッジ式(ヨーロッパ、ショートタイプ)

J HERBIN POUSSIERE DE LUNE 使用


 魅惑のCampo Marzioたち 

campo marzio

さて、さくら色のウォーターマンで万年筆の味をしめた私は、
すぐに別の要求に身を焦がすことになりました。
友人からもらったインクは11色。
父から奪ったPelikanを含めても万年筆は2本。
「このインク、全部違うペンに入れて使いたいなあ」
……そんなこと考えるんじゃない。

だが私の足は馴染みの雑貨屋に向かっており。
その店で以前から気になる万年筆を置いているのを思い出したからです。
「可愛いなあ。でも万年筆なんて使わないしなあ」
そうスルーし続けた日々は何だったのか。
3色(ピンク、ターコイズ、オレンジ)あった万年筆、お買い上げです。

それぞれペンの色をした紙のケースに入れてもらえます。
インクカートリッジの入った小瓶もセット。
雑貨の好きな人ならアンテナに引っかかっているかもしれない、
イタリアのカンポ・マルツィオ製のMINNYシリーズです。

掌にすっぽりおさまるミニサイズに加えて、
それぞれ鮮やかなカラーがなんとも魅力的。
ころんとして、ぷっくりして、つやつや。
以前はもっと他の色もあった気がしてネットで調べてみたのですが。
すごい。
どこも品切れの嵐。
3色入手できただけでラッキーかもしれません。

全体が金属なので、サイズに比べると重いです。
嵌合式で、パチリと小気味よい音をたててキャップはしまります。
本体だけでは短すぎますが、キャップを後ろに差すと筆記には問題ありません。
ただ、ややキャップははずれやすいところがあるようです。
字幅表記はありませんが、欧州のFサイズ、日本のMFサイズ相当。
ペン先はドイツ製の刻印があり、ペン先全体が金色のメッキで光っています。

書き味は平凡ですが、とにかく見た目が可愛い!
可能ならば全色揃えたい。
手帳と一緒にプレゼントとかにもいいと思うので、
クリスマス戦線を前にしていますし、がんばって輸入して欲しいですね。
低価格商品なので個人輸入はリスクに合いませんので……。


「Campo Marzio Minny カンポ・マルツィオ ミニー」
ペン先:ステンレス(イリジウムポイント、ドイツ製の刻印有)
ボディ:真鍮?
収納時約107mm、筆記時約117mm
カートリッジ専用(欧州ショートサイズ)

ピンク:北野異人館レッド
ターコイズ:irosizuku月夜
オレンジ:垂水アプリコット それぞれ使用




(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。