その他筆記具の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 イロモノライフ~ぱ・ぱ・ぱらそる編 

イロモノとしては弱いですが
ペンシルと来たら、お次はやはりパラソルでしょう!
お約束は王道とも申します。

株式会社コラゾンが販売する「パラソルペンシル」。
IMGP7127.jpg
透明感のある樹脂軸が愛らしく、ラインストーンも良いポイントに。
ボールペンですが、どうやって使うんだといじくると、
普通にプッシュ式で、柄の部分を押すとペン先が現れます。
パラソルの色に関係なくインクの色は黒のみ。

レモンとミントの味がしそうな、舐めたくなるペンですが、
舐めるならばこちらにしておきましょう。
IMGP7128.jpg
ペンシルチョコと一緒に発見できた不二家のパラソルチョコレート。
ただ、柄の部分がですねえ、昔のようにくるりとした本物の傘の柄風でなく、
なんか意匠化されてるんです。
あとハートとか星とか。
……パラソルから、それ、離れてません?

で、画像の黄色と水色を発見して飛びついたのですが。
このパターンなら絶対ピンクがあるはずとネットで調べましたら
やはりピンクと紫があるらしい。
ところが、このコラゾンの商品ですが取り扱い店舗の一覧とかがなくてですねえ。
購入した店で客注するかメーカーに直接連絡入れるか
そこまで悩みました。

……が、黄色と水色購入の約半月後、同じ店に入荷していたーっ!!!
IMGP7183.jpg
黄色と水色ももちろん可愛くて気に入っていますが
ピンクと紫も可愛い!
こっちはイチゴとグレープ味だな!

IMGP7184.jpg
4色並べて幸せ気分。
実用する気はこれっぽっちもありませんが
目を楽しませるという意味では立派に実用です。


*余談
高瀬は本物の雨傘やパラソルも大好きです。
使うのは私ひとりなのに何本ずつ持ってるんだか。
しかも使うのは後で邪魔にならないよう、もっぱら折りたたみ専門。
長い雨傘とパラソルの存在意義は……(←もちろん複数所持)
ちなみに晴雨兼用傘が最近では人気ではありますが、
一度でも雨の日に使ってしまうと汚れが目立ったりするので
基本、雨傘とパラソルの2本が時期になるとバッグに常駐しております。
ただでさえ重いバッグなのにさらに私の肩を圧迫する原因に……。

和装も好きなので、いつか蛇の目傘を……とは思うのです。
しかし、和傘って重いんですよ!
その重さがネックです。
雨の日でも和装は平気でするんですが嵩張る重いものは大敵。
ただそれでもピンクがあれば買ってしまうかもしれません(笑)
オーダーしたら可能かな?
近所に和傘専門店あるんだし、一度聞いてみてもいいかもしれませんが、
墓穴掘るだけのような気もします……。

スポンサーサイト

 イロモノライフ~らいく・あ・ぺんしる編(1) 

別にこの形状は珍しいものでも、特別面白いものでもありません。
いわゆる「鉛筆風筆記具」。

わざわざそんな面倒なことしないでも、鉛筆を素直に使えばいいのにと、
言われてしまえば反論もできない(笑)
ところが職業的に使用しない一般の大人には
「鉛筆」というアイテム、意外に敷居が高いのです。

本来、鉛筆は子供~というか学童用だけに限られるわけではないのですが、
中学生のペンケースにはもう入っていないでしょう。
ならばそれ以上の年齢の人ならば余計に。

学生のペンケースに入っていない理由には
「子供っぽい、カッコ悪い」などがあるかもしれません。
社会に出てしまうとボールペンが主流筆記具ということもあるでしょう。

でも実は「削らなければならない」というのが最大の理由の気がします。
芯が折れたり丸くなったら削るしかないわけですが
それには時間と手間がかかりますよね?
ナイフなり鉛筆削りなどで作業すると削りカスも出ます。
その処理も考えねばなりません。

ところが、鉛筆という形状であるとか、木のぬくもりであるとか、
そういう点を厭う人はあまりいない気がします。
あと、やっぱり筆記具のルーツ的な親しみというか。

……とか言った考察もどきはひとまず置いておいて。
カラフルなアイテムをご紹介しましょう。
IMGP7129.jpg
IMGP7130.jpg
いかにもプラスティックかつチープ。
しかしカラフルなシンプルさが可愛いボールペン。
プッシュ式でなくキャップ式だったのが意外でした。
これはやはり小中学生の好きそうな雑貨屋で発見。
本体価格が100円でとにかく色が豊富。
ピンクもこれ以外にベビーピンクがあるし、
赤・黒・青・水色・オレンジ・緑・紫はありました。
もちろんその色のインクが入っているわけで。
ボールペンは基本黒インクしか使わないから1本に絞りました。
が、軸色で言うとビタミンカラーのオレンジとグリーンがすごく可愛くて惹かれましたね。

IMGP7131.jpg
IMGP7132.jpg
一方、こちらはシャープペンシル。
普通にノック式。普通に0.5mm。
軸と同じ色の消しゴムがポイント。
個人的に「あ、これは使えるわ」と思ったので購入。

IMGP7133.jpg
そしてわざわざこのためだけに
「不二家のペンシルチョコレート」を探しましたとも!(笑)
不二家のお店も昔より少なくなって、スーパーでも取り扱っている店が案外少なくて。
ペンより個人的にこちらの方が稀少かもしれません。
いやぁ、まだ売ってて嬉しかったです。

 イロモノライフ~BP編(2) 

前回に引き続き、イロモノでボールペン。
更には野菜シリーズとでも申しましょうか。

IMGP7140.jpg
なめこ。
とってもキノコ感満載です。
IMGP7141.jpg
全体を見るとボールペンだとすぐばれてしまいますが。

IMGP7142.jpg
ネギ。
とってもネギ。
IMGP7144.jpg

どちらも色や形の再現率が高く、うならされます。
素材は軽量粘土か何かではないでしょうか。
やたら軽い。
欠点はペン先のカバーやキャップがないこと。
フォルムを楽しむのが目的のペンです。
強く引っ張ったらボールペン部分は引っこ抜ける、かも?
IMGP7145.jpg

このシリーズは後、アスパラガスを確認しましたが、あまり好みでなかったのでスルー。
ちなみにネギは早々にボカロファンのところへ嫁入りいたしました(笑)

 イロモノライフ~BP編(1) 

世の中には色々なグッズが溢れております。
種類もさまざまでありますが、どんなグッズの中にもあるのがボールペン。
乱暴なことを言ってしまうと、軸さえ用意できればリフィルつっこむだけで出来上がる。
ボールペンにしてしまうだけで「実用できる」ことになってしまう。
なんといっても文具の中のイロモノ王はボールペンだと思います。

さて高瀬本人はボールペンにさして愛がありません。
本体価格100円のジェットストリームさえあればいいや、って奴です。
しかし別腹でイロモノは好物だったりもいたしまして。

その出会いは、何気に立ち寄った小学生~中学生くらいがメインターゲットの雑貨屋。
IMGP7136.jpg
「あ、青梗菜!」
……一体どこのどいつがチンゲン菜を文具にしようなどと思いついたものか。

IMGP7134.jpg
IMGP7135.jpg
同シリーズの茄子とサヤエンドウ。
素材は光沢のある樹脂系。キャップ付き。

他に野菜ではゴーヤと大根をチェックしましたが面白みがなかったのでパス。
ちなみにリンゴやバナナやスイカといった果物もありますが、やはり面白みが(以下略)

IMGP7139.jpg
このシリーズ、実はマグネット内臓でして。
だからどうだと言われても、冷蔵庫に貼り付けるくらいしか思い浮かびません(笑)

IMGP7137.jpg
野菜不足になりがちな日々、こんな文具でのりきってみませんか?
もちろんサプリメント効果は一切ございません。

 BiC~MINI STATIONERY SET(Fashion Color) 

雑貨屋にて
「なんか変な文房具ないかな~」とぶらついておりまして。
まあ、そもそもその前提が変なんですけれど
ともかく、そこで引っかかったのがこのセットだったのです。
IMGP7124.jpg

BiCと言えばたしか昔、黄色い軸のBPを
持っていた記憶もないではないのですけれど
それは単にその時ボールペンが必要だったからという
緊急事態にかられての選択で、
決して好みだったからではなかったと思います。

ありていに言ってしまえば安物のボールペンのイメージ。
安物というかこなれた価格は大歓迎ではありますが
日本製の優秀さに慣れた身からすると
そうそうほいほい飛びつこうとは思わないタイプでした。

でも、ここ最近、ちょっとオシャレになってきてますね。
この春の新作のBiCクリックゴールドの限定カラーものなんか、
結構そそられます。
BiC2Cドットカラーの水玉も可愛い。

で、肝心のこのセットですが。
IMGP7125.jpg
まずボールペンが2本。
ひとつは4色ボールペンのアニバーサリーカラー。
もうひとつは「クリックゴールド」(細身BP)の2色パステルカラー配色。

次にシャープペンシルが2本。
ミニサイズの「ミニマティック」が2本。
クリアボディがかわいい。
実は7mm芯用というのがちょっと曲者。

蛍光マーカー1本に修正テープが1個に
オリジナルのダブルクリップが1個。
これは3つとも、まったくそそられない。

正直このセットの最大の魅力は
4色ボールペンを模したケースにあると思います。
残念なことに下に向けて押そうとしてもただの飾りなので
びくともしない。

このセット、水色のリボンのとピンクのリボンの2種類あって、
実は中のペンの軸色が違ったり、蛍光ペンの色が違ったりします。
全体を見比べてピンクリボンセットの中身の方が好みなので
そちらを選びましたが
このセットでは4色BPの軸が黄緑なのが悔しく、
ピンク軸を別途購入してしまった馬鹿は私。
IMGP7126.jpg

ただまあ、このセット全部で税抜き1,000円なのは
なかなかお買い得な印象。
だけど自分が「使う」とは思えないものしか入ってないんですよね、実は。
……だめじゃん。

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。