高瀬の書架の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 書架(4)『舞姫 テレプシコーラ』 

今回は手塚治虫賞を受賞した山岸凉子の『舞姫 テレプシコーラ』
(第1部全10巻、第2部全5巻・メディアファクトリー)
舞姫 1―テレプシコーラ (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)舞姫 1―テレプシコーラ (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
(2001/06)
山岸 凉子

商品詳細を見る


実を言うと、読んだばかりなのです。
掲載誌「ダ・ヴィンチ」はたまに読むので連載中に何度か見てはいたのですが、
山岸作品というのはトラウマになるほどダークなものがあるのと、
主要キャラがどうにもかなり悲惨そうだったので敬遠していたんですね。
でも読み出したら止まらなかった……。
悲惨なキャラも実際いましたが。

かつて『アラベスク』(完全版・全4巻メディアファクトリー)
アラベスク 完全版 第1部1 (MFコミックス)アラベスク 完全版 第1部1 (MFコミックス)
(2010/03/23)
山岸凉子

商品詳細を見る

において、バレエ漫画の傑作を生み出した山岸涼子が30年(!)を経て描いたバレエ漫画です。
決して「トウシューズの中に画鋲が!」という古典が出てくるわけではありませんが
現代日本のバレエ事情の変化をリアルに描き出してあります。

母親がバレエ教室を営む篠原家の姉妹、千花(ちか)と六花(ゆき)は幼い頃からバレエを習っていた。
しっかり者で才能豊か、かつ努力家でもある姉の千花。
甘えん坊で意志の弱い、想像力豊かな妹の六花。
六花を主人公に彼女が小学5年生から物語ははじまります。
そして六花のクラスに転校してきた空美(くみ)が物語に暗い影を。

山岸涼子はホラーも相当に怖いんですが、読み進むうちに
「何か(よからぬことが)起こるんじゃないか」とハラハラしながら読むはめに。
この作品はホラーじゃないんですが、「一番怖いのは生きている人間」という描写もあるので
安心してハッピーエンドを期待するような読み方はできません。
そして時により徹底的に情け容赦のない展開が待ち受けていたりもしますし。

愛らしく描かれる篠原姉妹はともかく、空美の容姿と境遇の悲惨さが強烈すぎます。
仮にも少女漫画(?)の主要キャラでありながら醜貌。
毒親としか言いようの無い両親に、過去にしがみつく伯母と貧しく厳しい生活。
本人も愛想も周囲への気遣いもない子供(しかも可愛くない……)。
第一部を半分読んだ時点での私の感想は本筋とはずれていますが
「子供は愛されて育つ必要がある」でした。
空美の境遇に六花が入れ替わったとしても、
愛され方を知っている六花ならば周囲の反応も違っているにだろうと。

そして「お稽古ごと」以上を目指すならばバレエは金銭的負担が大きすぎるということ。
バレエだけじゃありませんが、日本は芸術的な人間を育てるための背景ができていません。
スポーツ選手もそうですよね。
オリンピックに出場するようなアスリートであっても経済的支援が整っていない。
篠原姉妹は恵まれた環境(両親の実家や堅実な父親の職業など)があるわけですが、
発表会で主役級ともなると、多数のチケットノルマや相手役への謝礼などがのしかかってきます。
(このあたり、作中にも言及アリ)
実際プロになれたとしても、それで食べていけるのは一握り。

かつて友達に誘われてレニングラードのバレエ団の公演を観に行ったことがありますが、
チケット代がとんでもなかった……。そして客席はガラガラだった……。
ありゃあ、儲けないどころか赤字ではなかろうか。
日本のバレエ団の公演なら観客動員数は身内のみのイメージも強い。
実力があればあるほど、海外に出ないわけにはいかないだろう。
留学も有名校だと許可がおりないとできないし、
奨学金(スカラシップ)のない留学はやはり厳しいし。
私にすらそこまで考えさせてしまいます。

ところで私がすごいと思ってしまったのがファッション。
年齢を公表されていないけれど1969年に漫画家デビューした山岸先生ですし、
現在はおそらく還暦越え。
なのにヒロインの服装や小物などが古臭くないんですね。
某演劇漫画なぞ、最初からそのへんが気になってしかたなかったのに。
ファッション以外でも作中のネットを使った誹謗中傷など違和感なし。
ただ以前から目だっていた主要キャラ以外の脇キャラの手抜きに磨きがかかってます。
第二部のツアコンのSさんなんか一筆書きですかと言いたくなるような。
いっそアシスタントに描かせればいいのにと、通常の漫画なら思わないことすら思いました。
第二部で出番の多い茜ちゃんにしたって、カリカチュア的風貌で、
どうせなら美少女にしてくれよ……。
読者はバレリーナに夢持ってるんだからさぁ。

物語としての整合性を求めるならば第一部のみで終了したものとして、
先を読まないのも手だと思います。
というのも、第二部というのが16歳になった六花が
ローザンヌ国際バレエコンクールに出場する顛末なのですが、
「これで終わりとはあまりにも生殺し」に終わってしまうのです。
面白くないわけじゃなくて、面白いのに、これからなのに!という。
個人的には第一部よりライトで読みやすい第二部が読み返しも気楽で内容も楽しめるのですが、
もうおそらく描かれることのない続きが欲しくてのたうちまわってしまう。
いっそ第二部そのものを「壮大なオマケ」と解釈して期待しすぎない方がいいかもです。

第二部で読者も意識せずにはいられないのがバレエ界の変化ですね。
クラシックだけでなくコンテンポラリー(現代振付家の作品)がこれほど重要視されているとは。
ボレロくらいなら映像で見たことはあるけれど……。
女性の衣装の点から、個人的にはクラシックの方が楽しいんですけどねえ。
たしかに男性ダンサーの活躍の場という点を考えるとクラシックのみは気の毒すぎるけれど。

ちなみに恋愛はまったく出てこない(せいぜい憧れ程度)のですが、
バレエという神に仕える巫女ならばそれも当然なのかもしれません。
タイトルのテレコシプーラは女神ですけどね。

で、こんなに遅れてこの作品を読んだのは、
一月ほど前まで短期連載されていた『言霊』(BE LOBE掲載)というバレエ漫画が
なんか好きだなと思ったからなのでした。
『アラベスク』の第二部も大人になって読み返したらものすごく嵌ったんでしたっけ。
子供の頃に好きだった第一部は、大人には甘すぎて……。
『舞姫 テレプシコーラ』を読み始めて六花の性格設定に、
『アラベスク』の主人公ノンナが結構ウジウジだったのを思い出さずにいられませんでした。
物語には成長する主人公が必要なんですけどね。

この作品はまだ毎日読み返しているくらいの熱の入れよう
(個人的にこの現象を「ループ」と呼んでいます。
はまりこんだら、エンドレスで読み返してしまうという。
短いときで一週間、長いときは二ヶ月くらいという恐ろしさ)なので
実は考察とか頭の中でうじゃうじゃしてるので、また書くかもしれません。
もしかしたらいつか第三部も書いてもらえるかもしれないし?

んで読んだ人向けの感想になるかもですが、
千花ちゃんに、今も連載中の槇村さとるの『ドゥ・ダ・ダンシン』
(集英社ヤングユーコミックス全9巻&ヴェネチア国際編、既刊12巻)を
読ませたかったなあ、なんて思うんですがね。
作中でヒロイン鯛子が踊る『ドンキホーテ』のキトリは見てみたいと本気で思った……。
Do Da Dancin'! 12 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)Do Da Dancin'! 12 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)
(2012/12/25)
槇村 さとる

商品詳細を見る


スポンサーサイト

 書架(3)『ボールルームへようこそ』 

高瀬の書架、漫画第一弾は「2012年に一番夢中になった漫画」ということで、
このたびマンガ大賞堂々第二位に輝いた
竹内 友の『ボールルームへようこそ』(講談社・講談社コミックス・既刊4巻)。

ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/05/17)
竹内 友

商品詳細を見る


平凡な中学生、富士田 多々良(ふじた・たたら)は夢も熱中できるものも持てずにいた。
そんな彼が競技ダンスを知り、その魅力にとりつかれていく――。

少年漫画で競技ダンスというのが、まず珍しい。
これが少女漫画ならば過去に『PARTNER』(名香智子)なんかがあったわけだけれど。
少年漫画なら曽田正人の『昴』?(合わなかったので文庫1冊しか読んでいない……)

読者はたいてい競技ダンスなんて知らないのだが、
これがもう、ぐいぐい引き込まれてしまう面白さ。
とにかく「熱い」。
読んでいるとこちらも踊りたくなってしまう。
ワルツのステップも知らないのにね!

ストーリーとしては王道ど真ん中、多々良がやがて上手くなって
世界にも通用するダンサーになるであろうことは予想できるけれど、
とにかく出し惜しみなし、という感じ。
コミックスだけでは我慢できずに月刊少年マガジン追いかけるハメになってます。

出だしはあちこちで言われているように『はじめの一歩』に似てはいるんですが、
作者が女性ということもあってか、下品さが減ってます(笑)
デビューして初めての連載、初めてのコミックスということですが、
画力にもまったく不安はありません。
というか、ダンスシーンの迫力はただものではない!
女の子に女性キャラも可愛かったり色っぽかったり。
男性キャラも魅力的に描かれています。
個人的に萌えキャラは今のところいませんが、
多々良の成長を楽しみに読んでいきたいと思います。
今ならば4巻発売したて。
一冊だけ試しに……なんて我慢できなくなること請け合い。
ああ、次の掲載日までがまた遠いんだよ……。

 書架(2)『彗星狩り』 

ほら、今『宇宙兄弟』とか人気じゃないですか。
実際面白いですよね。
宇宙にはロマンがあるし!

……そう思う人にオススメなのが今回紹介する
笹本祐一著「星のパイロット」シリーズ2『彗星狩り』(全2巻)。
普通ならばシリーズ第一作目を紹介するとかシリーズ全体を紹介するものでしょうけれど、
だって、この話が一番面白いんだもの!!!

実は私、この話を紹介するのは初めてではありません。
今ログインできず放置している2つのHPや、mixiでも紹介した気がします。
それくらい好きで好きでたまらなくて、できるだけ皆に知ってもらいたい。
時折やたら読みたくなり、しかし我が家での発掘が困難だったりするので
おそらく3回は旧ソノラマ文庫版を買いなおしておりました。
ソノラマ文庫はなくなってしまいましたが、親会社の朝日新聞が朝日ノベルズで復活させてくれました!
大好きだ、朝日ノベルズ!おかげで『龍の七部族』も読めたし!!!

彗星狩り(上) 星のパイロット 2 (朝日ノベルズ)彗星狩り(上) 星のパイロット 2 (朝日ノベルズ)
(2013/02/20)
笹本祐一

商品詳細を見る

彗星狩り(下) 星のパイロット2 (朝日ノベルズ)彗星狩り(下) 星のパイロット2 (朝日ノベルズ)
(2013/03/19)
笹本祐一

商品詳細を見る


1作目にあたる『星のパイロット』をまず簡単に紹介すると、
アメリカ西海岸の砂漠ハードレイクにある弱小民間航空宇宙会社「スペース・プランニング」社に、
新人宇宙パイロットの羽山美紀がやってきて宇宙へ出るというお話。

そこから分かるように、近未来が舞台。
宇宙開発も民間が進出している時代で、
我らがスペース・プランニングもおんぼろロケットで衛星軌道までの荷運びなんかを中心にやっている。
社長をはじめ、メンバーは性格も経歴も超個性的な少数精鋭。

さて2作目たる『彗星狩り』だが、社長のジェニファーが元夫への意地から手を出したのが、
破産した大会社が持っていた彗星の権利をめぐっての一大レースだった。
勝者は有人宇宙船でくだんの彗星に真っ先にたどり着いた者。
いくら地球に近づいてくる彗星とはいえ、そこまで遠方に有人宇宙船が飛んだことは「まだない」のに。
弱小会社にはそもそも衛星軌道まで出るのがやっとの機体しかなく、
宇宙船を作ることから始めなくてはならないのだ!
……それもスクラップから部品取りして。
金もない、機体もない、人材もない、時間もない!
文庫発売時上中下の3巻ものだったこの『彗星狩り』、中巻でまだ宇宙船作ってたりするという……。
ようやくレースに参加したものの、天災人災降りかかり、トラブル満載。
果たして彗星狩りレースの行方は!?

例えばSFの祖と言われるジュール・ヴェルヌだって『80日間世界一周』を書いていた。
目的地までレースするという映画なんかも数多い。
思いっきりエンターテイメントのど真ん中。
どこかでこの話をチキチキレースと言ってる人がいたけれど、よく知らない。
でもなんとなく推察できるというもので。
レースが始まる前も、始まってからも、とにかく面白い。
だいたい、弱小が大手に立ち向かうってだけで、どんなジャンルでも面白いというもの。

ところでこのシリーズ、美紀が暫定主人公のような形なんだけれど、
「ヒロイン」ではないと思う。
なんかこう、ヒロインというには色気その他が足りなさ過ぎるし
「彗星狩り」から登場する少女、スゥがシリーズ後半のヒロイン(断言)だし。
でもって、裏主人公というべき人物がいる。
スペース・プランニングの飛行計画責任者(ミッション・ディレクター)のマリオ。
カリフォルニア大学に10歳前後で飛び級入学(後、中退)した天才少年で
先天か後天か不明だが足が不自由で車椅子愛用するミドルティーン。
設定こそライトノベルらしいけれど、宇宙船を飛ばすのはパイロットだけの仕事ではない、
と強く教えてくれる存在なのだ。

私には科学的な考証はできないけれど、1998年に出版されたこの物語、
十数年たったわけだけれど、それほど誤謬はないのではと思う。
ロケットの打ち上げを見るのが趣味になったそうだし。
ちなみに年代を感じたのが日本の宇宙開発事業団の名前がJAXAでなく
その前身のNASDAで出てきたことくらいかも。
これ書くために読み返していてようやく気が付いたんだけど。

ところで告白。
本屋の店頭で買うんだ!と心に決めているのに、本屋にさっぱりないんです。
なのでまだ朝日ノベルズ版は持っていません。
これを読んで興味もたれた方はamazonでの購入が手っ取り早いと思います。
せっかくなのでシリーズ1作目も貼っておきます。
順次、残りの2作も発売されるかと。
同じ作者の『ミニスカ・パイレーツ』もアニメ化だか映画化だかされるようなので
集めるなら今のうち、かも。
デビューシリーズの『妖精作戦』はたしか創元推理文庫で出直してたはず。
漫画とアニメで育った世代の最初のラノベ作家と言ってもいいんじゃないかと思います。
星のパイロット (朝日ノベルズ)星のパイロット (朝日ノベルズ)
(2012/07/20)
笹本 祐一

商品詳細を見る


 書架(1)『金星特急』 

新カテゴリ「高瀬の書架」の最初を飾るのは
2012年にもっとも私を夢中にさせた小説『金星特急』
(嬉野君・新書館ウイングス文庫・全7巻)
金星特急 (1) (ウィングス文庫)金星特急 (1) (ウィングス文庫)
(2010/01/09)
嬉野 君

商品詳細を見る


このブログを見ている方たちにとってあまり縁のないレーベルかと思います。
新書館? ウイングス? と。
競馬とはまったく無縁ですので念のため。
元々掲載されていた雑誌季刊「小説Wings」のあおりは
~本好き女子のための、ドラマティック・ライトノベル~

ジャンル的には少女向けライトノベルになりますが、この雑誌のカラーはちょっと特殊。
少女向けですからロマンスもあることもある(つまり無いのもある……)くらいで、
あおりにあったドラマティックというのがかなり重視されているというか。
ライトノベルらしく登場人物間のやりとりが面白いものが多いですが
背景はなかなか凝ったSFやファンタジー中心です。
普通の学園ものとか、そういえばさっぱり見ない……。
ちなみに雑誌が分かれてくれたおかげでBL要素は9割方ありません。
この『金星特急』はもちろんBL無し!
男性にも安心してオススメできます。

さて肝心の『金星特急』ですが、舞台はパラレルワールドの地球。
物語のはじまりは東京駅。
“金星特急”と呼ばれる謎の列車に主人公・錆丸(さびまる)が乗り込もうとするところから。
この列車、謎の美女・金星が花婿を選ぶためにつかわされ、花婿に選ばれればこの世の栄華は思いのまま、
とはいうものの、これまで神出鬼没のこの特急に乗り込んで帰ってきたものは一人もおらず、乗車は命がけ。
更に乗り込んだ途端に無差別選別があったりと心休まる隙もなく、
錆丸は乗り合わせた砂鉄(一匹狼な腕のたつ愛想のない男)と
見た目は夢の王子さまチックなのに超大喰らいのユースタスと共に冒険の旅に出ることに。

物語が始まると、パラレルワールドの説明もないので読者は多少のとまどいを覚えます。
私たちの住む地球とは歴史も違う(アヘン戦争が少し前のことだったり)上、
何より世界共通語「世界語(シージエーユー)」が使われているのですから。
(英語すらさっぱりの私にはちょいと羨ましいとか思ったのは秘密)
出身国の違うキャラクターが自在に会話ができるというご都合主義的な意味だけでなく、
これも物語にいくつも仕掛けられた「謎」のひとつでもあります。

世界は至るところ一触即発の鍋の中のシチュー状態。
日本はその中では平和を甘受していた稀有な国。
突如世界に現れた金星とは何者で超常的であるらしい彼女の能力と目的とは。
彼女が出現させた金星特急の目的地はどこにあるのか。
次に金星特急が停車するのはどこなのか。
最終的に生き残り、花婿として選ばれるのは誰なのか。
謎また謎。
花婿候補として金星特急に乗り込んだ者は途中下車を許されず、
また始発駅以外からの途中乗車も許されない。
そのふたつを破った者には罰が与えられる。
そして花婿候補として乗り込んだ人物たちに容赦なく下され続ける試練。
常識(地上の武器)無効の“金星特急”が花婿候補を乗せて世界横断とくれば……。

個性的なキャラクターたちすべてがそれぞれの事情と秘密を持ち、
“金星特急”ならびに金星の目的や正体という謎と絡み合い、
ひとつ解明したと思えばまた別の謎、と興味がつきません。
しかもちゃんとこちらの世界とリンクしたキーワードなども出てくるからもう……!!!

ミステリではないけれど「もしかしてあれはああいうこと?」とか推理考察しながら読むのもよし、
はからずもロマンス(笑)の予兆のするキャラを応援するもよし。

けれど私がこの物語に惹かれた最大の理由、それは
『金星特急』が錆丸という少年の成長物語であるからです。
最初、明るく人懐こいだけの平凡な少年だったはずの錆丸が、
幾度ともしれぬ危機と立ち向かうために色々な意味で強くなり成長していくのが実感できる、
というのが、何より魅力な物語。
本当に夢中になって次の掲載を待つ間の長かったこと!
それを完結後に一気読みできる幸福が味わえますので、
ぜひ老若男女関係なく読んでいただきたいと思います。
主要登場人物が出揃う3巻くらいまで一気に読んでみると更に面白いかと。

2013年現在、発売中の「小説Wings」冬号(no.78)と次の5月10日発売の春号、
3月に発売したばかりの画集にそれぞれ番外編も掲載。
たぶん番外編だけ集めた文庫も発売してくれると信じていますが……。

最後にミーハーなひとこと。
夏草、マジでお嫁に欲しい……。三月がついてきてもいいから。
彼はあまりにも私の好みすぎて中盤以降は謎と錆丸の成長だけでなく、
夏草の登場シーンだけで幸せでした。
家には沢山本があるよー!

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。