FC2ブログ
 万年筆(その他の色)の記事一覧 

 女はそれに逆らえない 

わたくし、黒い万年筆に関心が「ほとんど」ありません。
人様が持っていらして使ってらっしゃるのを見るのは好きですが
自分のものにしたいかというと「まったく」思いません。

わたくし、キャップの頭と尻軸が丸い、
所謂バランス型に「あまり」愛がありません。
使ってみて惚れ込んだプラチナのセンチュリーのような例外はありますが、
基本、ベスト型を好みます。

わたくし、モンブランに「さして」憧れがありません。
万年筆の代名詞のようなものと分かってはおりますが、
モンブランの万年筆は私の好む可愛らしさに欠けます。
あと、お値段にまったく可愛気がないのが大きな問題。

ここまで並べたら勘のいい方ならピンと来るものがあるでしょう。
父のペン類整理の際に出てきた1本。
黒軸でバランス型でモンブラン。
普段の私ならスルー対象でしかないんですが。
発見後、すみやかに私のペンケースに引っ越していただきました。
私の手に合う、クラシック・サイズということも大きかったかもしれません。

ものすごく分かりやすい傷物
(一体何があったのかキャップリングにすごい削れ&ネーム入り)
なので売れるわけもないでしょうけれど使うだけなら問題はない。
ネームも本名でなく洗礼名だし、人に見られても平気。
DSC_0713.jpg
DSC_0714.jpg


私のそんな些細なこだわりの数々を吹き飛ばした1本は。
MONTBLANC マイスターシュテック ダイヤモンド クラシック
DSC_0716.jpg

キャップの先端にレジンで封じられたホワイトスターのダイヤモンド。
うん、それが全てです。
DSC_0717.jpg
DSC_0720.jpg

アクセサリーを選ぶ際も、私がこれまでダイヤを選んだことはありません。
ピンクトルマリン、アクアマリン、ペリドット、タンザナイト、ガーネット
このあたりがほとんどです。
つまり可愛らしくきれいで美味しそうな色目のカラーストーン。
「宝石」というにはちと格の落ちる「貴石」のグループ。
うん?高額な宝石にも憧れて欲しいと思うものもありますよ?
パパラチア・サファイヤは素直に欲しいです。
だってきれいなピンクだし!(ぶれないな、自分)

ダイヤと言ってもピンからキリまでありますので
ぷちっとしたアクセサリーくらいでしたら私にも入手は可能です。
でも本当にこれまで欲しいとも思わなかったんですね。
仕事の関係で一時期そういったものを見る機会も多かったのにも関わらず。

それが、万年筆に付いている。
何故かときめきが止められない!
指輪でもペンダントでもなく万年筆にときめくとか!
……いつの間にこんな立派な万年筆馬鹿になったものやら。



モンブラン マイスターシュテック ダイヤモンド クラシック
14K-F(多分F)
DSC_0719.jpg
両用式
モンブラン「オイスターグレイ」使用


スポンサーサイト



 20年前からのプレゼント 

久々すぎて申し訳ないやら自身が不甲斐ないやらで肩身が狭いのですが、
どうしても書きたくなったので書きます。

本日、父の書棚を整理(私には不要の父の本を駆逐して自分の本を置くスペース確保)をしておりましたら。
出てきました。
ハラショー!

梶井基次郎の文庫とセットされた小箱。
DSC_0678.jpg

DSC_0677.jpg

ええ、梶井基次郎といえばこれしかありませんよね。

丸善創業130周年記念万年筆
「LEMON」(ガラケーのせいでか漢字変換不可)
限定1.000本。
PILOT製、14F。
DSC_0672.jpg
DSC_0675.jpg

折しも150周年限定が発売されて間もない時期でございます。
以前より、自分では買わないけどちょっと欲しい……とか思っていたペンが。
まさか家にあったとは!
おまけに完全新品未使用のコンバーター付きとは嬉しすぎではありませんか。

……私のインクコレクションにはですね。
視認性を疑って、購入だけして未使用の
「丸善アテナインキ 京都 れもん(←漢字)」がございまして、ええ。
さっき初めて試したら意外と見やすく、このペンにこのインク決定!
DSC_0676.jpg
DSC_0680.jpg

正直言えば丸善アテナインキはSAILOR製なので、
PILOT製のペンに使うのは気分的に微妙。
でもペンもインクも「丸善」表記しかないので今回に限り目をつぶろうと思います。

最近私生活の方でちょっと色々ごたついておりまして、
ひたすら本にしか逃避する術がなく、
誕生日すら友人ひとりがカードくれた(心底ありがたい)だけで終わりました。
本当は自分にプラチナのリラを買ってやろうと数ヶ月前から思っていたのに
それどころではなかった私への父からのプレゼントだと思うことにしました。
どうせ父は国産Fなぞ使うまい(実際未使用だったわけだし)。これは私のためのペンである。
ありがとう父よ!
DSC_0679.jpg

<6月18日画像追加>




 偉大なる革命 

ハロウィンにちなんで、色目だけでも。

このペンが出てきた時、そのあまりの煌びやかさに目を奪われました。
そして即効、「私のもの♪」と判断。

PARKER DUOFOLD。
矢羽クリップが特徴のパーカーは、譲っていただいたVECTER1本しか所持していません。
「ソネットがいいよ~」なんて声も聞きますがピンクがないし金属軸だし
このまま縁もなく行くものだと思っていました。
実際、こうして転がりこんでくるまでは。

私の些細なこだわりを吹き飛ばすほど、このペンは美しい。
DSC00577.jpg

万年筆といえば黒軸が当たり前だった1920年に燦然と現れて
その色で衝撃という革命を呼び起こし(?)
マッカーサー元帥にも愛用されたという
「ビッグ・レッド」と呼ばれた伝統のオレンジ軸、の後継者。
その気持ち、わかる。
……高瀬はピンクと白と真紅の次にオレンジ軸が好きでした、そういえば。

DSC00578.jpg

使用頻度も低かったのか、なかなか美品。
花のような天冠も上品。
DSC00576.jpg

これを発見した時、BPとMPも一緒だったんですが、
こちらは天冠からクリップへのゴールド部分のデザインがかっこよくて、
正直万年筆より見た目はいいんじゃないかとか思ったり?
バランスは悪くないのにやはり重いんですけどきれいだからOK。
DSC00575.jpg

でも使用するなら万年筆一択。
尻軸に貼ってあるシールはF。
こりゃ楽しみだとせっせと洗浄して、
父はカートリッジ使用だったようなのでわざわざコンバーター買いに行ったり。
(予断ですがこのパーカーのコンバーター、金属部分が銀色のと金色のとの2種類あって、
何故か価格差が600円ほど。
ペンに合わせて高い金色をチョイスしましたが釈然としません)

インクを選ぶために我が家内コンテストを行いました。
PERIKAN Edelstein:MANDARINE
CARAN d’ACHE:Saffron
SAILOR 色織々:金木犀
Dr。Jansen:Peach
PILOT iroshizuku:yu-yake(夕焼け)
PILOT iroshizuku:fuyu-gaki(冬柿)
SAILOR インク工房製:紅茶女王

勝利したのは「金木犀」。ちょうど季節も良かったですし。
実質EdelsteinのMANDARINEとの一騎打ちでした。
PILOTのiroshizukuはどれも良い色ではあるのですが
PILOTのペンでしか使わないことにしているし。
より「オレンジ」っぽい色ということで。

さて、わくわく使ってみたならば。
「これでFはない、絶対ない」
というくらい太いじゃありませんか!

DSC00579.jpg
DSC00580.jpg

そうね。
このペン先見て細い字が書けるはずないよね!(泣)
このペン芯に刻まれた86がどのサイズを表すのかわかりませんが
Fでないことは分かるよ!
でもきれいだしね、きれいだから許すか慣れるしかないね!

慣れるといえば、これCENTENNIALサイズなんですが。
モンブランでいえば146(ル・グラン)、ペリカンでいえばM800くらいかと。
つまり、私の手には太い。
でもSAILORのプロギアともそう差はないっぽいので
軸の太さにも慣れるしかないでしょう。
細いINTERNATIONALサイズだともっと良かったけどね!

後になって知ったのが、この花のような天冠が使用されていたのは
1992~1997年の5年間なんですね。
当時のカタログ(一緒に発見された)見ても普通に掲載されているので
限定というわけではなかったようですが。

オレンジ軸の美しい万年筆ということで
DELTAのドルチェビータ・オーロ・スリムを密かに欲しいかもと
思っていた気持ちにも整理がついたかもしれません。


 うちの茶縞はM600 

そもそも、2014年にペリカンのクラシックM205コニャックに使用する目的で
ペリカンEdelstein Amberインクを購入いたしました。
コニャックの発売をとても楽しみにしていたのですが、
いざ発売されて実物を眺めると「違うわ、これ」に。

色やデザインは本当に素敵なんです。
しかしM600ルビーレッドに慣れてしまった後だと、
M200のサイズはまず小さく、頼りない。
更に、わざわざペリカンの万年筆を購入するなら鉄ペンはいらないなあと。
お値段は釣り上がりますが金ペンなら行ってたかも?
別でサイズの合う金ニブを入手するという方法もないではないのですが、
ピンクでもない万年筆にそこまでする気はまったくありませんでした。
手配が面倒だし。

そうなるとAmberが浮くんです。
我が家では「軸色に合わせた色のインクを使う」というルールがございます。
ピンク軸には赤かピンクのインク。
赤軸には赤インク、オレンジ軸にはオレンジインク。
青軸には青インク、黒軸には黒かグレイ。
ちょっと変化球で白軸には青かグレイのインク。
透明軸には緑か紫のインク。
……じゃあ、それ以外の色のインクはどうなるの?
そう。我が家では茶系インクはペン難民なのでございます。
こんなに沢山万年筆があるのにねえ。

透明軸をもっと自由に使ってもいいのではないか
というご意見もあるかとは思いますが
透明軸には目で見て楽しいきれいな色を入れたい。
現状、我が家の透明軸は軒並み緑系インクを吸っています。
紫インクも難民化していると言っていいでしょう。

で、Amberはそのまま仕舞い込まれていました。
正直、忘れてました。
それが今年の夏、うっかり増えるパイロット色雫小瓶のために
インク棚を整理していると存在を主張するように落ちてたのです。
Amberは実に良い色。
できるならば使いたい。
でもAmberのために茶色の万年筆を購入するのはあまりに本末転倒の無茶なお話。
そもそも今、入手できる気に入る茶系軸万年筆なぞありませんでした。
でも使いたいしなぁ、どうしようかなぁ。

と、悩んでいると母が「こんなもの見つけたんだけど」
18cm四方の白い箱を持って参りました。
箱の中にはどこかで見覚えのあるペリカンの紙箱。
DSC00530.jpg
その中にはインク瓶と万年筆とBP。
DSC00531.jpg
見た瞬間、叫びました。
「私、これ使う!」

ペリカンの茶縞については趣味文などで読んでいて
ようやくM800に続いてM400が限定として発売されたというのは
なんとなく覚えていたのですが、
私の好みからいくといささか黄味の強さがひっかかり、
早い話、眼中になかったのです(笑)
それに私の手にはM800は大きすぎ、前述のコニャック同様M400は頼りない。
そうなるとM600しかありえないでないですか。
その上、他の限定茶縞に比べて黒味の多いこの茶縞は
ピンク愛好家の中の何かを揺さぶるものがありました。
DSC00532.jpg
DSC00533.jpg

そう、私は悟ったのです。この茶縞こそ
「M600じゃなきゃヤダ」
「金ペンじゃなきゃヤダ」
「気に入った軸のペンじゃなきゃヤダ」
「納得できなきゃわざわざ買うのヤダ」
という私のヤダ条件をことごとくクリアさせて自分を使わせようとする
Amberの計らいだということを!

DSC00536.jpg
DSC00535.jpg

保証書などから1999年に丸善130周年記念として
万年筆とBPのセットで500組限定発売されたもののよう。
その上、Fニブで未使用。
売ったら売れるとも一瞬思いましたが、
それよりAmberで使いたいという気持ちが上回りました。
使ってみると海外Fですからそれなりではありますが許容範囲の字幅。
もううちの子ですとも。
Amberも満足そうです。
DSC00534.jpg

勘の良い方ならこのペンが「他力本願」に属するくせに
「万年筆(その他の色)」にカテゴリされていることに気づかれたかもしれません。
これから何本かそういうのが出てきます(笑)
天冠の画像を撮影しそびれましたがひとりっ子政策前でヒナは2羽。

ところで。
お揃いのBPにまったく用がないのです。
きれいだとは思いますとも。
しかしこれから先の記事にしていくつもりですが
BPが本当にやたら出てきてですねえ。
とてもじゃないけれどこのBPにまで手が回らない。
これだけでも需要ありますかね?

 BRLIYNZEEL~カラフル 

雑貨屋をふらふらしているとアンテナが反応しました。
「おっ!? これは行かねば!」
IMGP7251.jpg
IMGP7252.jpg
きれいな軸でしょう?
透明感たっぷり、夏にぴったりのスケルトン。
でもキャップに「BRLIYNZEEL」とあるだけ。
一体あなたはどこのどなた。
そしてなんとお読みすればいいのですかー!?

変わったペンを見つける→ネット検索をする
すると結局、「ぺんぱれーどっ!」様がヒットするという(笑)
こちらの記事参照。
「ブランジール」というオランダのトップクラスの文具メーカーだそうです。
オランダに行く機会がもしあれば要訪問ですね(ないけど)。
軽いし、きれいだし、ネット上の評判でも書き味は悪くなさそう。

ただ、カーボンさまも書いておられますが、
軸の細さが原因で、せっかくのスケルトンなのにコンバーターが使えない!!!
実は色々、自分でも試してみたのですが。
差込口はヨーロッパタイプでOKなんです。
ショートタイプのカートリッジ、及びショートタイプと同サイズのコンバーターしか無理。
ロングタイプのカートリッジすら無理だったという……。
惜しい、惜しすぎるよ、ブランジール!!!

IMGP7253.jpg
IMGP7254.jpg
あんまりきれいだったので、ブルーも同時購入。
私がオレンジはともかくブルーを買うのは本当に珍しいことです。
まあ安いし。ラミーサファリの定価で4本買える(笑)

この「カラフル」、あとイエローとグレーがあります。
いっそ4色とも買おうかと思ったのですが
イエローはプレラのカナリヤがあるのでやめました。
グレーはかなり悩んだのですが
使わないんだからやめておけと理性が勝利。
4本並べるときれいなんだけどな。
しかし、このラインナップならばピンクとグリーンとパープルも
作ってもいいと思うんですけど!?

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: