2011年01月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ボトルインク紹介<3> 

早くしないと新しいインクが増えてしまう……!
ということで残り(2011年1月3日現在)一挙公開。

ink11

まずはイタリアからスティピュラ。
色はレッドとグリーン。
スティピュラのインクは、ボトルに付いているインクで色を判断するしかないので
かなり不親切です。
本当はダークレッドが欲しかったのに間違えてレッドを購入。
グリーンはオクで開封済のものを譲ってもらったのですが、
最初セピアだとばかり思っていました。
うっかりこぼして手について初めて、グリーンだと分かったという……。
グリーンと言ってもですからかなり暗めの色です。
たっぷりの70ml。
瓶が深すぎて吸入作業には向きません。
でも薬瓶ぽくてそこはまたちょっと好き。
内蓋がある安心設計ですが、内蓋を開ける時、飛沫に注意です……。

ink12

お次はフランスからウォーターマン。
珍しく青系なのに惚れ込んで購入したのがフロリダブルー。
この青は好きなのです。
勿忘草色っぽい。
赤は、Loftでセール販売してるのを見つけてつい購入。
赤系は捕獲対象の上に税込み525円だったら行っちゃうでしょう!?
こちらはまだ入れる万年筆が決まっていません。

ink13

我らが日本のセーラー軍団です。
あちこちで品切れだったのをようやく見つけた桜森がやはり一番愛しい。
10月にどうしても欲しくなってもだえたのが金木犀。
色見本で赤だと思ったのに意外に茶系だった奥山。
水色が欲しかったので手を出した雪明。
開封済でオクからやってきた青墨は予想よりはるかに明るい青で結構好き。
で、万年筆についてきた極黒。くっきりはっきりあくまで黒く。濃淡もない。
正直「書く」楽しみには欠けるけれど、表書きとかには信頼できるので。

撮影はしていませんが、
やはり万年筆についてきたジェントルインクのブラックも実はあるんですが、
未開封のため色見本もありません。
たぶんずっと使わないかと……。

ink16

セーラー系ですがショップオリジナル等を集めました。

ジェントルインクと同じ形のインクは神戸のナガサワ文具のオリジナルインクたち。
三宮パンセはペリカンのヴァイオレットよりは青みがあり、
エルバンのヴィオレット・パンセとすごく良く似ていますがやや濃いです。
梅の色という岡本ピンクはインクだけで見てもとてもきれい。
ヴォルテールの紅梅色よりは浅い色です。
新色の王子チェリーは、あるようでなかった元気なピンク。
エルバンあたりだと似た色はあるかもですが。

私が愛を叫んでしまった大阪高島屋オリジナルの紅しょうが色。
この鮮やかさは貴重かも。
インク工房で作ってもらった私の東雲もこっそり混ざっています。
東雲はヴォルテールの葡萄よりやや濃いです。

ink14

最後を飾るのが1メーカーひとつずつしか持ってないインクたち。

奧の銀色の蓋のが今はもう販売していない伊東屋オリジナルのCocktailInkでmoonshower。
箱も可愛くてどうしても欲しくて開封済をオクでGET。

お隣は国内では書斎館でしか取り扱っていないYARD・O・LEDのクラレット。
iroshizukuの躑躅よりは紫がかっています。

前列右からスイスのカランダシュのストーム。
以前からカランダッシュのインクは欲しかったのですが、あまりにも高くて(笑)
これは箱がないからとハンズで980円だったのを掻っ攫いました!
瓶もすごく綺麗なので集めたくはあるのですが……。

右から2番目はビスコンティのブルー。
現行品のプラスティックボトルが嫌で、どうしても旧ボトルが欲しくてずっと狙っていました。
無事未開封品をオク入手。
青の中の青、という品のある色です。

一番前にいるのがコンウェイ・スチュワートのグリーン。
元気で明るい緑ですが、30mlしかありません。

ドクター・ヤンセンのウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
平たく言うならボルドーです。
この瓶が、どうしても欲しかった!!!

一番左が、丸善の復刻アテナインキ。
瓶のレトロな形も、ラベルの右からの文字も、更には深いセピアな色合いも、
どれもツボにはまりました。

ink16

追加で増えた2つ。
色目がピンク寄りということで気にはなっていたけど後回しになっていたプラチナのレッド。
実用的な瓶も可愛い。

ぶっちゃけ瓶買いだったオマスのレッド。
見た目よりも朱色寄りです。
62ccってのが微妙ですが。
ウォーターマンとかと同じにボトルを傾けて吸入しやすくなっています。


というわけで3回に分けて紹介したのは50色にのぼります。
自分でも使いきれるわけないと思いつつ、
集めるのをやめることはできないでしょう。
だって沢山色が揃ってると楽しいし、ボトルもきれいなものが多くて美しいし。
全社一斉にプラ瓶に変更、とかなったら集めなくなるやも?
……自分で瓶を用意するだけか。

万年筆を実用品として、決まった黒だけ使う方もいらっしゃるでしょう。
実用品だけどブルーブラックにはこだわるぜ、という人もいらっしゃるでしょう。
でもカラフルなインクを使う1本があれば、
万年筆を使うのはもっと楽しくなるんじゃないかと思います。
私の場合、あくまでも万年筆は「道楽」アイテムですので、無責任に薦めてしまいます。
「カラフルなインクでノート埋めると楽しい!
カラフルなインクで落書きするのもとっても楽しい!」
ちなみに。
普通に字を書いているより、お絵かきしてるとインクは結構使うものだったり。

放っておいてもどうせ増えるので、その時にまたご紹介します。

スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。