2011年01月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 モリタ万年筆店のこと 

大物(?)ネタもあることはあるのですが、ひとまずこちらを。

私の万年筆ライフは実質ネットで始まりました。
ですから実店舗で万年筆を見る、という行為そのものに腰が引けていたんですね。
万年筆って高級オーラ出して売ってるじゃないですか(笑)
1万円を越えると躊躇してしまうような人間には入りにくいものです。
しかも東京には安い店もあるらしいのに、関西ではほぼ定価のお店ばかり。
ネットやオークションの方が安くて懐に優しいというのも大きな理由でした。

ですが、ネットをさまよっていて
「大阪のモリタいいよ」という記事を発見。
どうやらここは値引き販売をしているらしい。
そこでお店を検索してみたら大阪北浜とのこと。
北浜ならば私も行きやすい場所です。
友人に連絡を取ってみると行きたい&近くにいるということで
はじめてモリタを訊ねたのは10月22日のことでした。

サイトに記載されていた出口からきょろきょろして。
見つけたのは実に小さなお店。
店の前にはカタログと喫煙具、はんこに廉価なボールペンの山。
本当にここでいいの?

戸惑っているとどうぞと招き入れられ……
人間5人はかなり苦しいという狭い店内。
何せご主人と奥さん、先代(おそらく)と3人揃っていらっしゃるのですから。
まず面積に対して人口密度の高さにおののきました。

しかし。
この店内がまさに宝の山なのです!
壁面いっぱいに並べられるだけでは治まらず、ウィンドーすら収納場所にされている
万年筆だらけの空間。
正直、美しいゆとりある展示販売とは対極にあります。
でもこの商品量ときたら!
もしかして関西随一の豊富さではないでしょうか?
そこにはネットやカタログでしかお目にかかったことがないペンたちがずらり。みっしり。
しかもついている値札に「えっ!?」
まあ格安でも手の届かないものがほとんどなんですが。
もう眼福。

おまけにご主人のお話に驚きっぱなし。
アフターケアだけでなく簡単な調整とか、
刻印の薄まったものの修復とか、色々お願いも聞いていただけるとか。
ネットでも検品と調整はきっちりされていると言われていましたが、
予想を越えるサービスっぷり。
使うのが怖いような高額なペン(持ってませんが)だって、
そう聞くと安心して実用にできるってものです。

この狭い(何度も失礼。でも本当に狭いのよ)店舗に
エルバン全色揃っているとか、それもう酔狂の域ではないかと。
いやしかし今はインクではないのだ!

そして店内では私と友人それぞれに幸福な出会いがありました。
モリタさんでもらったペンはどれもすごく調子が良いです。
我々はすっかりお店のファンになり……
それ以来一月に1回のペースで訪問しております。
ちなみに、その1回で奥さんには覚えられてしまっていた2人組でございました……。

いつも後回しになってしまうのですが、
いつかモリタオリジナルのプロギアスリムミニが欲しいなあ、などと思うのです。
ピンク愛好家だけど、モリタオリジナルはとてもきれいな水色系のボディに銀トリムですっきり。
あれもきっと書き味がいいに違いありません。
また来月も行こうっと♪


話変わりまして。
文具好きの方ならご存知のことも多いかと思う本、
ナカムラユキさんの『京都文具探訪』(アノニマ・スタジオ刊)。
主に昔からの文房具店を訪ねて……といった内容なのですが。

この本のきっかけになったであろう『清水一貫堂』を本日訪ねようとしまして。
店は以前から知ってはいたんですが、入ったことはなかったんです。
ところが。
お店はなくなっておりました……。
看板もなくなって、ショーケースにも何一つなく、
ガラス戸の向こうはカーテンで覆われて。
いつのまにか店じまいされてしまっていたようです。
なんだかひどく淋しい気持ちになってしまいました。

ちなみに同著に記載のある、そこから徒歩5分くらいにある『カワムラ』は健在でした。
入ろうとしたら、番犬(マルチーズ系)にさかんに吼えられ威嚇されてしまいましたが。
犬に気を取られてじっくり店内を見ることは叶いませんでした(笑)
でも私がお願いした“プラチナのカートリッジ”を一生懸命探してくださいました。
もちろんお店の人が(笑)
今度は店内にあるという紙のための立派な棚をしっかり見なければ。
小学生の頃に買い物に行ったことのあるお店なのですが、
棚など記憶にありませんでしたし、今回も帰宅して本を確認するまで忘れていました……。


スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。