FC2ブログ

  ピンク4号~Longproducts 桜とも柄(改) 

以前というか比較的初期に 万年筆7号~Longproducts 桜とも柄 を紹介しました。

大阪の万年筆職人である藤本寛氏による美しいアセテートレジンの1本です。
軽く美しく、その点に関しましてはプラチナの#3776セルロイド・サクラに
匹敵すると思っております。

しかしご存知の通りこちらで使用されているのはドイツのシュミット製のニブ。
書き味は悪くはないのですが、Fであっても字幅が太い海外クオリティ。
その点が気になって気になってしかたありませんでした。
そこでゴム板を入手したのを機にペン先を交換することにしました。

あくまでも自己責任による行為であり、メーカー保証の対象外となります。

最初に用意したのはパイロットのペン習字ペンです。
しかしこれはニブがエラ状に張り出しているため、加工が必要になります。
不器用な私にできるはずもなく断念。
ちなみにプレラも同じタイプのペン先のため断念。

それでも諦めきれない私は、ある時ふと弄んでいたセーラーの14k中型ニブ(字幅F)が
加工なしで取り付けられることを発見いたしました。
たまたまそれが金色一色のニブであったため、
クリップやリングとの相性もよく、しかも使用したのがセーラーのFですから、
本人的に大満足な組み合わせとなりました。

longpsa3

こうなると残る「夢桜とも柄」も、と考えてしまいますが、
販売当初のカタチを残しておきたい気持ちもあり、
現在「夢桜とも柄」はシュミット・ニブのままです。
しかしもし今後またロングプロダクツの万年筆を購入するならば
最初からペン先交換を視野に入れての購入になりそう。

ピンク軸ではないのですが、3月生まれの私としましては
「アクアマリン」がどうしても無視できないのです。
またこの「アクアマリン」の軸が実に美しい。
何しろ私にロングプロダクツの万年筆を知るきっかけとなってくれたペンでもありますから
いつかは……という思いを消せません。

ただし、セーラーのペン先を安価で入手するのがなかなか難しいのですが……。
鉄ペンならば簡単なのですが、もはや鉄ペンには戻れまい。
あ、別に二軍ならば良いのです、鉄ペンででも。
このあたり、TWSBI DIAMOND530の金ペン化を目指された方々の経緯と
そう変わらない気もいたします。

longpsa2

ともあれ、ひとまず満足。


速報的追伸

私がこの記事を上げるのを見計らったかのようなペンハウスからのメルマガ。
ロングプロダクツ ペントオリジナル 第七弾
「桃花のほころび」発売

もちろん即行予約しましたが?
またもアクアマリンが遠ざかる。
しかしこの色は行かねばならぬ!

……セーラーの14k中型ニブ(金色仕上げ)、至急手配せねば。

スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: