2011年05月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 愛かもしれない~ふでDEまんねん日和~ 

ペントレの成果をご期待の方、申し訳ございません。
こちらを書きたい気分なのですー。

以前、キティバージョンを紹介した時の我家の「ふでDEまんねん」は
この4本でした。

kittyf6

月日は流れ、赤系インク企画などを思いつき数度実行してみたのですが
「ふでDEまんねん(若竹)」1本をツケペンで洗っては使うというのは
どうにもインク比較としては正しくないのではと思い始めました。
あっち書いたりこっち書いたりがややこしい、というのもありますが。

そこで「ふでDEまんねん(若竹)」をもう2本導入し、3本共にコンバーター装着。
よし、これで大丈夫!
と思ったのですが、何しろまったく同じペンが3本では、
どれにどのインクを入れたかわからなくなってしまうでしょう。

ですから、目印にシールを貼ることにしたのですが、
最初に貼った和風うさぎのシールはすぐにめくれてしまって
使い物になりません。
粘着性重視ということで、先日柄としてはスタンダードな花柄のシールを購入。
ぺたぺたぺた。

mannen1

なんだかいい感じじゃないかと、(紺)と(スケルトン)にも貼ってみたり。
(さすがにキティには無理です)

mannen2

これ、キャップにも同じ花のシール貼ってもよいかもです。
キャップや軸がシンプルなので変化の差も大きくて楽しい♪


……というだけならば記事にはしなかったかもしれません。
(いや、ネタ不足ならばあるいは……)
それは5月のある日。
京都の有名観光地近くで文具店を見つけたのでふらっと入店。
万年筆を置いている店にならば短軸の有無を聞かねばなりません。
あいにく短軸はなかったのでそのまま店を出ようとした時
「あ、ふでDEまんねんだぁ!」
たとえどれほど変身していても、その独特なフォルムは間違いようもありません。
だって毎日見てますし。

mannen3
mannen4

和紙を軸とキャップにあわせて貼り付けて。
さらにその上からニス加工してあるという、
実はとても手間のかかったものなのですが。

2,100円→1,050円

半額セールになっておりまして。
そりゃ本体の値段やろ!
と突っ込みつつ、ありがたく桜柄を保護してまいりました。
(ちなみにあと数種類あり)
気になる方は京都嵐山「嵐電嵯峨」駅前をお訪ねください。

ペン先は(紺)やキティと同じ角度がゆるいほうですね。
洗浄するにしても首軸から先ですから、
キャップと同軸を濡らす心配もありませんし、
どういう経緯でこのペンが生まれたのは謎ですが
よくできていると思います。

ただ……売れなかったんでしょうねえ(泣)
「ふでDEまんねん」よりは
「リクルート万年筆」あたりでやればよかったかもしれません。
あ、クリップが邪魔か。

mannen5

後悔はしておりませんがしかし。
「ふでDEまんねん」7本は、ちょっと多すぎるんじゃないかとか
思わないでもないのですが
ここまで増えるのはもしかして「愛」なのかも――。

スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。