2012年09月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 誘惑の赤い罠 

今年からもう万年筆はセーブするのだと、そう心に決めたはずでした。
一生分以上の万年筆とインクが私の身近にもうあるのですから。
しかし猫は七つの命を持つという俗説もあり……
まあまだ今年、万年筆らしい万年筆は江戸桜とブルゴーニュしか購入していない(十分とも言う……)ので、
この調子なら今年はもう万年筆購入せずに逃げ切れるかと思っていたんです。
……甘かったかもしれない。

勘のいい方ならばタイトルだけでピンとこられるかもしれません。
ええ、わたくし、今まさに誘惑と戦っているのでございます。
敵はペリカンM600ルビーレッド……!!!

ルビーレッドは海外版のM320を所持しております。
きれいで可愛くて大好きな万年筆。
小さい万年筆好きだし、軸が透けるのがたまらない。
でも長時間使用するならもう少し長くて、もう少し太くてもいいなあと
思わないでもなかったのです。
そう、M400くらいのサイズで。

今回、その内心を見透かしたかのようなM600での販売。
M600ならばM400とサイズ的に大きな差はありませんし十分射程距離。
これがM1000ならば最初からなかったことにしてました。
しかも所持のM320と同じタイプの軸。
……並べたくなるじゃないですか。
すごい並べたいじゃないですか。
Edelsteinのインク、ルビーもまだたっぷりございます。
こんな記事書いてる時点でもうかなり心がぐらついている証拠ですな(汗)

思わずネットで最安値はどこだと調べてしまいましたよ。
うーん、関西だとやはりモリタかも?
在庫の有無は問い合わせしてません。怖いから。
新店舗まだ行ってないしなあ。行きたいけど危険だしなあ。
ちなみにモリタには購入を決意したペンがないと行かないことにしています。
市場価格知ってたら誘惑の嵐ですもんね。
モリタでもネット購入ならカードが使用できますが
今でも店舗では現金のみなのだろうか???

ネット購入を躊躇うのは、やはり字幅を確認したいというか。
海外製は確認しても意味ないことがありますけどね
それこそうちのM320ルビーレッドとかうちのミクラちゃんとか
EFやFとはまっかな嘘としか思えない太さだし。
君ら、絶対Mだよね。

ちまちま字を書くのが好きだから通常ならばEF一択なのですが
EFはインク消費にあまり貢献してくれないという欠点が。
本栖を愛用してる身ですし、国産ならばMもアリだと最近は少し柔軟に。
MF増えすぎてちょっと飽きてきたとも言いますが。

で、話をM600ルビーレッドに戻すと、
このサイズならMまでは許容できると思ってしまったからです。
EFが素直に細ければ一番なのですが、
そうでなかった場合は他の字幅でもいいんじゃないかとか。

つまり心は。
字幅の選択という所まで来ていたんですね。
果たして私は無事正気に戻れるのか。
(内なる天使「あんだけ熱くなってた江戸桜もほとんど使ってないじゃないか。
君にはもう使うべき万年筆は山とあるんだ。目を覚ませ!」)
はたまたブログを見てくださってる方たちを喜ばせる結果になるのか。
(内なる悪魔「これ、1回限りの限定だってさ。
買いそびれて後で歯噛みするくらいなら今……行っとかないと!
M320と並べたらきっと豪華だよー?」)

ところでペリカンの限定のうち、私の心を揺らすのは単色かつ透けてる軸。
ブルー・オ・ブルーはサイズ大きくて見送りましたが色はすごく好き。
グリーン・オ・グリーンもいい色だと見惚れましたとも。
この二つの軸がM320に来たら踊りかねないとも思います。
ただ、ペリカンに言いたい。
きれいに透けるピンクの軸とか透けるアメジストの軸とか
ここに需要あるんですけど作りません?
その2色ならM1000でも行くかもしれない。

話戻して、現状「まだ」賽は投げてないんです。
それこそM320のルビーレッドとレディ・アガサのオールドローズとブルゴーニュと
並べてそれで満足してくれないかな、自分?
アウロラとかにもきれい色はあってそっちはスルーできるのに
なんでペリカンは引っかかるんだか。
誘惑との戦いは続行中ナリ。

スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2012/09 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。