FC2ブログ
 2013年01月の記事一覧 

 プラチナ Preppyの遊び方(1) 

廉価版万年筆の雄、プラチナ・プレピー
もはや紹介するまでもない名品。
定価税込み210円ながらに、そのコストパフォーマンスの良さは
他の追随を許しません。
まあ、不満はないでもないんです。
現行品は03のペン先で細字のはずなのに結構字幅が太いとか、
せっかくペン先まで色を揃える懲りようなのにスケルトンが逆に安っぽい(安いけど)とか。
でも遊ぶにはこれほどうってつけの万年筆など他にありません。

実は少し前にこちらの記事を発見いたしました。
アイディア、センス共に素晴らしいと思います!
最初、別の記事に画像が出てきたので、過去にこんな柄で発売していたのかとか
真剣に探そうとしてしまいました。
シールによるデコだったわけですが、
センスのいい人の手になると本当に可愛いですよね!

で、ミーハーな私はさっそく真似っこしようと考えたのです。
が、我が家のキャンディはコレクション対応品であり、できればそのまま残したい。
遊ぶならば別途購入するしか。
候補はホワイト・レッド・ピンクに透明ゴールド・透明ブラック。
しかしいくら安いからと言ってもキャンディは定価税込み1050円。
1本ならともかく数本を使いもしないのに何本も……というのはあまりに無駄遣い。
でもこれがプレピーなら?
5本買ってもキャンディ1本分なんですよね。

思い立ったら即行動。
私、基本怠け者でのんびりやなんですが、突発的にものすごく行動的になります。
行った店はサインペンの方が色が揃っている状態だったので、
とりあえず黒と黄色を確保してきました。
全色揃えてもいいくらいの気持ちです。7色しかないし。

で、まずは邪魔な軸のプリントをとってしまいたい。
これが、なかなかしっかりとついておりまして。
しかしこのプリントが使っているうちに剥げるのを待つつもりはありません。
結局、メラミンスポンジで擦り取ってしまいました。
紙やすりの類も各番手を所持はしていますが、後のことを考えるとあまり派手に削りたくはない。
そこで研磨剤も含むメラミンスポンジに登場いただきました。
いい仕事してくれるぜ、まったく。しっかり取れました。

プリントを削り取ったあとの軸は、当然のようにクリアな透明軸が鈍く曇ってしまいます。
しかし心配することはありません。
「こんなこともあろうかと」取り出しますは
「コンパウンド ミクロ」もしくは「Poly Watch」。
IMGP6236.jpg
プラスティックの傷とりに最適で、透明なプラでもきれいになります。
「サンエーパール」と同じようなものですな。
……こんなもの、なんで家にあるんだよ。
でもあるとなかなか便利なアイテムでもあります。
サンエーパールは以前SWATCHの傷取りに使ってました。
ま、これで軸も透明さを取り戻します。

黒はゴス趣味でいくことに。
ミドリの手帳用シール・コレクションのシルエット柄(こちら)を使用。
キャップと軸はトカゲと蝶の2種類のみを斜めにぐるりと連続させて。
IMGP6225.jpg
ついでにペン本体より高額なコンバーターを取り付け、コンバーターには蜘蛛と蝙蝠を。
IMGP6227.jpg
IMGP6228.jpg
パイロットの透明プレラくらいの高級感(!?)は出たような出てないような。
ほとんどコンバーターのおかげですけど。
ちなみにコンバーターは蒔絵に押されて余って所持していた分なので躊躇いはない。
IMGP6234.jpg
実際はほとんどキティバージョンと似たようなものですね。

黄色の方はもっと簡単です。
市販のビニールテープを目分量で切ってぐるりと巻くだけ。
貼り方がちょっとまずいですが、お手軽にキャラ万年筆のできあがり。
IMGP6231.jpg
IMGP6232.jpg
IMGP6233.jpg
san-xのリラックマ。
以前パイロットからだか万年筆が出ていたようですが、
こちらでしか見たことがありません。
しかも私、リラックマよりもコリラックマ(白いクマの方)に愛がありまして。
ぶっちゃけ、コリラックマ・コレクターでもあります。
コリラックマに関しては別の野心があるのでそれはまた。
IMGP6235.jpg
明日、プレピーの他の色も買ってきます♪

スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: