FC2ブログ
 2013年01月の記事一覧 

 SAILOR~FLOWER GARDEN 

何しろさぼっていた時期が長かったものですから、
少しは更新用のネタもまだあったりします。
一応、2日間隔を今年は目指しているのですが、
もう既に結構苦しいのは何故なんだ(苦笑)

今回ご紹介いたしますのは、例によって例のごとく
オークション捕獲品。
セーラーのカジュアル万年筆です。

IMGP5516.jpg
オレンジがかったおしゃれなケースにコンパクトに収納されたペン。
なんだか中身がラブリーっぽい。

IMGP5517.jpg
キャップはペン先が見える仕様ですが、クリップが細いワイヤーで
キャップとクリップに絡むよう、サテンリボンが結ばれています。
ちなみにセーラーのこの手のペンには珍しく嵌合式のキャップ。
ちゃんとキャップは尻軸にポストして使うことができます。

IMGP5518.jpg
ペン先はキャンディなどとまったく共通で、
セーラーロゴの刻印もF-2刻印もサイズも同じ。
まあ、流用というか共用というか。

でもこのペンの一番の特徴は軸後方にポプリが詰まっていること。
軸は回転式でポプリ収納部分を開けることができます。
ただこのペンの中のポプリはかなり香りが消えてしまっています。
詰め替えることもできるんですけど、これ、中に収納している限り
香りを楽しむことができません。
アロマディフューザーだかで近年セーラーが販売しているBPなら
もちろん香りが楽しめる仕様ですが、
どちらかというとこれはポプリが入っていることを目で楽しむペンというか。
正直、ビーズでも入れちゃった方がきれいだし退色もしないんですけど、
ポプリを入れることに意味があったのでしょう。

このペンの素性は探っておりませんが、
どこかの植物園系施設のオリジナルだったんじゃないかと疑っています。
定価は1,000円だったようですし、お土産にも手ごろ。
色展開もあったのかもしれません。

実用するにも惜しいペンではないのですが、
使ってしまうとたぶんすぐにリボンがダメになることが予想されますし、
ポプリのせいでカートリッジしか軸内に入る余裕がありませんので、
使う予定はやっぱりありません。
スワロフスキーなんか入れてコロコロさせたら
使っている間キレイで楽しいかもとか少しは思うのですけれど。


書いていて思い出したのが、昔のお土産定番品だったフローティングBP。
中のアイテムがペンを振ると上下するのが楽しくて結構好きでしたが、
無事に手元に残っているペンがまったくありません。
おそらく接着式でリフィル取替えができず使い捨てだったからでしょう。
さすがに万年筆はなかったようですが、あっても面白かったかも。
そしてあったらネタにできるのに、と思ってしまった自分が
やっぱり一番問題な気もします。


スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: