スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 青色十色(あおいろといろ)~フェルメールブルーとの比較 

*画像、差し替えました!(3/3)

ナガサワの限定インク「フェルメール・ブルー」を入手した旨の記事を書いたら
レビューが見たいとリクエストいただきましたので
家らしくレビューしてみることにしました。
一応、よそのブログではどういうレビューされているのかいくつか見せていただきましたが
たいていフェルメールブルー単色での紹介という感じでしたので、
安心して他の青インクとの比較をしようと思います。

使用したのはLISCIO-1の方眼ノート。
フェルメールブルーと青墨のみ「ふでDEまんねん」、
他のインクは平和萬年筆ガラスペン中字使用。

まずはフェルメールブルーで落書き、落書き♪
IMGP6489.jpg
IMGP6490.jpg
花色っぽいかな、と私は思いました。
細めの字幅だとラピスラズリぽいとも思えます。
使いやすい色ですし万人にオススメできるかも。

そして色比較。
IMGP6491.jpg
適当に我が家にある青インクに集合してもらいました。
PELIKAN Edelsteinより、TANZANITE、SAFFHIRE、TOPAZ。
Dr.ヤンセンからナポレオン・ボナパルト、ジュール・ヴェルヌ。
WATERMANからフロリダ・ブルー。
VISCONTIからブルー。
プラチナMix Freeからオーロラ・ブルー。
SAILORから青墨。
Kobe INK物語から海峡ブルー。
PILOT iroshizukuから朝顔、紺碧、孔雀、露草、月夜
十色どころか十五色と見比べられるはず。
これでも明確に違うからと使用しなかった青系がまだいくつかあったという恐ろしさ。
そりゃ本命でない青系でこの数集まるんなら総数が多いのも当たり前というか。

……正直、あまり出回っているといえないインクも多い、
というかそんなインクばっかりというか……。
果たしてこれで皆様の参考になるかはわかりませんが、
私としましては
「あ、手持ちと同じ色がなくて、ちょっとづつ違っていていいねえ♪」
……それこそがインクを無駄に増やす原因なのですが。


ところでこの記事のためにフェルメールブルーを開封して
ふでDEまんねんにコンバータ吸入して書き始め……てふと横を見る。
なんとフェルメールブルーの瓶のふたがきっちり閉まっておらず、
インクの箱からその下においていたノートへと染み込み……。
あわてて助け出して拭いて、とかやっていたら
インクの蓋が転がって書きかけのノートのうえにインク撒きながらころころと。
……最初に書いていた分はここで悲しくボツに。
手は当然のようにインクまみれ。きゃー。
でも気付いたのがまだ早かったのと、インクの下になっていたノートの表紙と裏表紙が
ほとんど吸い取ってくれたおかげで、被害は比較的少なかったかと。
皆様、インク瓶の蓋はきっちり閉めたか確認しましょうね!
おねえさんとの約束だよ!

ちなみに大半を吸い込んでくれたノートですが、
表表紙と裏表紙、そして主に背(リングノートだったんで)が被害に合いましたが、
中身は使うのにまったく問題がなかったという。
メーカーすら不明のノートだけれどありがとう!
今度表紙カバー何か工夫するからね!

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。