2013年03月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「手紙を書こう~万年筆のために~」序 

唐突ですが新企画です。
紹介できるような万年筆が増えてないとかネタに困ったとかそれもあります(正直)が、
かねてより思っていたことをまとめてみようと思いまして。

お気に入りの万年筆があって、好きな色のインクがある。
なるべく使う機会を狙っているけれど日常使うには限りがある。
文筆関係の仕事をしているとか、毎日長文の日記を書いているとかでない限り、
「使って調整」できるほど使いこめるまでどのくらいの時間を要するやら。

じゃあ手紙を書けばいいんじゃない?
日記の読者は基本自分ひとりだけれど、読んでくれる人がいれば張り合いも出る。
誰でもいいわけでなくて、できれば親しい人に。
どうして親しい人かというと、何より気楽に始められるから。
最近は自宅の郵便受け、寂しくないですか?
携帯やスマフォにPCと、やりとりするにもメールばかり。
そこに手書きの封書があれば絶対嬉しい。
少なくとも私は。
万年筆を使えて、相手にも(たぶん)喜んでもらえての一石二鳥。
だから手紙を書こう。

字が汚い?ご安心を。
経験則から申しますと、字の汚さを気にするのは、
手紙を受け取る人よりも圧倒的に差出人本人。
要は読める字で、内容が伝わればいいんだから。
少なくとも、ゆっくり書けば多少はマシなはず。

何を書いていいか分からない?
そんなもの、共通の話題からはじめて話を広げていけばいい。
桜が咲き始めたのを見て、一緒に桜並木を通学したことを思い出したとか
そんな他愛のないことでいいと思うんですけど。
いっそ、自分が万年筆にはまっていることを書いてもいい。
そもそものはまった動機とか、こんなところが気に入っているとか。
親しい相手が楽しそうに語っていたら、ちょっとは万年筆を気にしてくれるようになるかも。

手紙の書き方(ルール)に自信がない?
拝啓の相棒は敬具、季節の挨拶も簡単でいいです。
じゃあ、こんな感じで気楽にいきましょうよ。
文字下げとか気にせずいっちゃって。

田中様

拝啓 桜の候、いかがお過ごしでしょうか?
こちらは忙しくも元気な毎日を送っています。

さて、咲き始めた桜の花を眺めていましたら、
校庭で一緒に眺めたことを懐かしく思い出しました。
それと同時に記憶に蘇ったのがあの頃の制服の色。
最近、私は万年筆を使うようになったのですが、
万年筆に使うインクの色も沢山あるのをご存知ですか?
ちょうどあの制服と同じ色のインクを見つけました。
今使っているものですが、よく似ていると思いませんか?
あの頃は(以下思い出話など)

それでは朝晩はまだ肌寒い日が続きます。
どうぞお身体に気をつけてお過ごしください。
                       敬具
3月31日
                   高瀬 あずみ


たとえ内容がメールで送るものと大差なくとも、手書きの手紙マジックは絶大です。
少なくとも私はそう信じています。
だから――。

「手紙を書こう~万年筆のために」
以下、順次更新予定。
1.便箋にこだわる
2.便箋をアレンジ
3.封筒は手作り
4.文香のススメ
5.ペンとインク
6.手紙を出そう

スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。