スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 書架(3)『ボールルームへようこそ』 

高瀬の書架、漫画第一弾は「2012年に一番夢中になった漫画」ということで、
このたびマンガ大賞堂々第二位に輝いた
竹内 友の『ボールルームへようこそ』(講談社・講談社コミックス・既刊4巻)。

ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/05/17)
竹内 友

商品詳細を見る


平凡な中学生、富士田 多々良(ふじた・たたら)は夢も熱中できるものも持てずにいた。
そんな彼が競技ダンスを知り、その魅力にとりつかれていく――。

少年漫画で競技ダンスというのが、まず珍しい。
これが少女漫画ならば過去に『PARTNER』(名香智子)なんかがあったわけだけれど。
少年漫画なら曽田正人の『昴』?(合わなかったので文庫1冊しか読んでいない……)

読者はたいてい競技ダンスなんて知らないのだが、
これがもう、ぐいぐい引き込まれてしまう面白さ。
とにかく「熱い」。
読んでいるとこちらも踊りたくなってしまう。
ワルツのステップも知らないのにね!

ストーリーとしては王道ど真ん中、多々良がやがて上手くなって
世界にも通用するダンサーになるであろうことは予想できるけれど、
とにかく出し惜しみなし、という感じ。
コミックスだけでは我慢できずに月刊少年マガジン追いかけるハメになってます。

出だしはあちこちで言われているように『はじめの一歩』に似てはいるんですが、
作者が女性ということもあってか、下品さが減ってます(笑)
デビューして初めての連載、初めてのコミックスということですが、
画力にもまったく不安はありません。
というか、ダンスシーンの迫力はただものではない!
女の子に女性キャラも可愛かったり色っぽかったり。
男性キャラも魅力的に描かれています。
個人的に萌えキャラは今のところいませんが、
多々良の成長を楽しみに読んでいきたいと思います。
今ならば4巻発売したて。
一冊だけ試しに……なんて我慢できなくなること請け合い。
ああ、次の掲載日までがまた遠いんだよ……。

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
03 | 2013/04 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。