2013年04月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 懐紙をためす 

以前こちらの記事で紹介した本『旅鞄いっぱいの京都・奈良』。
旅鞄いっぱいの京都・奈良 ~文房具と雑貨の旅日記~旅鞄いっぱいの京都・奈良 ~文房具と雑貨の旅日記~
(2012/04/05)
堤 信子

商品詳細を見る

これを読んで以来、気にかかってしまうアイテムができました。
懐紙です。
趣味のひとつが着物ということもあって、懐紙はそれなりに持っているのですが、
まあ滅多に使い切るようなアイテムではありません。
なのに本を読んで以来、ちょっと気にするようになりました。

部屋をちょっと見回してみたら、この5種類が出てきました
(他にももちろん持っているはず……)。
IMGP6625.jpg
柄物が好きなんです。可愛いのが好きなんです。
もちろん懐紙でも。

着物が日常着だった頃には懐紙を取り出してさらさらと(もちろん筆で)書き付けて
人に渡したりもしたそうですし、
堤さんのように果たして手紙(一筆箋)として使えるか検証してみようかと。

辰年に購入したと思われる絵入り懐紙です。
IMGP6626.jpg
使ったインクはBUNG BOXのL'amanですが、相当滲んでいるのがお分かりいただけますか?

もう一種類試してみました。
インクはエルバンのオペラローズ……だったんですが一行で断念。
引き続き伊勢丹三越のLight Redで。
IMGP6627.jpg
ロールケーキ柄のお懐紙、可愛いでしょう?
最初から便箋を意識して罫線があるんですが、この滲みようは……。
ここの懐紙はどれもこれもすごく可愛いのですが名前を忘れてしまいました
(だって書いてないんですよ)。
京都市内で作られているそうで、取り扱い店は僅かです。
万年筆ではあまり向かないと分かりましたけれど、
この可愛いものを諦めるのも辛すぎる。
趣旨を曲げてボールペンなら大丈夫かもしれません。

……そもそも、懐紙をわざわざ便箋にするまでもなく、
我が家には便箋などあふれかえっているわけですが(笑)

スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
03 | 2013/04 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。