2014年07月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 イロモノライフ~らいく・あ・ぺんしる編(1) 

別にこの形状は珍しいものでも、特別面白いものでもありません。
いわゆる「鉛筆風筆記具」。

わざわざそんな面倒なことしないでも、鉛筆を素直に使えばいいのにと、
言われてしまえば反論もできない(笑)
ところが職業的に使用しない一般の大人には
「鉛筆」というアイテム、意外に敷居が高いのです。

本来、鉛筆は子供~というか学童用だけに限られるわけではないのですが、
中学生のペンケースにはもう入っていないでしょう。
ならばそれ以上の年齢の人ならば余計に。

学生のペンケースに入っていない理由には
「子供っぽい、カッコ悪い」などがあるかもしれません。
社会に出てしまうとボールペンが主流筆記具ということもあるでしょう。

でも実は「削らなければならない」というのが最大の理由の気がします。
芯が折れたり丸くなったら削るしかないわけですが
それには時間と手間がかかりますよね?
ナイフなり鉛筆削りなどで作業すると削りカスも出ます。
その処理も考えねばなりません。

ところが、鉛筆という形状であるとか、木のぬくもりであるとか、
そういう点を厭う人はあまりいない気がします。
あと、やっぱり筆記具のルーツ的な親しみというか。

……とか言った考察もどきはひとまず置いておいて。
カラフルなアイテムをご紹介しましょう。
IMGP7129.jpg
IMGP7130.jpg
いかにもプラスティックかつチープ。
しかしカラフルなシンプルさが可愛いボールペン。
プッシュ式でなくキャップ式だったのが意外でした。
これはやはり小中学生の好きそうな雑貨屋で発見。
本体価格が100円でとにかく色が豊富。
ピンクもこれ以外にベビーピンクがあるし、
赤・黒・青・水色・オレンジ・緑・紫はありました。
もちろんその色のインクが入っているわけで。
ボールペンは基本黒インクしか使わないから1本に絞りました。
が、軸色で言うとビタミンカラーのオレンジとグリーンがすごく可愛くて惹かれましたね。

IMGP7131.jpg
IMGP7132.jpg
一方、こちらはシャープペンシル。
普通にノック式。普通に0.5mm。
軸と同じ色の消しゴムがポイント。
個人的に「あ、これは使えるわ」と思ったので購入。

IMGP7133.jpg
そしてわざわざこのためだけに
「不二家のペンシルチョコレート」を探しましたとも!(笑)
不二家のお店も昔より少なくなって、スーパーでも取り扱っている店が案外少なくて。
ペンより個人的にこちらの方が稀少かもしれません。
いやぁ、まだ売ってて嬉しかったです。

スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。