FC2ブログ

 赤司征十郎スペシャル(高瀬微改造) 

もう随分前のことになってしまいますが、
セーラー万年筆と『黒子のバスケ』のコラボ万年筆の記事を書きました。
要約すると「金ペンじゃないのに高い!&デザイン微妙!」
……今でもその感想は変わりませんがね?

さてその年の年末。東京にてジャンプフェスタが行われました。
少年ジャンプ関連の作品のステージイベントだとか物販とかあるんです。
興味がないとは言いません。いやむしろ過剰なほどある。
でも時期が悪いんで休めませんし、
うっかり東京なんか行った日には
文房具だの文房具だの文房具だのの散財が通常の数倍確実になされるわけで。
行かない方がいいと理性も強く言ってきます。
でも、そこに行く人があればお買い物の一つや二つや三っつや四っつ…以上、
頼むのも不思議じゃなく自然でしょう?

そんなわけで、私は『黒子のバスケ』コラボの先行販売でインクを買ってきてもらったのです。
もちろん赤司(関係ありませんが赤司征十郎が予測変換で出るのにびっくり)のインク。
イメージカラーのきれいな赤のインクで、「黎明」と名付けられています。
言葉の意味を考えると朱色っぽいとかオレンジっぽくなりそうですが、
朱ではなく赤――紅(くれない)系統の色ですね。
好みの赤です。

DSC_0690.jpg

赤インクコレクションがまた一壜増えた、ではしかし終わりません。
せっかくインクがあるのだから「赤司征十郎万年筆を作ろう!」
……こう考えてしまい、かつ実行してしまうのが高瀬です。

そこで最初に、きれいな赤い軸の万年筆を入手することから始めました。
選んだのがこちら。
プロフィットカラーの赤。
DSC_0691.jpg

きれいな赤軸には違いありませんが、キャップのリングとクリップが安っぽい(実際価格も低い)。
――赤司というキャラは、確か財閥系か何かの非常なお金持ちの坊ちゃまで。
しかもキャラの立ち位置として王様ポジ。
「赤司サマにはこんな安っぽいペンは似合わない!」
しかも金ペン以外はおよびでない。
買う前に気づけという話です。

そこで金ペン先を入手する目的で購入されたのがこちら。
プロフィット・マルーンです。
DSC_0692.jpg
赤なのか栗色(茶系)なのか、はっきりせえ、という色ですが、
ぐっと高級感があります。

ですが、プロフィット・マルーンはプロフィット・マルーンでしかなく、
赤司征十郎万年筆とは言えません。
しかもご存じかとも思いますが、高瀬は断然、プロフィットよりプロギア派。
そんな折に思い出されたのが、
新品未使用で入手だけして放置していたプロギアスリム・スケルトン。
スケルトンの軸に金トリムが美しい一本です。
スケルトンは勿論赤軸ではありません。
けれどスケルトンは自由なペン。
インクの色を最高に活かせる軸です。
これならば、クリップもリングも、ペン先すら申し分ありません。
更に、赤司はバスケ選手としてはかなり小柄。
サイズ小さ目のプロギアスリムもよりイメージに近い、はず。

ただね。
それだけじゃ赤司征十郎万年筆というのには弱い気がしまして。
気が付いたらマルーンと首軸交換という暴挙に出ておりました。
これが、私にははまりました。
もうこれでいこう。
残念ながらこの頃、市販していたセーラーのコンバーターの金属部分は銀色のみ。
JR大阪駅三越伊勢丹オリジナル・プロカラー・スケルトンからコンバーターを奪い、
コンバーターに金彩蒔絵ステッカーの桜を貼ってみました。

これで、高瀬の赤司征十郎万年筆は完成となります。
DSC_0699.jpg
NMS_0693.jpg

満足はしましたがしかし。
コラボ万年筆を素直に購入していた方が結果的に安くついたというオチでした。
DSC_0707.jpg



スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: