FC2ブログ
 2019年06月の記事一覧 

 百合に捧げる3本の剣 

「よくもまあ、家族に内緒でこんなもの…(以下略)」
と何回思ったことでしょう。
ちなみにこれが最初でも最後でもないあたりがポイント。
正直、父とは血縁を意識せずにはいられません。

はいはい、モンブランですね、限定ですね、作家シリーズですね。デュマですか。
DSC00700.jpg
DSC00686.jpg


……待て。
DSC00688.jpg
まさかの本物の三銃士とは。
はい、万年筆、ボールペン、メカニカルペンシルの3本セットでございました!

DSC00689.jpg
これがモンブランがやらかしたというサインですか。
なんでも発売当初、父親でなく息子のサインつけちゃったらしいですね。
後で回収して新しく父親のサインで作り直したとか。
息子のサイン入りの方が価値ありそうですが、
我が家にあるということからこれは父親の正しいサインと思われます。
(多分、馬鹿丁寧に交換に応じていると思う)

DSC00690.jpg
この軸は正直微妙だと思う。
なんだろう、岩っぽいから巌窟王モチーフ?

ともかく私の興味はBPとMPにありません。
DSC00691.jpg
DSC00698.jpg
これはコンデジのジュエルちゃんで撮影したものです。
苦手なペン先がんばりました。
DSC00699.jpg
クリップがサーベル柄なのが一番好きなポイントです。


デュマは、それこそ中学1年生のころに面白いからと父に勧められて『三銃士』を読みました。
マジで文学少女と呼ばれていた遠い昔です(その後転落)。
で、さすがに潔癖でして。
ヒロインのコンスタンスが「人妻」というのがどうしても納得いかなかった!
というか、ダルタニャン以外の三銃士のお相手も全員人妻ですよね?
お前らには不倫への疑問や抵抗はないんか!?
……なので、いつもなら物語にどっぷり浸りこむタイプなのにあまり集中して読めず、
更に続編を勧めてくる父にお断りしました。
むしろ『モンテ・クリスト伯』にははまりましたよ?

息子の方は『椿姫』しか知りませんが、読んだか定かではないのです。
『椿姫』に影響を与えたといわれる『マノン・レスコー』は読んだとはっきり覚えているのに。
はい、不倫よりも娼婦に抵抗がありませんでした(笑)

そんなことをつらつらと思い出しながら、三銃士たちにはよそに旅立ってもらいました。
いやだって、この万年筆149サイズだから使わないし、軸も好みじゃないし。
どう見ても私には合わないからね。
家に残すより彼らもきっと幸せになったでしょう。
めでたし、めでたし。


スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: