FC2ブログ
 2019年07月の記事一覧 

 女はそれに逆らえない 

わたくし、黒い万年筆に関心が「ほとんど」ありません。
人様が持っていらして使ってらっしゃるのを見るのは好きですが
自分のものにしたいかというと「まったく」思いません。

わたくし、キャップの頭と尻軸が丸い、
所謂バランス型に「あまり」愛がありません。
使ってみて惚れ込んだプラチナのセンチュリーのような例外はありますが、
基本、ベスト型を好みます。

わたくし、モンブランに「さして」憧れがありません。
万年筆の代名詞のようなものと分かってはおりますが、
モンブランの万年筆は私の好む可愛らしさに欠けます。
あと、お値段にまったく可愛気がないのが大きな問題。

ここまで並べたら勘のいい方ならピンと来るものがあるでしょう。
父のペン類整理の際に出てきた1本。
黒軸でバランス型でモンブラン。
普段の私ならスルー対象でしかないんですが。
発見後、すみやかに私のペンケースに引っ越していただきました。
私の手に合う、クラシック・サイズということも大きかったかもしれません。

ものすごく分かりやすい傷物
(一体何があったのかキャップリングにすごい削れ&ネーム入り)
なので売れるわけもないでしょうけれど使うだけなら問題はない。
ネームも本名でなく洗礼名だし、人に見られても平気。
DSC_0713.jpg
DSC_0714.jpg


私のそんな些細なこだわりの数々を吹き飛ばした1本は。
MONTBLANC マイスターシュテック ダイヤモンド クラシック
DSC_0716.jpg

キャップの先端にレジンで封じられたホワイトスターのダイヤモンド。
うん、それが全てです。
DSC_0717.jpg
DSC_0720.jpg

アクセサリーを選ぶ際も、私がこれまでダイヤを選んだことはありません。
ピンクトルマリン、アクアマリン、ペリドット、タンザナイト、ガーネット
このあたりがほとんどです。
つまり可愛らしくきれいで美味しそうな色目のカラーストーン。
「宝石」というにはちと格の落ちる「貴石」のグループ。
うん?高額な宝石にも憧れて欲しいと思うものもありますよ?
パパラチア・サファイヤは素直に欲しいです。
だってきれいなピンクだし!(ぶれないな、自分)

ダイヤと言ってもピンからキリまでありますので
ぷちっとしたアクセサリーくらいでしたら私にも入手は可能です。
でも本当にこれまで欲しいとも思わなかったんですね。
仕事の関係で一時期そういったものを見る機会も多かったのにも関わらず。

それが、万年筆に付いている。
何故かときめきが止められない!
指輪でもペンダントでもなく万年筆にときめくとか!
……いつの間にこんな立派な万年筆馬鹿になったものやら。



モンブラン マイスターシュテック ダイヤモンド クラシック
14K-F(多分F)
DSC_0719.jpg
両用式
モンブラン「オイスターグレイ」使用


スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文: