スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国産レトロ短軸その5(花柄追加) 

昨日はプラチナ尽くしでしたが本日はセーラー尽くしです。

smf1
smf2

最初はチューリップ。
ペン先にはJISマーク、セーラーロゴ、F-6のみ。細字。
葉や茎と同じグリーンでキャップにいつものセーラーロゴ。

smf3
smf4

次は地色がピンクがかっています。五弁の花。
ペン先にはJISマーク、セーラーロゴ、F-6のみ。細字。
キャップのクリップ裏に茎と同じグリーンで活字でSAILORとあります。

smf5
smf6

最後は小花と葉。柄の傾向が違いますね。
ペン先は18k。表記なしですが細字。
花と同じ色のセーラーロゴがキャップに入っています。

smf7

この3本はキャップにほどこされた色がぴかぴかするメタリック調という共通点があり、
短軸の終焉時期のものであったかもしれません。
ピンクの花とチューリップはシールの品番も同じなのでまったく同時期の色違い(柄違い)扱いかと。
価格はどれも3,000円でした。
首軸の色はチューリップと五弁花がほとんど同じですね。
五弁花はクリップが若干短かくなっています。
3本並べるとどう見ても仲間なのに微妙なマイナーチェンジが気になります。
あと、以前紹介した一番シンプルな柄なしのアルミキャップのものもそうでしたが、
品質表示がなくわからなかったり。
単に首軸の中に隠れているのか、はたまたただの金メッキなのか。
短軸は謎が多すぎます。


短軸のコレクションについてですが、
まずプラチナ白軸最優先。
それ以外だと花柄中心にのんびり集めていこうと思います。
しかし最初のシンプル3本は手帳用でペンケースには入れていないのに、
このままだと間もなく短軸のみで24本用ペンケースが埋まってしまいそうな?
サイズにほとんど差がないので統一感あって眺めるのには楽しいのですが、
普通の白軸用にまたペンケースを用意することになりそうです。
でももう短軸コレクションははまってしまったのでやめられそうにありません。

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。