スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カジュアルピンクな欧州ペン 

まずはイタリアの筆記具メーカーの万年筆。

borg1
borg2


「BORGHINI」との刻印がキャップにあるだけのシンプルな細軸。
ペン先はいつものことながらドイツ製。
巻きニブの一種でしょうか?
両サイドが直角に曲がっております。
当然ヨーロッパサイズのカートリッジ対応。
この長さがあればペリカンのコンバーター使えるかもしれません。
ペン先は記載がないけれどF相当とか。
分度器ドットコムで購入可能。1,050円。
金属軸らしく重みは見た目よりありますので、筆圧の低い人にはいいかもしれません。
塗装の上から金ラメが散してありますが、これが十分滑り止めになりそうな?
ところでボルギーニって茸の意味じゃあなかったかなあ?


今度はフランスの筆記具メーカー。
Maped社のFree Writerです。

maped2
maped3

大阪梅田地下の文具屋にて遭遇。
しかもセールで実売価格350円程度。
きっちりピンクもあるあたり、
こんなメーカー知りもしなかったのに私が引き寄せているのでしょうか?

しかしフレンチなイメージとはちょっと違うような気がしたのですが
これのようですね。

このペンは結構特徴があって。
まず軽い!とてつもなく軽い!
お前はフランスのキャンディか!?と言いたくなるくらいに軽い!

軸内部にはダミーカートリッジとヨーロッパショートタイプのカートリッジが。
これもこの長さあったらコンバーター使えそうなのに。
経済的という意味ならコンバーターの方だと思うのですが、
手軽さゆえかもしれません。
カートリッジが見えるようになっているのですが、何故か立体的なぶつぶつがついていて、
そこだけ見てると糸瓜のように思えてきます。

クリップは下部が楕円に空いていて、キャップ本体の突起をおさめるカタチ。
ポケットに挿したときの安定は良さそうですが、生地がどうなるか心配になります。
実際にポケットに挿すことはないと思われますので無用の心配ですが。

そしてこれまたニブはドイツ製。
字幅表記さえありませんが、太いような気がします。
最近Mくらいならずいぶん慣れてはきたのですが。


さてまたネタになりそうな出会いがあるかな?

 この記事へのコメント 

おはようございます。

見つけちゃいましたか。
思うにそれは間違いなくピンクアンテナを手に入れたということです。
びびっとくるというものです。私もちょっとだけあります。

それにしてもおフランスの万年筆さん、なんとも艶っぽい。
思わずキャラ化したくなってしまいます。
・・・と万年筆にこんな言い方するなんて私も相当ですね 汗。
>大阪のオバチャン様

見つけちゃうんですねえ。
アンテナは各種取り揃えておりまして色々ひっかかる日々です。

Mapedのペンはボンキュッボン的フォルムですから色っぽいですね。
擬人化なら家でもやってまして、
1軍2軍ははっきり言ってインターナショナルな女子校です(笑)
キャットファイトも見られる……かも。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。