スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カジュアルピンクな欧州ペン2 

引き続き我家にやってきたカジュアルペン、本日はドイツ編です。

まずはドイツの文具メーカーSENATAR(セネター)社のペン。

dc1
dc2

オク入手ですが出品者様によりますと2005年春から発売された
“Surfer”シリーズの“HOLOGRAPHY”というものらしいです。
セネター社のHPを見ましたが見つけられませんでした。
6年前のペンだから?

キャップ、首軸、尻軸がスケルトンピンクで大変きれいです。
首軸には学童ものらしく指置きガイドがあります。
(でも最近、首軸境あたりを持つのでちょっと意味ない)
胴軸はシルバーにオーロララメっぽく、ここもピンクなら良かったのに。
クリップのデザインは太めですがシンプルな美しいカーブを描きます。
ロゴの「S」が型抜きされているのも面白い。

すべてがプラスティック製なので軽い軽い。総重量15g。
ヨーロッパショートタイプのカートリッジを使用するようになっていますが、
別のペンで使う予定だった(それには使えなかった)ペリカンのピンクのカートリッジを挿しています。
問題なく使えるのですが、インク残量を見ようとすると胴軸側にカートリッジが残ってしまいます。
ロングカートリッジって半端なく長いですしねえ。

字幅はMのスティール。IRIDIUMの刻印あり。
また、ニブにはメーカーロゴ「S」がしっかり入っています。
気楽にバッグにそのまま放り込んで落書きするには十分使いやすいペンですね。
私はサファリよりこっちが好きです。


同じ出品者様から送料がもったいなかったのでついでに落札したのがこちら。
ドイツのロムス(カールマイゼンバッハ)社のペン“MINI”。

dc3
dc4

収納時113mmの非常に小さなペンでもちろんカートリッジ専用。わずか10g。
インナーキャップ以外はスケルトンで、キャップと胴軸全体にラメラメ。
このグリッターはない方が好みだったんですけどねえ。
グリッターは内部に封じられているので手触りはつるつるです。
首軸はラメがなく、一部分のみざらつきがある加工。
でも滑り止めとしてもどうなんでしょう?
刻印はクリップ上部にGERMANYとあるだけ。

ペン先はFになってますから、国産の中細くらいでしょうか。
これでもイリジウムはしっかりついています。
現地ではいくらくらいなんでしょうねえ?
現在のところ、使う予定はありません。

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。