スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 似ているけれど…… 

昨日、ピーナッツを紹介したのでその兄弟分を。

cho1

これもすごくよくできていますがやっぱり食べられません。
小さい子供なら口に入れてしまいそうですね。
でも消しゴムは美味しくないから。

載せているのはロイヤルコペンハーゲンのB級小皿。
外国の窯元は安くでB級品を売ってくれたりするのが嬉しい。
直接行かねばならないのが最大の問題ですが(苦笑)
ちなみにこの小皿はあまりにも用途がなく、これまで出番がありませんでした。
やっと出番が来たと思ったら消しゴムでごめんよ。


こちら、はじめて1月にWAGNERの大会に訪れた時も使っていたのですが
どなたもつっこんではくださいませんでした。

cho2

「和心」というアクセサリーのグループ、そこの「かんざし屋wargo」さんの商品。
ええ、かんざしなんです。
どちらかというとシルバーアクセサリーの「かすう工房」贔屓
(日常的にここの“丹頂鶴”のリング愛用してます)なのですが
万年筆を愛するものとしては行かないとダメだろう、と購入。
万年筆というよりつけペンですけど。
これは本の部分が重くて少し使いにくいのが難点です。

文房具じゃないことは目をつぶっていただきましょう(笑)
モチーフが文具ですからいいということで!

バックに写っているボトルは父が使い切ったからと捨てようとしていたのを保護。
どろどろのボトルを洗ってみて、
これが噂の「ペンマン・サファイヤ」だったのか!と驚いたブツ。
まさかこんな身近に生息していたとは。
現役の時に会いたかったよ……。

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。