スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク32号~アトリエ忠 加賀蒔絵万年筆「桜に蝶図」 

昨日ご紹介いたしました近代蒔絵の「枝垂桜」。
届いたことを評価で報告しようとオークション画面を開いて目が放せなくなりました。
桜色で桜の柄だと!?
もちろん勝負に出ましたとも。

scyou1

「枝垂桜」とは書いてある箱書きが微妙に違います。
しかし書体は近代蒔絵の方が好きだなあ。

scyou2
scyou3

木製の軸とキャップの上から桜色の塗料(材質不明)を塗り、
その上に銀箔を散して蝶と桜を蒔絵技法で描いたもののようです。
ベースが木軸ですからこちらはずいぶん軽い印象。
キャップもこちらは閉めた後に動きません。
ただ、今度はコンバーターが入らないのです。
せっかくペリカンのコンバーター買い足してきたのに……。

ドイツ製のニブで字幅表記もないのですが
「枝垂桜」はあきらかにMでしたが、この「桜に蝶図」はイリジウムの大きさからいってもFかと。
ひやひやしながらプラチナの顔料ローズピンクをカートリッジにつめて使用中。
プラチナのペン先だったら最高なんだけど交換できないものですかねえ?
これもキャップのポストができません。


アトリエ忠 加賀蒔絵万年筆「桜に蝶図」(山中塗り)
ペン先:スチール 金色メッキ仕上げ F
ボディ・キャップ:木軸に漆、蒔絵金箔加工
クリップ・リング:金色メッキ加工(真鍮製?)
収納時約146mm、筆記時約124mm
ヨーロッパショートタイプカートリッジ式(コンバーター不可)
キャップ嵌合式

Platinum PIGMENT INK ROSERED 使用

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。