スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国産レトロ短軸 プラチナポケット 

うちのブログをよく見てくださっている方はお気づきかもしれませんが
ただ今「毎日更新キャンペーン中」です。
なのでこれまで数がまとまってから紹介していた短軸も
随時紹介に変更していきたいと思います。

tsuru1
tsuru2

プラチナ・ポケットの典型的な花模様の1本です。
ペン先は14kの細字。
それこそこれだけで文字紹介が終わってしまいそうなペンですが、
我家にやってきた10数本の短軸の中で
最高値の5000円のプライスがついております!
……そう書いて調べたら55号の花束柄のものも5000円でした(汗)

ですがクリップやリングに共通点の多い58号のイチゴ柄は3000円。
販売年代が違うということで納得するしかないのでしょうか。
短軸って本当によくわかりません。

でも使ってみると手軽さや軽さ、何よりも書きやすさが魅力で、
もうこれだけ集まれば使い切れないことは自分でもわかっているのに
つい探して見つけたら保護してしまう。
当時のままの値段でさえも今だとお値打ちで買いやすいというのも
大きな魅力のひとつですけれど。


ところで三越の万年筆祭にてプラチナの短軸9種類が発売されると
『趣味の文具箱』に掲載されていましたが
白い琺瑯調のシリーズの画像であったため、行きたかったと歯噛みしました。
入手された幸福な方、
もしよろしければオク出しとか直接交渉とかお待ち申し上げております(笑)
パンジーと紫陽花とハイビスカスと楓とてっせんとー……

 この記事へのコメント 

かわいいですね。
この柄は知らないです。
色々あったんですね。
首軸の(ニブに接したところの)形からして、イチゴ柄等と同じころのペンでしょうね。
ショートタイプは昭和55年以降はあまり見かけなくなったと思います。

にわかにショートの人気が高まって中古でも品薄、高騰しましたが、少し前まではデッドストック半額、なんていうのもちょくちょくありました。
色、柄ともバラエティに富んでますし、やっぱり人気出るのわかりますよね。
私は、このプラチナのちょっと斜めになったキャップや尻軸の形が好きでした。
>真子様

次々と知らない柄が出てまいります。
一体、3社でどれだけ出ていたのでしょうねえ。
イチゴ柄はまったく同じシリーズおようなのに、手持ちのシールは3000円なのです。
長いスパンで発売されていたから……にしては価格差が大きいような?

> ショートタイプは昭和55年以降はあまり見かけなくなったと思います。

私が中学入学祝いにもらったのはすっとしたストレートタイプでしたし、
たぶん爪ニブじゃなかった気がします。
周囲でも持っている人は記憶にはないのです。

> にわかにショートの人気が高まって中古でも品薄、高騰しましたが、少し前まではデッドストック半額、なんていうのもちょくちょくありました。

こういうものこそ復刻して欲しいところですが。
プラチナの周年記念にでも期待しましょうか。
でも数年前、デッドストック大量放出してるみたいだし期待薄でしょうか。
はまったのが遅くて悔しいですね。
万年筆人気が高まって、昔のように色んなショートのペンが定番化してほしいですね。
今まで重厚なペンが多かったから、男性中心の万年筆ブームになりましたが、こんなかわいいペンが出てきたら、必ずや女心をつかみますよね♪
金ペン付いてこのお値段なら軸色揃えますよね。
キャップをあけるとピンクや白や水色・・きれいな軸が顔を見せるとワクワクしますもの。
>真子様

万年筆人気を高めるには日本だと
やはり有名人が使って広めるでもしないことには難しいのではないでしょうか。
洋服などの流行もそうなのですが、
まず10~20代に流行したものがわずかに遅れてその上の年代に展開します。
ですからAKB48のメンバー間で流行ってくれたりしたら期待できるんですが。
後は企業の宣伝力か女子高生あたりのクチコミか……。
とにかく一度でも触って使ってもらえたら可能性はありますよね。
だってこんなに可愛いし!
>真子様

コマーシャルも大切ですが、商品の見栄えといいますか。
万年筆はなんとか生き残っていますし、文具好きならばそう遠くない世界。
デジタルが席巻しているとはいえ毎日アナログ文具を使用する学生をターゲットにするには
「可愛さ」をアピールする必要があるでしょう。

万年筆を手にする理由はひとそれぞれでしょうけれど
例えばペン・インク・ノートを同一コンセプトで揃えてギフト対応にするなど
方法はあると思うのですよー!
万年筆にはまる前からCampo Marzioのペンは可愛くってずっと気になってましたし。
色・柄・デザインは重要!
サファリとかプレラにはその可能性が特に高いので期待しています。
実際Rolbanのノートとの色を合わせたギフトなどおしゃれ♪
まず認知されればと願います。
ショート復活はその後でもいいので。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。