スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンクの……これもまた文具 

殻というかケースだけで何かわかる方も多いと思います。

hanko1

朱肉いらずの便利はんこ、シャチハタのネーム印。
中身が透けて見えますが……

hanko2

ピンクですよ、ピンク!
「name9 きせかえパーツ」の存在を先日知って欲しいと思っていたのですが、
その店ではピンクのキャップが品切れで諦めたのです。
しかし待てば海路の日和あり?

hanko3

花柄の「高瀬」印来ました!
実はこれ、誕生日プレゼントでいただいたものなのです。
高瀬はHNで本名ではないので、もちろん判子など持っていなかったのでこれは嬉しい!
落款代わりにしようかとか楽しく迷っております。
とりあえずスペースがちょうどいい「丸善 萬年筆物語」にぺたぺた押して遊んでいたり。
満寿屋の原稿用紙も良いですが、萬年筆物語はデザインと価格が魅力的。

ところで調べたら「プチネーム」というのも可愛らしいですね!
ストラップ付けて使用してたら絶対キャップをなくしそうですが。
シャチハタ付きのペンも便利だと使っていた同僚もおりましたが
そちらには惹かれなかったのです。
だって筆記時のバランスが気になって。

アニマル印も欲しくて作ろうと思っていたこと思い出しました。
犬とか猫とか選べるのです。
めちゃくちゃ可愛い。
スタンプの類って押して遊ぶの楽しいから困る。
実用とどんどん離れていきますが、せっかく判子という文化があるのだから
もっと遊んでいいと思うのです。

ちなみに友人が作ってくれた消しゴム判子はクオリティ高すぎ。
友人2が作ってくれた篆刻もレベル高すぎ。
不器用な私の周囲に何故そんな器用な人ばかり……。
機会があったら(発掘できたら)また紹介します。

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。