スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク34号~MARLEN NATURE CAMELLIA 

これはピンクの範疇に入れていいものか悩みましたが
私のピンクセンサーに反応した代物なのでピンクということで。
年頭くらいにネットの海で見かけたものの
完売という言葉に涙を飲んだ1本が縁あって転がり込んで参りました。

came1

素気ないほどシンプルな、どこか古びた感じのケース。
中身を引き立たせるという意味では間違いではないでしょう。
デルタのヴィンテージ、グリフォスのスフィンクス、モンテグラッパのミクラ、
ビスコンティのディヴィーナ・ロイヤル――に続く5本目のイタリア製万年筆です。
1メーカー1本ずつというのもピンク漁り故。

came2
came3

マーレンの万年筆と言えばゴージャスというか装飾過多なペンを
思い浮かべる方も少なくはないと思います。
けれどこのネイチャー・シリーズは比較的シンプルな「軸色で勝負」な感じ。
ネイチャーという名であってもこれは旧シリーズのものらしいです。
ケースの古めかしさも納得。

came4

購入する前のポイントは軸にあったはずなのですが、
いざ手元に届いてみるとこのペンの魅力はキャップに集中していると言えるでしょう。
多色にきらめくまるでゼリー寄せのような、万華鏡のような美しさ。
リアヘビーが苦手なのでこのサイズならば通常はキャップをつけずに筆記するのですが、
どうしてもキャップを目に入れたくて、少し無理してキャップをポスト。
本来ならば私を十分に魅了するであろうグラマラスなラインの軸さえ
なんだか添えもののような、脇役のような……。
軸に透明感があればもっと満足できたのですが。

現行のネイチャーは金ペンですがこれはスティール。少し硬めでしょうか。
デザイン性の高い大型のニブがついています。
尾銓をはずすと吸入のための棒が顔を出す仕様。
インク窓がないので残量確認に少し不便ですが
それを補って余りある、ひんやりしたデザートのようなキャップの魅力に満足。

カメリア――椿はちょうどこれから見頃を迎えます。


Marlen “NATURE”Camellia
ペン先:スティール M
ボディ・キャップ:アクリルレジン製
天冠・リング:Silver925
収納時約129mm、筆記時約154mm
ピストンフィラー式
キャップねじ式

Dr.Jansen 「Edgar Allan Poe」使用
軸色に合わせるならYARD・O・LEDのClaretがぴったりなのですが
キャップの中で一番目立つ緑に合わせてインクを選びました。


 この記事へのコメント 

美味しそうな万年筆ですね。^^
上等な羊羹かナントカかんで有りそうな色合いに見えます。

実は私、殆どカラー軸というものを持っておりません。
見渡す限り金物と黒ばかり(あずみさんとは完璧住み分け 笑)なんですが
こちらにお邪魔しているとよろめきそうになります。
くわばらくわばら。
このペン入手されたんですね!
以前、インターネットで写真を見て、なんてきれいなペンだろうと思っていました。
すぐに見かけなくなってしまいました。
自分で持っていなくてもあずみ様のコレクションを拝見していたら所有したような錯覚に陥ります(笑)
>大阪のオバチャン様

イタリア万年筆は何故か美味しそうなものが多いですよね。
食にこだわるお国柄のせいでしょうか?

お持ちのカラー軸……ブルーペリスケとサファリのどれか、
だったような記憶が……。
サファリは今度出るというアクアマリンがきれいでおすすめ。

住み分けも無駄な争いを回避できてるのですけれど
色軸の楽しさは人生の幅は広げませんがペンケースの中身を華やかにします。
せっかくの春ですし、1本いかがですかー(笑)
>真子様

はい、入手できました♪
無理かと諦めていたのですが。
実物はすごく美味しそうですよー♪

> 自分で持っていなくてもあずみ様のコレクションを拝見していたら所有したような錯覚に陥ります(笑)

デートが実現しましたらぜひ試筆してやってください。
その時は色々持って行きますから。
それまでしっかり療養してお待ちください。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。