スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『紅十色』第二回 

本日は「さくら桜」と題しまして。

cherryb1

モンブラン シーズンインク「SAKURA」
ナガサワPenStyle kobeINK物語「王子チェリー」
セーラー色織々「桜森」
&比較対象として気になるかな、ということで
セーラージェントルインク「ピッシェ」の4色。

使用用紙並びに使用ペン、撮影状況は第一回と同じ。
Liscio-1、PILOT萬年筆用箋、ツバメフールス、ミドリMD用紙。
ふでDEまんねん(若竹)をツケペンにて。
曇天の日中戸外にて撮影。

注意:ツバメフールスをまだ一部フルースと書き間違っております(汗)

cherryb4

Liscio-1、滲み女王(モンブランSAKURA)の滲みっぷりが見事なほど。
発色そのものはどれも悪くはありません。
こうして書くと「王子チェリー」は数回後に登場予定の「SweetLovePink」と似てるかも。
「桜森」と「ピッシェ」だと「桜森」の方が濃く、やや黄味が強いです。
「SAKURA」は裏抜けしかけています。相性最悪なのでしょう。
他の色では裏抜けはありませんし裏写りもほとんど見られません。

cherryb5

PILOT萬年筆用箋でも「SAKURA」は滲んでいます。
この紙だと「桜森」より「ピッシェ」が赤味が強いのがわかるかと。
「王子チェリー」はマイペースに見やすいです(笑)
滲みと裏抜けはありませんし裏写りも僅かです。

cherryb2

ツバメフールスだと滲み女王もおとなしく、「ピッシェ」と似た色目に見えます。
「桜森」が意外に鮮やかに出ました。
「ピッシェ」の視認性がよくありません。
滲みと裏抜けはありませんし裏写りも僅かです。

cherryb3

ミドリMD用紙だと滲みませんでした!
「SAKURA」「桜森」「ピッシェ」が細字だとよく似て見え、
紙がクリーム色ということもあり視認性は低めです。
滲みと裏抜けはありませんし裏写りも僅かです。


今回の感想ですが。
「桜色」と言うには濃いですがトータルで「王子チェリー」が使いやすい色ということ。
他の3色は紙質や紙の色に左右されますが「王子チェリー」は視認性と発色性にすぐれています。
「桜森」と「ピッシェ」は肉眼で見ると差がわかりますが
微妙な差であることに違いないので細かいことに拘らない人ならば
どちらか1色持っていればよいかもしれません。
個人的には甘さのある「ピッシェ」の方が好きですが。


3日に第一回目のお花見に行って来ましたのでおすそわけ。
花冷えの寒い日で午前中はずっと曇天でしたが。

hanami1

これは京都府立植物園。
全体に三部咲きですが、このように咲いている木も。
植物園の桜は例年開花が早めです。

桜が咲くとたぶんどこかの箍がはずれるようで何度も出かけます。
ただ一般の人の「花見」とは定義が違うかも。
デジタル一眼持った着物集団が昼間、料亭のお弁当など持って回遊することだから。
宴会もバーベキューもNG。飲む人は飲んでもいいけど歩き回るのでおすすめできず。
昨日は100枚しか撮影していないのでこれからが本番です。
御室の桜が散るまでの半月勝負。
花の画像ともしばしおつきあいを。

 この記事へのコメント 

楽しく拝見しました。
ピッシェと比べると、桜森の方が若干黄味がかっているのですね。
私はピッシェは、ロングプロダクツの桃花万年筆に入れていますが、割合色が濃く出ます。
手紙(私信)にも抵抗なく使えるピンクですね。

モンブランの「SAKURA」は、昨日話題になった桜色(実は茶色)とは別ものでしょうか。
香りはあるのでしょうか。

私は「一目千本桜」インクを持っていますが、夏にも爽やかに使えそうな、涼し気な淡いピンクです。
王子チェリーより青みがかっています。
とても透明感のあるインクです。
以前から足繁く通わせて頂いております。
万年筆に興味を持ち始めてからほんの3ヶ月足らずの初心者なのですが、好みの色系の違いはあれど、高瀬様の万年筆のコレクションの傾向が自分の好みに近い点もあってとても参考にさせて頂いております。
数日前唐突に「桜色のインクが欲しい」と思い立ち、どれにしようか過去完売した限定インクはどんなものだったのだろうとあれこれ悩んでいたものですから、本日のエントリーはずばり知りたかった内容にぴったりで、勝手ながら感謝をお伝えしたく、初めてコメントさせて頂きました。
すごく分かりやすい比較と記事をありがとうございます。
モンブランの桜にかなり興味があったのですが、王子チェリーを買うことにしました。
ただ、モンブランの桜ボトルの可愛さはちょっと諦め難いものもありますね(笑)
>真子様

どうしても実物そのものをお見せできないのが苦しい企画ですが
楽しんでいただけたら励みになります。
何せ持ち主ですら「どこが違うん?」って色が続出ですので……。

私はピッシェをグランセ桃(14k、F)に、桜森をロングプロダクツの桜(ペン先はセーラーの14k、F)
にて使っていますが、おそらく使っている本人しか区別がつかないかも(笑)

> モンブランの「SAKURA」は、昨日話題になった桜色(実は茶色)とは別ものでしょうか。
> 香りはあるのでしょうか。

別物です。
「SAKURA」はピンクで香りは甘めです。
名無しの赤箱さんは赤茶色で濃い香りですよね。
今度、このふたつの比較もしてみましょう。
香りはお伝えできませんが……。

> 私は「一目千本桜」インクを持っていますが、夏にも爽やかに使えそうな、涼し気な淡いピンクです。
> 王子チェリーより青みがかっています。
> とても透明感のあるインクです。

それ、とても欲しいです!
もしや仙台の文具の杜のですか!?
流通等が落ち着いたら注文したいと思っているのですが。
>あおぞら様

はじめまして!コメントありがとうございます♪
私もまだようやく半年の初心者ですからお仲間が増えて嬉しいです。

> 好みの色系の違いはあれど、高瀬様の万年筆のコレクションの傾向が自分の好みに近い点もあって
ずばり、寒色系のきれいな軸がお好きなのではないですか?
いえなんとなく。違っていたらすみません。
偏った好みではありますがお役に立てれば何よりです。

桜のシーズンだからこそ桜色のインク!
王子チェリーは年末に発売されたばかりですから、まだ入手しやすいと思います。
明るくてほんわかさせてくれるキュートな色です。
セーラー系なのでインクフローも良いですし、ペンにもやさしいかと。

モンブランの「SAKURA」はですね、たしかにあのボトルがすごくいいのですが。
それにしてもぼったくりだろうと思う価格です。
売価4,000円って、30mlしか入っていないのに(´・ω・`)
でも好き……。惚れた弱みに近いかも。
色も紙によって見え方が変わりますが、私が日記に使っている伊東屋のノートでは
かなり赤味の強い色に出ます。

またお気軽に書き込みいただけると小躍りして喜びます。
モンブランのさくら、やはり別ものでしたか・・・。
よもや2種類あるとは思っていなかったものですから、届いてから趣味の文具箱に載ってた色とちがうなあ??と思っていたのです。
「SAKURA」美しいです。
匂いもこちらの桜(茶)色は、ずばりバニラです(笑)
お値段はやはり4000円しました。
「さくら」と思うと辛い(泣)ですが、茶系といてはいい色ですから、秋に取っておきます。

そうです。一目千本桜は、仙台の文具の森さんのです。
東北地方の物を買おうと思って、最近購入しました。
少し前から、通販も再開されています。
昨日、東北の酒屋さんが、自粛より東北のものを買ってくださいと言われているのを、ニュースで見ましたね。
被災されている方の事思うと、趣味のものを買うって申し訳ない気もしたのですが、少しでもお店の支援になれば、と。(といっても微々たるものですが・・・。私は、お酒は飲めないので、万年筆・文具・古書などの分野で)
大橋堂さんもお店を再開されたら、お買いものしたいと思っています。

ピッシェはインクフロー普通のペンに入れれば、ホントにかわいい桃っていう色ですよね。
インクフロー、ニブの太さ、紙によってインクは全然違う顔をみせてくれますよね。
これからも、どんなインクが登場するか、ワクワクしています。
レスありがとうございます。
ずばりご推察の通りです(笑)
寒色系の、特にきれいな深めの青が好きです。
青寄りの紫や白も好きなので、高瀬様のコレクションを拝見して「これ素敵!」と画面にくぎ付けになったりもしています。
形の傾向が細身のベスト型、クリップは玉無しの方が…、なんて辺りも似ていると勝手に思っております(笑)

真子様と高瀬様のコメントを拝見して、青寄りという「一目千本桜」に興味深々になってしまいました。
ピッシェより薄いピンクのようですがいつかは私もお目にかかってみたいです。
>真子様

モンブランの2つの「さくら」、
発売当初は万年筆にまだ関心がなかった頃ですしよく経緯が分からないのですが
友人がやはり両方所持しておりまして、
当時赤茶は「さくら」としてでなく、
ただの限定インクとして発売されていたみたいなのです。
まぎらわしい……。
でもあの丸い瓶はとても好きなので許してしまったのですが。

仙台の文具の杜、再開されていたのですね!
欲しいとは思っていてもしばらくは買えないだろうと思っていたのです。
私もささやかながら経済を回すお手伝いをしたいので
さっそく注文しようと思います。
教えていただいてありがとうございます!
私もお酒は飲めませんのでそちらはお好きな方におまかせいたしましょう!

インク比較、次は黄味の強い赤のグループをと考えています。
ただ今準備中です!
>あおぞら様

勝手な想像が当たっていたとは!
いえ、赤系ならばピンクとも近いし……じゃあ青や緑?
という単純な考えだったのです。

きれいな深めの青というと文栄堂のプロギア瑠璃のような?
はたまたデルタのマリーナ・グランデのような?
魅力的なものが沢山ありますよね!

> 形の傾向が細身のベスト型、クリップは玉無しの方が…
まったく同意です!
すっきりした印象になるから、ではないかと思うのですが。
もっと増えると嬉しいですよね。懐には打撃ですけど(苦笑)

「一目千本桜」、真子様に教えていただいた通り、
現在入手可能のようですし、どんな色か自分でも確かめたいです。
一足先に入手できるようならまたどれかと比較してみますね!
あずみ様、あおぞら様、一目千本桜、本当にかわいいピンクです。
ピッシェが暖色系としたら、一目千本桜は寒色系。
桃花のほころび万年筆の軸色とよく似ています。

あおぞら様は青系軸がお好きなんですね。
青も魅力ありますよね。宇宙のような深海のような。
私はペリカン#500のブルーストライプ、ブルースケルトンしか持っていませんが、カラー軸の誘惑は大きいです。
>真子様

> ピッシェが暖色系としたら、一目千本桜は寒色系。
> 桃花のほころび万年筆の軸色とよく似ています。
ものすごく好きなタイプかと思われます。
なるべく早く注文することにしましょう♪

「透明感がある」というのもポイントですから
青く透けるようなペンは見るのが大好きです。
ピンクよりはるかに、選択肢が多いのも贅沢な悩みかもしれませんね。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。