スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク38号~ACTクリエーターズボックス オリジナル・ピンク 

三泊四日で帝都出撃しておりました。
限られた時間の中でスケジュールを組んでみると、
パイロットのペンステーションは祝日のためお休みで泣きました。
みてもらいたいペンがあったのに。

それはともかく、東京に行くならばどうしても行ってみたいお店が。
それが蒲田のACTクリエーターズボックス。

どーむ様のこちらの記事でまず知って。
セーラーの万年筆とインクに力を入れているお店らしいと。
さらに、ブログを通じて知り合った方から
「オリジナルのピンクがありますよ」
と教えていただいたりしたものだから、
どうしても行ってみたかったのです。

調べてみると宿の最寄駅から16分。
同行者を引きずってきゃっほーい♪と訪れましたよ、初蒲田。

で、万年筆ゾーンに突入したならばです。
ピンクありました。
でもこれ、持ってるオペラローズに酷似しすぎてませんか!?

あいにくオペラローズは持ってきてなかったので比較することもできず。
しかし次にこの店に来られる機会はないかもしれない。
後になってするから後悔というのだ!
……ということでお持ち帰り決定。

さて帰宅しましてすぐに2本のペンを比較してみます。

act1
act2

まず新人さんのみで。

act3
act4

そしてオペラローズと並べてみます。

区別つかねーっ!!!

オペラローズは静岡の文具屋さんからネット購入したものだったのですが
もしや同じ系列だったのでしょうか。
それともこんなにそっくりでも、偶然注文が重なっただけなのでしょうか?

act5

あまりにも同じ仕様のため、オペラローズのキャップ天冠にシール貼りました。
シールがない場合、字幅が違うペン先を見るしか区別しようがないもので。

まあ買わないで帰ってきていたら
「やっぱり違う色だったかもしれない」
とか悶々としてしまったのは想像つきますので
たとえ同じ色であったとしても!
私は後悔しないよ、しくしくしく。

act6

スペック等は省略!


10,000Hitプレゼント企画実施中です。
ご希望の方はお早めに♪


 この記事へのコメント 

あずみ様

お帰りなさいませ。そして、東京遠征お疲れさまでした(笑)。
しかも、蒲田迄行かれるとは相変わらずのバイタリティですね。
ところで、この万年筆多分同じ商品だと思われます。
といいますのも、1月か2月に静岡のパルシェのACTの店頭で偶然私も見つけました。
その時は、オリジナルではなくて、普通に出ていたデザインなのねと思い、納得していたのですが、今回、どーむ様のブログでオリジナル商品だった事が判明しました(笑)。

多分、浜松のお店も系列店なのでしょうね。
字幅が違うとの事ですが、EFでしょうか?
21金のEFの書き心地は如何ですか?
興味津々です。
又、感想をアップしてください。
>puck様

ただいまです。
別物と思いたいのは重々なのですが並んだ姿は寸分たがわず同じで。
系列店と考えるしかないかと思います。
蒲田の店頭で聞けばよかったのですが
いっぱいいっぱいでそこまで頭が回らず……。
まだスリムミニなので痛手はそれほどではない、というのにすがりたいです。

ペン先は14kのMFですので特別変わったものではありません。
21kはMFとMしか持ってないんですねえ。
次に機会があれば21KのEFを狙ってみたいと思います。

オペラローズはFでしたし、それが救いと言えば救い。
蒲田の店頭にはMFしかなかったのですが
MFは一番使いやすい字幅なのに人気がないのは残念ですね。
悔しいので普段にばりばり使ってやろうと思っています。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。