スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Pelikan M320 Rubinrot 

m3201
m3202

まったくの予定外でした。
私は万年筆にはまったものの「基本はピンク」です。
比較的に他の色に食指は動かない……はずなんですが。
この子はオークションの画像を見てひとめぼれ。
で、きっと高値更新されるだろうと終了10分前に入札してみたら。
落札できてしまいました……。

私は何しろ初心者ですから、
これが日本発売が遅れに遅れているブツだなんて知りませんでした。
ただ、軸の色が。
透き通ってきれいで。
そしてサイズの小ささがいいなと思って。

実物もそれはもうきれいです。
光にかざすと透ける色はまさにルビーレッド。
それもピジョンブラッドクラスではないですか?

軽くて小さくて。
しかしそのボディからは想像できない字幅の太さ。
小柄美人の声が超低音なくらいの違和感。
サイズはまさに手帳用なのに、これでは手帳に使えません。
とりあえずノートに書散らし。

小型のペン先はやわらかくて。
書き味は悪くないだけに字幅が少し惜しい。
でもこのサイズなのに吸入式なのもすごい。
もっとも、それほどたくさんのインクは吸ってくれないけれど。

このペンを見ていたら久々に赤いマニキュアが塗りたくなって、
買いに走ってしまいました(笑)。
ロングタイトの似合う女性とか、織りの着物の似合う女性がふさわしいイメージ。
そのどちらでもない私が持ち主になっても許して欲しいです。

*ペンクリニックで少し削ってもらいました。満足。


「ペリカン ワンタイムエディション M320 ルビーレッド」
ペン先:14K F 
ボディ:アクリルレジン
収納時約110mm、筆記時約132mm
吸入式

J Herbin 1670 使用


 この記事へのコメント 

これがホントのルビーレッドですよね。
オレンジもグリーンも、きれいなあ~と思いつつ何とか見送れましたが、これは欲しい!と思いました。
しかし、まさかの色柄変更・・。
でも、買いました(笑)
当初のようなルビーレッドではありませんが、眺めていると薔薇の花びらを軸にぎゅっと詰め込んだようで、これはこれでアリかな、と。
わたしはローズと呼んでいます。
どう見てもルビー色じゃないですし(笑笑)。
でも、キャップを電灯に透かすと、ピンクがかった深紅になり美しいです。
モンブランのラブレターインクが色も香りもピッタリです♪
>真子様

まさかの軸変更でしたね(いや当時は知りませんでしたけど)。
日本からの注文がものすごく多くて、当初のレジンが足りなくなってしまったのかな~と推測。
ともあれようやく流通するようになりましたし、
小さくてきれいですから、自分用とかプレゼント用に万年筆に無縁だった人にも
広がるきっかけになればいいと思います。

手持ちのルビーレッドと新しいルビーレッドを並べて写真を撮りたいですけど
さすがにもう1本購入する余力はありません(笑)
でもあのハートのギフトボックスはちょっとときめきます。
(海外用だったので私のはおなじみのペリカン箱だったので)

軸にあわせてインクを入れたい気持ちがよくわかります!
「ラブレター」はローズカラーのペンにぴったりだと思います。
インクを交換した後どれだけ洗っても香りが残る危険があっても大好きです。

ルビーレッド>オレンジ>グリーンなのでグリーンは未だ悩み中です。
エーデルシュタインのアヴェンチュリンが似合うとか思うのですが。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。