スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 PILOT William Morris Collection Gray 

以前W.Morrisの万年筆をご紹介しました(こちら)。
このペンがシックな軸色や柄も良いし、書き味も良いしと
ついつい手が伸びる1本になっております。

そうなると当然、他も手に入らないかなーとか思うわけですよ。
今回ご紹介するペンはそうやって私の網にかかったもので
ヤフオクでジャンク4本セットという形で入手しました。
画像で見る限り目的のモリスは問題なさそうだったので大喜びで落札。
届いたペンを全部洗浄してさて……
あ?キャップしまらない?

手持ちの赤より古い時期のものと推測していたのですが
比べるとリングパーツがないのかな?
キャップしまらないと使えないし……
ということでしばしお蔵入り。
こういう時にパイロットのペンクリがあればいいと思うのに
ないんですねえ。

そこで東京のパイロット・ステーションに持ち込めるかもと
GWの帝都行きの際に一緒に連れていきました。
しかしGW真っ只中とあっては目的地はお休み……。
落胆しつつ同行の友人に見せていると。

ごそごそ。ぱちん。
「はまったよ~」
なんということでしょう!
私はてっきりリング同士が重なる形でしまるものだと思っていたので
そこまでぐっと奧に差し込まなかったのです!
つまりこれはジャンクでないということ……。
おそらく出品者様も私と同じ勘違いをされていたのではと思います。
届いた時にキャップゆるゆる状態でしたから。

あいにく軸が細すぎてですね。
CON-50は使えない(CON-20は未確認)のが残念ですが
空にしたカートリッジに入れる色は入札した時から決めていました。
iroshizukuの冬将軍。
まさにこのペンのためにあるようにぴったりです。

morrisg1
morrisg2

グレイと黒と金でまとめられたたいへんにシックで
鉄ペンですけど十分書きやすい魅力あるペンです。
ダークレッドより更に細身で
パターンは胴軸とキャップ全体にあります。
首軸が黒なのもこのペンにはよく似合っているかと。

下敷きにしているのは先日入手したモリスパターンが表紙の
ハードカバーノート。
中身はごく普通な感じですけれど。
本当は3月上旬にモリス関連の展覧会に行ったので
レターセットなども持っているのですが
今手近にないもので……。

morrisg3
morrisg4

先に入手していたダークレッドと。
シックなトリオです。
ノートはこの2本に一番似合いそうかな?
という柄を選んだつもりです。

morrisg5

ところでこのグレイはW.Morris Collectionとしては
どうやら第二期のもののようなのです。
そしてですねえ。
第一期と第二期にはどうやらパステルピンクがあるらしい……。
欲しい。すごく欲しい!
ということで、ささやかに言霊さまに訴えておくことにします(笑)

欲しい候補
コンウェイ・スチュワートのディンキーのシルキィ・パープル。
ウォーターマン、レディ・アガサのブルー・パープル。
パイロット、W.Morris Collectionのピンク!
上2つは難しいと思うので年単位覚悟してますが
モリスならいつでも見つかっていいと思うのですけどねえ?


V&A ウィリアム・モリス・コレクション(パイロット製)
ペン先:合金 F(ペン先刻印は「VA」「<F>」のみ)
キャップ・胴軸:真鍮(?)にラッカー仕上げモリス・パターン入り。
首軸:樹脂
金属部分は金色メッキ仕様
収納時約134mm、筆記時約148mm、本体のみ約122mm
カートリッジ式(CON-20未確認)

パイロットiroshizuku 冬将軍をカートリッジに詰めて使用

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。