スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 観賞用万年筆~デコってあります 

常にブログネタになる文具はないかと
日々アンテナをはりめぐらしているわけですが
あくまでも当ブログのメインは万年筆なわけで。
使うかどうかは別にして万年筆であることが大事だと思っているわけです。

さてそんなある日。
オークション画面を見ていたら「ネタ発見♪」
終了時刻も近く、しかも安いものだから気楽にそのまま入札、落札。
まあ、この見事なネタっぷりをご覧下さい。

deco1
deco2

びっしりとラインストーンで飾られた万年筆。
ほほう、ご苦労だねえとキャップを開けてみると
プレラなどでおなじみのパイロットの鉄ペン。

で、万年筆の場合コンバーターが挿せるかが私にとって重要なので
首軸をはずそうと思いました。
……はずれません。
しかも力を加えたことでラインストーンがいくつか落ちました。
そして手にインクの汚れが。
どうやら黒のカートリッジを挿したままのようです。

ペンをよーく見ると。
パイロットに多い丸玉クリップ。
その下にはアルミらしいキャップとボディ。
クリップはかなりくすんでいます。
セーラーやプラチナならば100円均一でもペンを見つけられるとは
聞いたことがあるのですが、パイロットにあったかしら?
それともものすごく古いペンを大量に入手したとか?

とにかく、カートリッジのインクがなくなればこのペンは終わりです。
それが過失なのか最初からなのかはわかりませんが
私にこのペンが使えないことだけは確かです。
だって絶対。
首軸をなんとかはずせないかいじって、
いたずらにラインストーンを落としそうだから。

別に文句を言いたいわけではないのです。
時間がなかったからとはいえ、
ペン本体への説明文もなかったのだから
質問すればよかったのにしなかったのだから。
使えなくても惜しくない値段でもありますし。
何より、過去に携帯をデコった経験があるので
びっしりとラインストーンを貼るだけで大変なことも、
とんでもない数を使うことも知っているので。

更に。
漱石以下で送料込みでこんなおまけまでついてきちゃあ
言える文句などないのです。

deco3

カードケースも使う予定はないので、
このふたつはビニールに入れたまま保管することになるでしょう。
無駄な買い物と言えるかもしれませんが、
なんというか「その努力、買った!」という気分なのでした。

しかしです。
ラインストーンって結構簡単に落ちるので
カートリッジのインクがなくなるまで使うとしたら
まなりハゲハゲになってしまうと思われます。
やはり使い捨てなんでしょうね。

 この記事へのコメント 

これはまた、みごとなデコレーションですね(驚)
カートリッジ終了後使うとしたら、付けペン方式でしょうか。
黒インクになちゃいますが。
このペンこそピンク入れたいですね。
でも、眺めて楽しむペンがあってもいいんですよ。
時々出してにんまり、と。
少し前から時々拝見しておりました。

このペンは、Vペンではありませんか?

http://www.pilot.co.jp/products/pen/sign_marker/sign_pen/vpen/index.html

アルミ軸でしたら、違いますが・・・。
>真子様

私にはできない作業です。すごいですよね。
最初に計算しないといけませんし。

使うのは怖いのでそのままの予定です。
ただもっと自分好みに改造したいとか無謀で危険なことも考えてしまいます。
>KITA様

コメントありがとうございます。
Vペン!
名前は聞いたことがあったのですが手にとったことがなくて。
アルミかどうかはわからないのですが
地が銀色なのでそうかと推察しただけなのです。
首軸の感じもそっくりですのでVペンのような気がします!

まだまだ知らないことばかりですので
また何かありましたらよろしくお願いいたします。
すごくすっきりしました!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。