スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 CRYSTAL LAKE~奴の名は本栖 

ペンハウスのメルマガで知ったものの、あっという間に予約分完売。
それが7月1日発売のプラチナの限定。

プラチナは短軸と革のいかれたシープ、
そしてセルロイドサクラしか持っていないけれど
その書き味のよさ(ちょっとサリサリ硬め)を知るには十分で、
できたら金ペンでもう1本欲しいな~と思っていたわけです。
コンバーターも余ってるしさ。

でも#3776系の軸色に満足できず、
セルロイドはきれいだけどそんなに何本も買えるものじゃない。
中屋なんてもっと無理……。

で、この本栖。
まず名前でやられた。
オタク発言で申し訳ないけど河合克敏の『モンキーターン』が大好きでね。
競艇ものなんだけど漫画連載初期に養成所の舞台になるのが本栖湖。
(現在は九州に移転したらしい)

次にプラチナでは珍しいスケルトンであること。
プレジデントの金銀トリムのは出てたけど首軸が好みじゃなくて。
え?スケルトンなら蒔絵コンバーターが見えるじゃないですか!

さらに14kロジウム加工のペン先で15,000円という価格帯もいい。
もうちょっと安くてもよかったけれど……。


で、ネット購入の機会はあったし店頭予約の機会もあったけれど、
どうしても実物を見てから決めたかったので発売日の7月1日、
私は大阪におりました。

お店Aではあと数時間しないと入荷しないと言われて、
でもそれだけ待つのも嫌だったのでお店Bに行ったら
「最後の1本です」
うわぁ、そのキーワードは効きます……。

更に試筆させてもらうと中字しかなかったのだけど
書き味もやっぱりいいし、透明軸が実に美しい。
ただ銀色のトリムなのでコンバーターの金色と合うのかという疑問も、
中に入れてもらった様子を見たらアクセントになってよかったので
結局購入いたしました。

motosu1

まず外の紙箱が気合入ってます(笑)
捨てられないじゃないかー!

motosu2

中箱は究極にシンプル。
白一色と言うのも富士山の雪を思わせて○。
ちなみに、最後の1本だということで不要となったPOP、
ネタになるかと貰ってきました(笑)

motosu3
motosu4

さて本体はどこまでも透明感が美しいボディと信頼のペン先。

motosu5

さっそく蒔絵コンバーターの薔薇をさしてみました。
このコンバーターのきっちり治まってます、感はとてもよいと思うのです。
吸入式でないスケルトンの場合、コンバーターやカートリッジの後ろが
不自然に余っていたりしますしね。

私には珍しい中字なので薄い色のインクでもいいかなーとか
悩み放題です。
コストパフォーマンスも文句ない上に気密性の高いキャップということで
迷っておられる方、これは買いですよー!
2011本限定で取扱い店も限られているようなので
見つけたら逃がさないことをオススメいたします♪


プラチナ万年筆#3776CENTURYMODEL「本栖」
シリアルナンバー入り
字幅:14k M
ボディ:アクリルレジン スケルトン仕様
収納時約141mm、筆記時約155mm、本体のみ約122mm
カートリッジ、コンバーター両用式

私信
K夫人、いかがですかー?(笑)
よろしければご一緒いたしますよー♪

 この記事へのコメント 

こんばんは。遂に「本栖」を手に入れられたのですね!
おめでとうございます!

私は購入の機会を逃したので、ブラックボディの定番モデル「#3776・センチュリー」の太字を待つことにします。
気密性の良さはプレジールで体験済みなので、楽しみです。
>ヘンリー様

本栖いいですよー!
すっかり気に入ってしまいました。
プラチナはペン先がいいのにボディが残念なことが多かったので
このモデルの発売は嬉しかったですね。

定番はその良さが認められているから定番なんですよね。
一刻も早く入手されますように!
薔薇のコンバーターが生きていますね。
書く手を止めて、ながめてはにんまりしそう。

プラチナは、細字で美しく書ける万年筆を作っていますね。
癖のないシャープな線が書けるところが好きです。
最近のプラチナの中字は持っていないですが、書き味はどんな感じですか?
>真子様

スケルトンだからこそ、コンバーターが映えて嬉しいです♪
海外製のものより軸の透明度も高いように見えます。

書き味は「思っていたよりなめらか」ですね。
細字ほどのシャープさはさすがにありませんが
するすると書けますし、本当に太すぎずでも細くないという感じです。
インクの色とあいまって、夏場に贔屓してしまいそうな1本です♪
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。