スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 精進は進化か変身か 

ちょっとぼーっとしている間に、気にしていたプラチナの
#3776センチュリーの限定版が発表されておりました。
http://www.platinum-pen.co.jp/fountainpen_shoji.html

精進、でSHOJIかー。
ブルー系のスケルトンという予想は当たっていたのですが
淡いブルーとは思いませんでした。
ちょっと惹かれる、いやちょっとだけですってば!

軸色も万年筆には重要ですが、このペンのポイントは
「顔料インクが使える」ってことですね。
で、その点もいいなあとは思うのです。
染料インクは退色が避けられませんし。

しかしです。
我が家にはそれはたくさんのインクをお迎えしているんですが。
顔料インクってセーラーの極黒とプラチナのピンクしか持っていません。
わざわざ顔料系安心!のペンを入手する必要などないわけで。
普通に染料インクで使っちゃってもいいんですけど。

そしてプラチナに言いたい。
インナーキャップのアクセントはいらない。
激しくいらない。
ファッションのコーデではしばしば「引き算」おすすめになることがあります。
つまり、シンプルが活かせればそれが一番。
こってりコーデ好きの私が言うのですから相当このインナーキャップはきつい。
開発デザインの方は、もっと一般ユーザーに意見を求めるべきだぁっ!

でも書き味は間違いなく良いだろうし、
これからのシーズンに透明度の高いブルースケルトンは魅力。
インクはやはりブルー系を入れたくなる。
インナーキャップの取替えとかが出来たらそれは危険な一品になることでしょう。
一昨年にセルロイドサクラ、昨年に本栖、そして本年ブルゴーニュ。
1年に1本買ってたら十分だよねえ、うん。
と自分に暗示をかける今日この頃なのでした。

 この記事へのコメント 

こんばんは。
精進、私も迷い中でした。
細軟が残ってたらポチッといこうと決めてたんですが、
品切れ…f^_^;)
とりあえず諦めました。本栖があるし…
スミレも入手しましたから…
その後、江戸桜の調子はいかがですか?
思いのほかサラサラ書けるので気に入ってます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/25 02:31:29の記事にコメントをさせていただきました。
昔の記事なのでお気づきなられないかもとおもい、こちらにもコメントさせていただいた次第であります
>yukieさま
精進、魅力的ではあるんですけどねえ。
私も「本栖があるし」であきらめてしまえました。
江戸桜は、購入時よりやっぱり字幅太くなった気がするんですよ。
セーラーのMF愛好家ではあるんですが、もうちょっと細くても……
と、ちょっと手が伸びなくなっています。
単に暑くなってきてスケルトン系に走っているからかもしれませんが。
やはり一番の活躍時期は春でしょうか。
>Yさま
2001本限定の本栖の方が正直いとしいので、
なんとか踏みとどまれました。
むしろ本栖の再販の方が危なかった気がします。
そしたらまた雪花紋手配しなくっちゃですが(笑)
>花夜さま
記事コメントに返信いたしました。
お役に立てればよいのですが。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。