スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 納得がいかなくて 

ブログタイトルのかなりの量を見直し、表記を変更いたしました。
つまり『万年筆○○号~』とかつけていたのを取っ払ったのです。
「いつ100号になるのか楽しみ」というご意見(?)もございましたが、
自分の中の矛盾と折り合いがつけるために変更。
ピンクのしっかりした感じのもののみ、「ピンク○号」と通し番号打ってます。

矛盾というのは
「万年筆○号」と取り扱いするのはどのクラスのペンなのか
自分で分からなくなってきたからです。
数百円のペンとかでネタのため集めたものとかもありますが
そういうものは以前から数に入れていません。
万年筆には違いないのだから、本来そういうチープなものも含むべきなのに、
自分の中で「コレクション」の位置づけにはなっていないので含む気が最初からなく、
万年筆記録ノートにもまったく記入していなかったりします。
つまり全部を把握できていないということで……。
じゃあいっそ「金ペン」だけを数えていくかとも考えましたが、
安価な金ペンもあれば高価な鉄ペンもあったりしますし線引きしきれず。

万年筆を集め始めた動機には、
たくさんのインクを違うペンで使ってみたい、というのがありましたが、
実際には未使用のインクは増えるばかりで追いつかない……。
使うインクの傾向も偏っていますし、
自分でも色の区別がつかないほど似通っていたりもしますしね(遠い目)。

動機その2は「ピンクの万年筆をずらりと揃えたい」
ある程度、それは叶っております。
集め始めて知るピンクの少なさよ。
ピンクなら100本あってもかまわないんですが
現状40本というところのようです。
十分といえば十分。
しかも数に入れていないチープ系にもピンクはそれなりにあるし。
チープ系ピンクを「ピンク○号」に含めるか否かでまた迷い、現在所除外中。

今回、所有万年筆の区分見直しをいたしまして
思わず笑ってしまいました。
自分が黒いスタンダードな万年筆に興味がないのはよく分かっていたんですが。
0号の黒猫の他にはウォーターマンとアトリエ忠の蒔絵万年筆しかなかった(笑)
徹底しすぎてます。
萌えないんだから仕方ないですけど。

こうやって見直しをしていて気になったのが短軸軍団のこと。
現在は24本用のペンケースに詰め込まれておりますが、何せ短軸。
上下がものすごく開いていてなんかもったいない気分。
うまく収納できるケースとか考えてみようかなあ。
そうしたらこのペンケースを他のペンで使えるし?
手芸になるか工作になるか不明ですが、ちょっとやってみようかな。
図案をいたずらに書くだけに終わるかもしれないけれど楽しそうだからよし。

さて、いつのまにかインク切れ(蒸発)になっていたペンにインク補充してきまーす。
……プラチナのスリップシール機構がすごいと思うのはこんな時だわ。

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。