スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 誘惑の赤い罠 

今年からもう万年筆はセーブするのだと、そう心に決めたはずでした。
一生分以上の万年筆とインクが私の身近にもうあるのですから。
しかし猫は七つの命を持つという俗説もあり……
まあまだ今年、万年筆らしい万年筆は江戸桜とブルゴーニュしか購入していない(十分とも言う……)ので、
この調子なら今年はもう万年筆購入せずに逃げ切れるかと思っていたんです。
……甘かったかもしれない。

勘のいい方ならばタイトルだけでピンとこられるかもしれません。
ええ、わたくし、今まさに誘惑と戦っているのでございます。
敵はペリカンM600ルビーレッド……!!!

ルビーレッドは海外版のM320を所持しております。
きれいで可愛くて大好きな万年筆。
小さい万年筆好きだし、軸が透けるのがたまらない。
でも長時間使用するならもう少し長くて、もう少し太くてもいいなあと
思わないでもなかったのです。
そう、M400くらいのサイズで。

今回、その内心を見透かしたかのようなM600での販売。
M600ならばM400とサイズ的に大きな差はありませんし十分射程距離。
これがM1000ならば最初からなかったことにしてました。
しかも所持のM320と同じタイプの軸。
……並べたくなるじゃないですか。
すごい並べたいじゃないですか。
Edelsteinのインク、ルビーもまだたっぷりございます。
こんな記事書いてる時点でもうかなり心がぐらついている証拠ですな(汗)

思わずネットで最安値はどこだと調べてしまいましたよ。
うーん、関西だとやはりモリタかも?
在庫の有無は問い合わせしてません。怖いから。
新店舗まだ行ってないしなあ。行きたいけど危険だしなあ。
ちなみにモリタには購入を決意したペンがないと行かないことにしています。
市場価格知ってたら誘惑の嵐ですもんね。
モリタでもネット購入ならカードが使用できますが
今でも店舗では現金のみなのだろうか???

ネット購入を躊躇うのは、やはり字幅を確認したいというか。
海外製は確認しても意味ないことがありますけどね
それこそうちのM320ルビーレッドとかうちのミクラちゃんとか
EFやFとはまっかな嘘としか思えない太さだし。
君ら、絶対Mだよね。

ちまちま字を書くのが好きだから通常ならばEF一択なのですが
EFはインク消費にあまり貢献してくれないという欠点が。
本栖を愛用してる身ですし、国産ならばMもアリだと最近は少し柔軟に。
MF増えすぎてちょっと飽きてきたとも言いますが。

で、話をM600ルビーレッドに戻すと、
このサイズならMまでは許容できると思ってしまったからです。
EFが素直に細ければ一番なのですが、
そうでなかった場合は他の字幅でもいいんじゃないかとか。

つまり心は。
字幅の選択という所まで来ていたんですね。
果たして私は無事正気に戻れるのか。
(内なる天使「あんだけ熱くなってた江戸桜もほとんど使ってないじゃないか。
君にはもう使うべき万年筆は山とあるんだ。目を覚ませ!」)
はたまたブログを見てくださってる方たちを喜ばせる結果になるのか。
(内なる悪魔「これ、1回限りの限定だってさ。
買いそびれて後で歯噛みするくらいなら今……行っとかないと!
M320と並べたらきっと豪華だよー?」)

ところでペリカンの限定のうち、私の心を揺らすのは単色かつ透けてる軸。
ブルー・オ・ブルーはサイズ大きくて見送りましたが色はすごく好き。
グリーン・オ・グリーンもいい色だと見惚れましたとも。
この二つの軸がM320に来たら踊りかねないとも思います。
ただ、ペリカンに言いたい。
きれいに透けるピンクの軸とか透けるアメジストの軸とか
ここに需要あるんですけど作りません?
その2色ならM1000でも行くかもしれない。

話戻して、現状「まだ」賽は投げてないんです。
それこそM320のルビーレッドとレディ・アガサのオールドローズとブルゴーニュと
並べてそれで満足してくれないかな、自分?
アウロラとかにもきれい色はあってそっちはスルーできるのに
なんでペリカンは引っかかるんだか。
誘惑との戦いは続行中ナリ。

 この記事へのコメント 

えー、猫は九つの魂を持つといわれてまして、
白髪猫めは、1、3DCAD 2、CAE 3、萬年筆 4、クラシックカメラ 5、活字 6、デジ1 7、昼寝 8、コンデジ
9、空席 となっております。
誘惑には、すぐに乗っちゃうので、おさいふとの戦いがいつまでも、たぶん白髪がすっかり抜けるまで続きそうですねえ。
あずみ様
お久しぶりです。
ルビーレッドあずみ様のツボだったのですね。
アップから日が経っていますので、既に購入済みでしょうか?
確かにM600でしたら、大き過ぎず小さ過ぎずで丁度良いサイズですね。
ニブはいっそのことBやBBなんていかがでしょうか?
却って味がある字になるのでは?

私はブルー・オ・ブルーが一番ツボでしたが、サイズが大きくて諦めました。
グリーンはちょっと好みとは違うので、食指は動かず。
寧ろM320のグリーンが余計に欲しくなっただけ…。
M320のグリーンの方が絶対に綺麗だと個人的には思います。
巷では売り切れているだけに諦めモードですが(笑)
ですので、あずみ様も後で後悔されるよりはやはり入手された方が…と思います。
私は最近は万年筆を購入していません。
だって使いきれない程の在庫が…
でも、直近で購入したのは、去年のパイロットのキャップレスのラベンダーです。
以前、梅田の阪急限定で150本のみの販売だった「すみれ」が欲しくて探していましたが流石になくって残念に思っていたところに限定で出た商品でしたので、気付いたら購入していました。
キャップレスは持っていないしと自分に言い訳しつつ(笑)。
でも、使ってみたら結構便利です。
インクの吸入が面倒そうなので、インクはBBのカートリッジです。
インクもこれ以上増やせませんし…。
色雫の全色を1本ずつのカートリッジにした物を商品化して欲しいですね。
瓶1本はそうそう使いきれませんもの。
カートリッジ1本だったら気軽にお試しできるのに…
その後、ペリカン600のルビーレッドはどうなりましたか?
あれ、心惹かれますよね。
私の持っている300は、このルビーレッドと少し違うので、心がぐらぐらします。

でも、プラチナ細軟がいつ入るか分からないので、とりあえず、キャンセルにして予約待ちにしてほしいとお店から電話があり、細軟に置いていた資金で、ブルゴーニュの中字をボチってしまいました(笑)

そうしたら、割とすぐにセンチュリーの細軟が入ったとの連絡が・・・。
焦りました。
でも、ブルゴーニューきれいですね☆
プラチナの中字は初めてですが、安定して書きよいです。

そんなこんなで、ペリカンのルビーレッドが遠ざかりました。
でも、きれいいなんでしょうね・・・。
>白髪猫さま

そうでした!七つじゃなくて九つでした!
私も多趣味なほうなので九つすぐ埋まりそう。
着物、人形、漫画、小説、裁縫、万年筆、文書き、落書き、食器
……足りませんね。
誘惑を感じるということは生きる実感とも思います。
物欲が経済をまわすのです。
食費を削ってでも趣味にまわす、それが正しいオタク道(あれ?)
いや、私は根っからオタク気質ですけれど。
>puckさま

こちらこそお返事遅くなりまして。
ええ、つい先日まで入手できずにいたのに、ついにお迎えいたしました。
私、透けている深い赤が好きなんです。弱いんです。
現行M600は初めてですが長時間筆記でも気になりません。
さすが万年筆愛好家が絶賛するだけのことはありますね。

ブルー・オ・ブルーは本当にあの色が魅惑的で、
よくぞM800で出してくれたと財布的に安堵いたしました。
M320はルビーレッドとオレンジには走りましたが、
機会はあってもグリーンは何故かスルーできてしまいました。
欲しいと願い続けていればどこからともなく姿を現しますよ、きっと。

私も今年は万年筆をもう増やさないと決めたはずなんですけど、あら不思議。
ツボにピンポイント攻撃されて負け続け……。

キャップレスは使ってみたら便利そうですが好みのピンクがないのを逃げ道にしていたり(笑)
そしてここしばらく一番手が伸びるペンといえばパイロットの短軸なのでした。
短軸ってもしかしたら完璧なんじゃないかとひそかに思います。
だから短軸の未収集柄を発見したらきっと負けてしまうかも。
懲りません……。

なるほど、お試しカートリッジ・セットはいい案ですね!
私は以前出たiroshizukuのミニ瓶セットが気に入っていて。
でもあれ全色じゃないんですよ。新色も出てるし。
メーカーはもっと小瓶でインクを発売するべきだと思います。
数人で交換するには50mlでもいいんですが、色々試したい人間には多すぎます。
>真子さま

来てしまいましたよ、ルビーレッド。
いや、きれいです、これ。
ブルゴーニュも大満足なペンですが、これはこれで……。
本栖でプラチナの中字も悪くない、と思うだけにお気持ち、わかります。
細軟は待たされましたねえ?
その分、楽しみが増えたということで。

ルビーレッド、きれいですと繰り返しておきます(笑)
ちなみに国内販売価格の半分で確保しました~♪
それでも財布には厳しいですが。
ライトに透かしてはうっとりしてしまいます。
ちびっこと並べるもまた楽し♪
こうなるとオレンジでもM600で出て欲しいような、欲しくないような。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。