スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ペンシースの実態 

以前、画像をあげぬまま『プロジェクト「ペンシース」』
という記事を書いたことがあります。
ここしばらく、画像をアップするごく単純な方法に気が付き、
いくつか画像を記事に貼っていきましたが、
遡って貼っても何かむなしく(というか、本音は面倒くさく)
新に書き直すことにしました。

常にバッグに入れて持ち歩くことから「真・一軍」と呼ぶayanokojiのがまぐちペンケース。
この中に入るのはペンシースを使って4本、使わずに5本。
IMGP6143.jpg
ペンケースが和柄なので、やはり和柄の生地が似合う気がします。
IMGP6148.jpg


IMGP6145.jpg
紫×黒でも作ってみました。
紫のインク(三宮パンセ)を入れたプロカラースケルトンとペリカンの黒猫。
短めのペンだとクリップだけ出して使うと問題ありません。

IMGP6146.jpg
調子に乗って作ったピンクなシリーズ。
柄は全部違うのですが、裏地が同じでしかもピンクばかりなのでそう違和感はないかと。

ちなみに型紙はこんな適当なもの。
IMGP6147.jpg
短いペン用ならば下部を切って作ればいいだけですが、
現在は共通サイズということで作っています。
決して、別サイズを今更作るのが面倒だなんてそうですけれど(笑)
あと、それほどたくさん持ち歩きません(たくさん持ち歩くなら一軍ペンケース使用)から
それほど数はいらないのでもう作らないかもしれないし?

そんなわけで前より気楽にペンケースに万年筆を放り込んでおります。
バッグが小さい場合だとペンシース入りを1本~2本だけ、とかしてもいいかも。
他の筆記用具と一緒に万年筆をペンケースに入れる場合でも、
気分的にも安心だと思います。
ペンケース作るほど手間もかからないし、どんなペンケースにでも使えるしでオススメ。

 この記事へのコメント 

はじめまして!
いつも楽しく拝見しております。
万年筆と言えば世間一般のイメージはやはり「重厚」とか「黒」とかだと思うのですが、高瀬さんのブログではおしゃれで可愛い万年筆がたくさんで、眼福でございます。私の持っていないものばかり……。
今回のペンシース、とても便利ですね! そして可愛い!
自分の好きな布で縫えば、お安く済むし、好きな柄に出来るしでいいことずくめではないでしょうか。
もしよろしければ、私もこのペンシース、真似させてください〜!
では、これからも応援しております。
>近藤さま

はじままして! コメントありがとうございます♪
万年筆はどうしてもモンブランチックなものがイメージとして強いせいでしょう。
でも探せばある! はまると怖い!
近藤さまはでは私とは違う傾向の万年筆をお持ちなのですね?
シックな実用派でいらっしゃるのでしょうか。
またよろしければお持ちのペンなど教えてくださいませ。
私、皆様がどんなペンを持ってらっしゃるかとか聞くの大好きです♪
それこそ偏った自分の趣味と違う世界を教えていただけますし。

ペンシース、便利ですよ! おすすめです!
パッチワーク用のハギレとかでも気軽に作れます(100均にもあるし~)。
家は柄布が多いので表を柄にしておりますが、色違いの無地なんかもきっと素敵。
入れられるペンのイメージカラーで作られたりしても楽しいと思います。
BBのインクで使っているペンならリネンの紺とベージュの無地とか。
落款みたいなハンコを顔料インクのスタンプで押したらもうオリジナルブランド。
真似どころかどんどん進化させてやってください。
うちのだと、縦17cm×横8cm(縫い代込み)でできますよ♪
お返事どうもありがとうございます!
ご期待を裏切るようで申し訳ないのですが、シックではないのです……。あざやかな色をした万年筆に惹かれます。それから購入を決める最大の決め手は軽さですかね? 手が少々悪いので、大体20g以下のものばかり所持しています。すてきな万年筆でも重さがネックであきらめることが多く……。
主に使っているのは、安いものだとSHEAFFERノンナンセンス、LAMY safariやPelikano junior。ある程度のお値段のものだとセーラーのプロギアスリムやPelikanのスーベレーンM400です!
ブログに載せてらしたプロギアの江戸桜、私も持っております〜。

あまり裁縫が得意ではないのですが、久しぶりに頑張ってみようと思います。
そうですね、ペンのイメージカラーで作るの、とてもすてき! 判子のアイディアもよいですね!
高瀬さまの可愛らしい&美しいペンシースを参考にマイブランドを作ってみようかと。
サイズまで、どうもありがとうございます!
>近藤さま

予想がはずれてしまいましたが鮮やかな色がお好きというのも嬉しいです。
軽さは重要ですね!
重いペンはノート1枚も書いていられなくて、ラッカー軸などいくらきれいでも
なるべく避けるようになりました。
コンバーターでなくカートリッジならもっと軽くできるのですけれど。
キャップを後ろにポストするのは短軸くらいなのでまだ使えるペンも多いようです。
発色の関係もあってきれいで軽いレジン軸が一番好き(セルロイドは気を遣うので……)。
カジュアル万年筆は軽いものが多くて嬉しいですよね。
個人的に昔の短軸が軽くて書きやすくて超オススメ!なのですが。
江戸桜仲間!!!
あの軸は画期的なパステルカラーだと思うので撮影しなおしたいと思っています。

裁縫は私の場合「自家用限定」ですのでなんとか」といった感じです。
よいペンシースができますように!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。