スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 SAILOR MINI~ブルー・セルロイド 

年の瀬もいい加減押し迫りまくっているというのに、一目惚れは突然に。
「レトロ短軸」じゃなくて「万年筆(その他の色)」でもいいんじゃないかとか逡巡するほど、
間違いなくレトロで短軸なのですけれど、この鮮やかな色彩にやられました。

IMGP6189.jpg

例によってオク入手品なのですが、どうですこの鮮やかなブルー!!!

IMGP6190.jpg

ちゃんとセーラーのロゴもありますし、18kの爪ニブの短軸には違いないのですけれど
これは私がこれまで見てきた短軸とは明らかに違います。
だいたい黒だったりアルミキャップばかりじゃないですか。
まあ、私が知らないだけで他にも作られていたのかもしれませんが
「その時にある材料で突発で作っちゃう」こともあるらしいセーラーさんですから
レアものというという可能性も高いのですけれど。
出品者さまによるとセルロイドということ。
こすっても樟脳の匂いはしない……けど、微妙に黒っぽいところもあるので
セルロイドでいいのでしょう、たぶん。
入手時に貼られたままだったシールには「¥3,000」とあり、
やはり短軸全盛の頃のものに間違いはないですね。

IMGP6191.jpg

ちょっとピントが敷物の方にいってしまってますが、
キャップ下部にはゴージャスな金色の装飾が入っています。
プリントっぽい。
こすったら取れそうなので危険はおかしません。
幸運にも未使用のデッドストックということ
(洗浄してもまったく何も出なかったので試筆もされてないっぽい)
ですので、私も素直にコレクションとして保管しようかと思っていたのですが、
この色を見ていると「エーデルシュタインのトパーズ入れて使ってみたい!」
という気持ちがむくむくと。
似合うと思うんですよ、このペンには。
青墨も似合いそうではありますが、首軸が白なので避けたいところ。
短軸ならば白琺瑯以外だと、首軸はピンクもしくは赤系でないと落ち着かない私ですが、
このペンなら首軸は白しか考えられないと思います。
あ、雪明でもいいかも、インク。
名前の出てくるインクはすべて所有しております……。

IMGP6192.jpg

季節的にも今のような冬よりも夏が涼しげで似合うだろうという気持ちと、
いやいや冬の澄んだ空気のもとこそ似合うという気持ちの両方に揺れます。
それよりも、こんな状態の良いペンだからこそ未使用保管を貫くのだという気持ちと、
インクを吸わせて使ってこそ万年筆の幸せという気持ちが戦い続けておりまして、
軍配がどちらに上がるかは私にも今は予想できません。
青い万年筆は現状ウォーターマンのオーダス「Summer Night」くらいしか持っていない
(カンポ・マルツィオはややこしいので除外)上に全然使っていないのだから
インク吸わせても使わないだろうという予想と、短軸なら別で使うだろうという予想と。
はたしてどう扱いますやら。

ただ私がこのペンに惚れこんで入手に動いた動機のひとつには
短軸だからというのもありそう。
これがプロギアだったりしたら、きれいとは思ってもスルーしたかも?
実際、文栄堂だかのオリジナル(プロギア)がきれいだと見とれても、
買おうとは思わなかったですし。
ともかく21012年の締めとしてまさかこんなペンが来るというのも
そもそも予想外だったのですけれどね。
しかし、このペンで色違いとかあったら本気で欲しいとか懲りずに思うのでした。


これが本年最後の記事になるかと思います。
さぼってばかりの2012年でしたが見捨てずご覧くださっている方々に感謝しつつ
来年度のご多幸をお祈り申し上げます。
よいお年を!

 この記事へのコメント 

と思っていたら、あずみ様がお持ちでしたか。。似たようなものを見てる予感。

ハイエースマーブルっぽいから、爪で弾くとキンっていいそうですが、にしても青に白というのはシュールでよいですね。なんというか「剥きたてっ」な感じ。

サバト楽しそうでした。
>Dr.Stopさま

万年筆趣味傾向に重なっている部分もありますので同じものをチェックしてそうです。
これも「誰も入札するな」と祈りつつでした。
ハイエースマーブル、まだ実物を見たことないんですよ。
どこかで埋もれているのを掘り返して出会ってみたい。

意外なことにサバトにはこれまで参加したことがございません(笑)
サバト帰りの友人と新年会してましたが。
……たぶん解釈に間違いはないかと。
こんな万年筆出ていたのですね。
初めて見ます。
そして綺麗な色!!
群青色大好きな私には、堪らない美しさです。
白、群青、金と、華やかでありながら、清楚☆
これ、色違いを並べたらさぞ綺麗でしょうね。
>真子さま

いい色でしょう!?
ピンク愛好家すらよろめかせる美しさです。
真子さまさえ初めて見られるなら、やっぱりレアものなのかしら。
色違いがあったらぜひ欲しいところですがさて?
使いたいともだえていますので使ってしまいそうです。
やっぱり使いたくなりますよね。

お好みかどうか分かりませんが、インクフローが普通ならロイヤルブルーなら、そんなに軸が汚れないかも、です。
ホワイトトートイスにペリカンのロイヤルブルーを入れて4年になりますが大丈夫です。

ただ、爪ニブは、軸にインクつきやすいかもしれませんね。

>真子さま

既に使う方に天秤が傾きつつあります。
プラチナ・チューリップは我慢できるのに、何が違うんでしょう。
やっぱり色ですか(笑)
このペンから書き出される青いインクで綴られる文字を見てみたいというか。
セーラーもインクフローは良いので、ペンの決まっていなかった雪明が第一候補。
入手できたらナガサワのフェルメールブルーなんかもいいかも。
ところで100色以上(分けてもらったのも含む)インク持ってて、
BBがないというのもどうかと思うんですよね、うちのラインナップ。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。