スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 新年祈願 

新年、明けましておめでとうございます。
このブログをはじめて3回目の新年を迎えることができました。
……スタートダッシュはよくても息切れしっぱなしで長らく放置でしたが。
2011年の最初に、言霊さまに希望を述べたところ、
それらがほとんど叶ってしまうという一種おそろしい事態になりました。
このブログですから万年筆に限った願い事を今年もしておこうかなどと思います。

前回をほど欲はかきません。

◎プラチナ・ポケット白琺瑯調シリーズ
「パンジー・楓・桔梗」のデッドストック
◎パイロット・VAウィリアム・モリスのピンク(できればデッドストック)

をなにとぞ入手できますように!!!
金額的には低いんですが過去ものだけに思うように入手できず苦戦しておりますので。
これはもう神頼みしかあるまいと。

IMGP6222.jpg
通りかかった安井金比羅神社にて発見してしまった「卓上神棚」。
去年まではなかったと思うのよね。
お守りもなんか一部リニューアルしてるっぽい。
IMGP6223.jpg
こんな風にケースに入っていて、開くと飛び出す絵本式になってます。
視線より高い所に置いておまつりしてください、だそう。

この神社は「悪縁を切り、良縁を結ぶ」がうたい文句の神社でございまして。
ながらくマイナーでさびれていたのに、近年観光客が増えました。
この石に開いている穴を往復でくぐり抜けると悪縁が切られ良縁を迎えられるとか。
結構、くぐっている人を見ます。
誰かプーさんのようにつっかえるんじゃないかと心配してしまいます。
立地的に祇園花街に近いせいか、昔からここに奉納されている絵馬の内容はえぐいです。
人の絵馬は読んじゃいけないって、大人になるまで知らなかったから許して欲しい……。
で、面白いから入手したんですが、こちらのご祭神が私の大好きな方というのも大きいです。
なかなか理解されにくいですが愛があるから!

元旦には毎年、仲間内でぷち新年会を行いますが、
今年はその前に喫茶店で一休み。
思わずやらせ撮影(?)してしまいました。

IMGP6217.jpg
東郷青児ゆかりの「ソワレ」。
まさか元旦から営業しているとは驚き。
ブルーのライトがきれいなアンティーク感満載のお店です。
万年筆が似合います。
IMGP6221.jpg
私はウインナー・コーヒーをいただきましたが、有名なミルクゼリーもおすすめ。
ああ、こんな透き通ったきれいな軸の万年筆が増えればいいのに!

新年早々、色々ネタに走ってしまいましたが(記事にしてないことでも色々と……)
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

 この記事へのコメント 

飛び出す神棚!?今どきこんなの売ってるんですか。お札の「なめとんのか」という声が聞こえてきそうですね。

>サバト

「厳か」とか「カエサル」とかに反応しただけです、ごめんなさい。万年筆たちが集まってゴニャゴニャと。

サバトみたいな新年会・・・・・・
明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

素敵な喫茶店ですね。
こういう喫茶店で、万年筆で書きものするのいいですよね。
時間がゆっくり流れていく感じ。
こういうときにレコードがかかっていたりしたら最高です♪

ホント、写真のミルクゼリーのような軸のペン、作って欲しいですね。
今年もいろいろなペンをご紹介くださるのを楽しみにしています。
>Dr.Stopさま

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
神棚ってちゃんとある家も減っていますし、これならコンパクトに祭っていける……
ということではないでしょうか。
「ネタ♪」と元旦早々飛びついた私のような奴もおりますが。

サバト、海の傍でお盆と年末の3日に渡って繰り広げられるアレかと(笑)
新年会は普通でした、残念ながら。
会話が濃いのはお約束ですが。
>真子さま

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

京都の繁華街、四条にはこんな古くからの喫茶店が3軒あります。
あとは「築地」と「フランソワ」。
私が一番よく利用するのは「築地」ですがどこもやっぱり雰囲気がいいものです。
お正月でお客も多くて慌しかったのですが、
ゆっくり手紙でも書いていたい喫茶店。
ソワレは2階もあるのでそちらの方が落ち着きます。
数年前まではこの近くに音楽喫茶があったんですけどなくなってしまいました。
ビニールカバーのソファがまた懐古的で魅力だったのに。

ミルクゼリーのような万年筆、ペリカンあたりにお願いしたいものです。
イタリア万年筆は当たり外れも大きいので。
国産もプラチナが最近いい仕事してくれてます。
2月発売の「シャルトル・ブルー」はチェックされました?
http://www.platinum-pen.co.jp/fountainpen_century_chartreblue.html
青のお好きな真子さまにぴったりだと思うのですが。
シャルトル・ブルー、チェックしました。
そして、予約ポチリました(笑)

あのステンドグラスの青、罪です。
予約ロットだとステンドグラスのカードみたいなのもらえるんですよね。
それもポイント高くて☆

また、レコードプレーヤーが遠のく・・・。
>真子さま

早っ!(笑)
お好きだろうとは思ったんですよ、この画像を見たときから。
この色が精進で来ると思ってたんですけど通常品でとは予想外。
しかもプラチナの書き味でお値段据え置きなのも魅力。
青は守備範囲ではないはずですが私も迷わされています。
来年にこの傾向の透けてて濃い色で紫出してくれないかなー。
そうなんですよね。
通常版というのが、ポチッを軽くします(笑)

この感じだとほかの色も出そうに思いますよね。
ブルゴーニューの色合いの美しさ、透け具合(まるっきりのスケルトンでない、色の溜まり具合と言いますか)を思うと、期待度が高いです。

書き味には定評があるものの、軸が・・と言われていたプラチナがここに来てすごいもの出してくれました。
プラチナは、昭和40年代、ショートのデザインが大好きで愛用していたから、いろいろな技?を持っていると思うのです。

ブルゴーニュー、シャルトル大聖堂・・とフランスですよね。
イタリアやドイツなどにちなんだものも出るかも・・、などと妄想をふくらませています。
>真子さま

今一番期待しているメーカーがプラチナかもしれません。
気が付けば最初はベスト型じゃないとヤダヤダとか言ってたのに
しっかり愛用したりしているプラチナの底力と申しますか。

センチュリーはこのままフランス・シリーズで行くのではないかと予想。
フォンテーヌブロー・グリーンとかどうでしょう?
ベルサイユやリュクサンブールの薔薇色、なんてのも歓迎。
要望、出してみようかしら?
あとペン先の種類をもう少し増やして欲しいとかとか。
あずみ様
ご無沙汰しております。
今更ですが、今年もよろしくお願いします。
さて、安井金比羅宮のこの卓上神棚知っています。
以前、お詣りした際に見かけました。
あら懐かしいと思って…。

ところで、プラチナのシャルトルブルー素敵ですね。
ブルゴーニュはスルーできましたが、これは危険。
今持っている万年筆だって使いきれていないのだから!と自分に言い聞かせていますが、持ちこたえられるか不明です(笑)
あんな素敵なブルー 反則ですよね。
暫く悶々と悩みそうです。
因みに会社帰りに万年筆に力を入れている文具店に寄って話を聞こうと思ったら、店員さんの目が点になってしまいました(>_<)
未だ情報が入ってきていない様です。
とりあえず、試筆用のペンで字幅のチェックをしてきましたが。
うーん、困りました。
>puckさま

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
卓上神棚、以前からあったんですか!
実はここ、私は抜け道に利用しているので社務所覗かないんです。
ちなみに猫ウォッチングも兼ねてます。何故か多いので。

シャルトルブルー、そういえばお好みにばっちりですよね!
そりゃスルーできないでしょう。
私の場合ブルゴーニュは無視できなかったんですが、
シャルトルブルーはスルーできるかもしれません。
去年の流通の悪さがありましたし、市場に行き渡ってからの検討でもいいかと。
ただ、ブルゴーニュと並べたらきれいだろうな、とか危険危険。
本当に2月1日に店頭に並ぶのでしょうか???
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。