スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピアノ・コレクション 

私、小学6年生までピアノを習っておりました。
ただし、より正確には「習わされていた」わけで。
独学でピアノの弾ける父が、娘との連弾に憧れて……だったのですが、
当の娘はあまり乗り気ではありませんでした。
大の練習嫌いでもありますし、こういうのはやはり本人のやる気の問題です。
ピアノの先生の家に少年チャンピオンがなければ、
もっと早くに行かなくなっていたと思います。

でもまあ、こういうものを見ると懐かしくつい入手してしまいます。
お世話になりました、バイエル。
IMGP6195.jpg
ちゃんと上下巻あるのが芸が細かい。
中身はただの横掛けノートなんですけどね。
サイズは縦18.2cm×横12.7cmと本物よりはずいぶん小さい。
そのまままのサイズならば手を出さなかったかもしれません。

バイエルを卒業したならば、ブルグミュラー、そしてツェルニーへ。
ハノンはやらなかったなあ。
IMGP6196.jpg
こちら、中身は方眼ノート。
サイズはさらに小さい12cm×8.2cm。

さて文具や雑貨を注意深く見ていると、実はピアノ・モチーフは少なくない。
鍵盤モチーフの鉛筆に、グランドピアノ型の鉛筆削り。
IMGP6199.jpg
おしゃれなブックマーカー。
シールに至っては何種類も見つかって、今回は2種類のみチョイス。
ちいさなそえぶみ箋も発見。
普通サイズの便箋にもピアノ・モチーフのがあったのですが好みでなかったので却下。
IMGP6198.jpg

今回一番馬鹿だなあと思うのは。
この記事のためだけにナノブロックのグランドピアノ(黒)を入手し、
ちまちま組み立てたことでしょう。
IMGP6200.jpg
ナノブロックにはボールペンの頭に取り付けられるタイプもあるのですが、
どう考えてもリアヘビー。
しかも使っている間にばらばらと崩壊しそうで実用にはどうかと見送り。
それでも万年筆ならば購入を考えたかもしれません。

ところで面白いことに、大人になってから時折ふと
「ピアノが弾きたいなあ」と思うことがあります。
もちろん手なんか動かないだろうし、楽譜も読めないだろうけれど
妙に弾きたくなって。
思うに自主的にやりたいという気持ち、
これが子供の頃には本当になかったのです。
実際にはこれから習いに行く気も時間もありませんけれど
どこかに弾いてもいいピアノがあれば、ふらふらと引き寄せられそうかも。

 この記事へのコメント 

真ん中の写真の「ハノン」の小さなノート私も持ってます。
ヤマハのレジに置いてあって思わず手に取りました(^O^)
小さいのに精巧ですよね!

個人的にはドイツリートが好きなので、シューベルト歌曲集やシューマン歌曲集なんかも欲しいです♪
>真子さま

ハノンとツェルニーは本物と同サイズの大型ノートもあったと思います。
ミニチュアに弱いのを見透かされた気がしました。
歌曲集のノートですか。
しかしそこまで行くとペリカンのコンチェルト(でしたっけ?シンフォニー?)だか
ペン軸に楽譜のあるペンを所持しなければいけないような(笑)
もしくはモンブランのモーツァルトとか?
……どちらも私には無理なのでプレピーで作りましょうか(笑)

ちなみにクラシックでも私も好みは偏ってます……。
大型ノートもあったんですね。
でもやっぱり、ミニが可愛いですね。

万年筆、モンブラン・モールァルトを、昔(今ほど高騰・高級化する前はモンブランの大ファンでした)買って持っていますので(モールァルトのCD付きでした♪)、是非このミニノートと合わせてみたいですね。
その頃声楽を習っていて、ドイツリートをやっていたんです♪
あこがれのバリトン歌手もドイツの方でした。
でも、クラシック愛好家の中でも声楽はマイナーなんですよね(><)
話がずれてごめんなさいm(_ _)m

あずみ様のプレピーでの出来栄えを拝見すると、なんでも作れちゃいそうですね。
リラックマの万年筆写真だけ見たとき、新製品が出たのかと思いました(^O^)

>真子さま

ミニサイズだから可愛いんですが、大きい方は五線譜だった気がします。
つまり本気の音楽ノート。
モーツァルトお持ちだったんですね!
あれはモンブランの中では唯一、私の心を揺さぶるペンです。

声楽ってまた素敵なことをされていたのですね!
私は大きな声が出せない上、下手なので歌うのは好きでも人前では歌えません。
もし歌えるものならばラフマニノフのヴォカリーズを……(無謀)
クラシックはチケットが高いのが最大の難関です。

プレピー、思ってたよりいじり甲斐があります。
これから続々登場しますので(笑)
リラックマは写真写りが良くて、実際はかなりチープな出来です……。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。