スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 PILOT VA William Morris Collection First 

今回のタイトルに副題をつけるならば「言霊さまの本気」、
とかですかねえ?

1月2日に書いた『新年祈願』にて私は
「プラチナ・ポケット琺瑯とモリスの第一世代が欲しい!!!」と
叫んでみたのです。
さて私は、万年筆趣味でないお友達にも「昔からあって今も潰れていない文房具屋」を
知っていたら教えて欲しいと頼んであります。
そんな友人の一人から画像付き携帯メールが届いたのが1月7日。
『小学校前の文房具屋にいるんで万年筆在庫出してもらったけど、要るものある?』

そのお店は小学校前に半世紀くらいあって、現在はほとんど倉庫状。
でも彼女は昔からよく知っているので必要なものがあれば入って探させてもらえるとか。
そんな相手なので写メも許可してくれたらしく、10本以上並んだ万年筆の画像が2枚。
正直、画像だけでは黒軸の万年筆なぞメーカーすら区別できませんし、
画像はクリップが横に寝ているものが多かったから余計です。
しかも携帯の小さい画像ときていますから。
そういったペンなら手にとってニブや字幅見ないと値打ちは分からないし
(見ても私の場合分かりませんが……)。

なんでも、そんなお店でも昨年・一昨年と万年筆コレクターが来店して
めぼしいものはかっさらわれた後だそうで。
しかも東京から来た人もいたらしい……大阪にまで出没しないでよぉ。
ちなみに送ってもらった画像を後にPCに転送して再度確認したのですが
やっぱり私には目当てのもの以外、ほとんどわかりませんでした。
でもまあ、私は「万年筆マニア」ではない(「万年筆ミーハー」もしくは「万年筆ファン」かと)
ので、そういった方たちと求めるものが違う。
それが幸いしたと言えるでしょう。

そう、画像が小さくても花柄は分かる。
花柄なら分かる!!!
「画像1枚目の右端と右から3番目絶対確保!」
欲しくて欲しくて、あそことあそことあそこのブログで「いいな~」と
指をくわえるしかなかったモリス第一世代がついに我が手に!!!
IMGP6346.jpg
IMGP6349.jpg

うん。ピンク以外でも欲しいと思っていた水色も同時GETです♪
IMGP6351.jpg
IMGP6353.jpg
並べるとますます可愛いじゃありませんか?
IMGP6355.jpg

こうして私のモリス・コレクションは第一世代2本(ピンク・水色)、
第二世代1本(ブラウン――ずっとグレイだと思ってたのにブラウンと判明)、
そして第三世代1本(赤)の合計4本となりました。
ここまで来るとですねえ、第二世代の赤と、第三世代の青も欲しい。
そうしたら各世代2本づつになるからバランスもいいし。
いえ、本音を言うとコンプリートで全然かまわないんですけど!

モリス・コレクションは第一世代がピンク・水色・黄色
第二世代が赤・青・茶、第三世代が赤・青あることはわかっています。
第三世代においては赤と青しかないのかもう1本あるのかが不明。
他の世代を見るならば3本あって当然という気もいたします。
配色的に緑あたりありそうだと思うのですけれど。
このあたり、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

このペンの確保のせいで私の中で現在「モリス祭り」が開催中。
書籍とか小物とか生地とかちまちま集めだしています。
マグカップは“Wild Rose”、アルバムと付箋は“Daisy”
ミニ・レターセットは“Lily Garden”、
背景の小ポスターは“Fruits or Pomegrante”。
IMGP6356.jpg

なので「いちご泥棒祭り」なんかしたりして。
マグカップ、くま、背景布のすべてが“Strawberry Thief”なんですね。
IMGP6360.jpg
今はこのモリスの生地で
モリスたち専用ペンケースを作ろうと準備しております。
さすがにここまではピンクでなくともということで。
ちゃんと出来ればいいなあ。

そうして月末に無事引き取りとなったわけですが。
1月2日に記事書いて1月7日に連絡が入って。
……言霊さますごすぎます。
もう信じるしかありません。
ただ、言霊さまはいささか性急でいらっしゃる。
2011年のときのレディ・アガサも1月中だった気がしますし。
その点をある程度考慮にいれつつ祈願改めて。

プラチナ・ポケット琺瑯の残りを!
モリス・コレクションの残りを!
大丸藤井セントラルの「松前城 さくら」を!
……増えているだなんて細かいことはいいではないですか、うん。
ただ、もうちょっとゆっくりでいいです。
IMGP6362.jpg


 この記事へのコメント 

おめでとうございます。2色並ぶと、心洗われるようですね!

「騒いでる人がいると、続けて出る法則」…こりゃああちこち目が離せませんぜ。おこぼれ、おこぼれ。

ご趣味じゃないでしょうが、復刻ジャスタスたっかいですね。。。意表をついて多色展開…なんてことは。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あずみ様
先ずはおめでとうございます
相変わらず、言霊様の霊現はすばらしいですね。
ある意味お願い以上に叶えて下さるのでは?
効き目が素晴らし過ぎて逆に怖くてお願いできません。
お財布に痛そうで…(笑)。

でも、モリスの万年筆素敵ですね。
赤が綺麗と思っていましたが、ピンクも水色もキュートです。
これが売れなかったという事に、当時の万年筆の置かれた状況が分かりますね。
自分も含め、使用していませんでしたから。
思い出の品としてしまっていました。

これ、今復刻したら売れると思いますがいかがでしょう?
>Dr.stopさま

念願叶ってもう幸せです~♪
第一世代はパステルでキュートなので「モリス」のイメージとちょっと違うんですが。
おそらく流通数が一番少なかったであろうお持ちの黄色、一番貴重かもです。
まだ残り騒ぎますので☆
ジャスタスはうん、趣味じゃないんですが、高い以前に使いこなせそうにないような。
>puckさま

ありがとうございます♪
猿の手じゃなかったらまあいいか、ぐらいの気持ちでおりますが、
ただ「年単位でいいのに!」というこちらの希望は聞いていただけないようで。
中身無限のお財布でもあれば別ですが。
購入予算も同時に祈願しろと!?(笑)

モリスのこの万年筆、調べたらどうやら1991~1993年頃に販売されていたようです。
たしかにこんなペンが発売されていることすら知りませんでした。
知っていたら買ったかと問われると「たぶんスルーした」になりますね。
第一世代は価格3,000円ですがその時代に筆記具にそこまでの金額(3,000円でも)
出そうとは思いませんでしたから。
だから「遅すぎて早すぎた」万年筆なんだと思います。
復刻されたらいい線いきそうな気もしますがブランド使用料の関係で難しいかも。
初めまして(^^)
昔の記事にすみません。
最近万年筆に興味を持ちまして、記事を読ませていただいております♪
今日、ブルーのモリスを偶然手に入れました!
あと、マリアンローズと書いてあるローズ模様の、同じようなパイロットの万年筆も購入したのですが、ご存じでしょうか⁇
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。