スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 SAILOR FAROUCHE 

以前『おもちゃ感覚~SAILOR編』並びに『おもちゃ感覚~その2』で紹介いたしましたSAILORのファルーシュ。
全体に花柄のとても可愛い万年筆です。
IMGP6364.jpg
IMGP6366.jpg
当時価格650円に恥じない安っぽさからは逃げられませんでしたが。

さて友人が送ってくれたモリスを含む文房具屋のデッドストック万年筆画像。
その中に全面花柄のものがあることに気付きました。
「あ、ファルーシュ(断言)」
もう3色揃って所持しているんだから今更なんですが、
ここで見つけたのも何かの縁。
「その全体花柄のも確保しといて♪ セーラーのファルーシュだと思うけど」
とメールにてお願いをすると
モリスもファルーシュもその記載があったということで
いやぁ、好きなものにはちゃんと目がきくわねえ、などと自己満足。
ただ少し疑問がありまして。
友人に立て替えてもらって確保した3本分にしては提示された金額が多かったんです。
モリス第一世代とファルーシュの価格を知っているというのもどうかと思いますが。
お店の人が間違えたとか、違う値札がついていたのかとか、いささかぐるぐるいたしましたが、
何せデッドストックとの出会いはプライスレス。
「ま、いいかぁ♪」

で、めでたく26日にモリス2本とファルーシュを引き取ったのですが。
「あれ?」
クリップにしっかり留められたタグ(?)には
『FAROUCHE/SAILOR 3500E』と付いているではありませんか。
見知らぬ文房具屋のおっちゃん、疑って悪かった。
IMGP6368.jpg
つまりは当初価格3500円だったということだね。
……650円のとどう差があるって???

IMGP6367.jpg
IMGP6369.jpg
答えは簡単。軸がプラスティックでなく金属軸なのですね。
IMGP6370.jpg
奥がプラ、手前が金属。
実はプラの方が若干長い。柄は基本同じですが金属の方がはっきりと大きめ。
そしてクリップが全然違う。
でも間違いなく、どちらも『SAILOR FAROUCHE』なのです。
おそらく『おもちゃ感覚~その2』で真子さまがコメントしてくださったペンこそ、
これではないかと思います。

さてこの金属軸ファルーシュ。
尾冠の感じから先日入手したDAKSやらと同じくBallerie系列のペンかな?
と思いよく観察してみると。
「ちゃう。これ、首軸がアネードと一緒や」
いつぞやに紹介したセーラーの水玉柄『ピンク36号~SAILOR PINK DOT』
この商品名をアネードというらしいと最近知ったばかり。
IMGP6371.jpg
IMGP6373.jpg
ね?そっくり。
ただ残念なことにキャップの長さが違うため、この2本はキャップの取替えができません。
基本的なサイズは同じなのですが。

プラのファルーシュも「可愛いな♪ 使いたいな♪」と思っておりましたが
せっかくの柄がこすれて消えるのが怖く、未使用のまま。
でもこの金属軸ならば、たぶんそう簡単には柄が消えることはないでしょう。
傷つく可能性はあるにしろ。
でもね。
IMGP6374.jpg
悲しいかな、
「軸がスリムすぎてコンバーターが使えない万年筆」の仲間なんですよ、これ。
セーラーのカートリッジはそりゃそれなりに持っていますから
カートリッジ専用でも使うのに困らないのですけれど
どうせならホスカルをベースに作ってくれれば良かったのにと、
ちょっと当時のセーラーに文句を言いたい気持ちになります。
だってモリスも同じような軸のサイズだけどcon-20使えるからさ……。

しかしやっぱりものすごく可愛くってですねえ、
今回やってきたモリスとファルーシュの3本には大満足なのでした。

ところで真子さまコメントによると、色違いもあるみたいなんですよね。
気になる。すごく気になる。
何にせよこの時代の万年筆はやはり魅力的で、
かつ資料も少なく謎が謎を呼ぶばかりでございます。
(そして物欲も……)

 この記事へのコメント 

きれいですよね。

いっときは大量に出回ってましたが、最近あまり見かけませんね~。30年も残っていたものが、なぜここにきて見かけなくなるのかは、いつも不思議です。やっぱりブームなんでしょうか?このあたりも復刻するのかな~。

シャレーナのコンバーターはまた別なんですか?よく知りませんけど。
>Dr.stopさま

ファルーシュ可愛いです♪
今はこういうペンがないので余計に可愛い。
そういえば廉価版ファルーシュは以前オクでもよく見かけたものでした。
在庫はけちゃったんでしょうか?

シャレーナのコンバーターはシャレーナのカートリッジと同じ口径なので
ものすごく細いです。
ファルーシュは通常コンバーターが使えますので
シャレーナのコンバーターは適合しないでしょう。
……幻のキャンディ・スリム欲しいなあ。
あれはカートリッジ・コンバーター共にシャレーナ・サイズだったはずです。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。