スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 インクに溺れる 

さて私が何故わざわざ三宮に出かけたかと申しますと、
ピンときた方もいらっしゃるでしょう。
そう、本店店舗でのみ販売されているインク、
「フェルメールブルー」を入手するためです。
梅田チャスカでも言えば取り寄せてくれたかもしれないけれど、
大阪梅田に行くのも神戸三宮に行くのも京都からなら気持ち的にそう変わらないので。

目的の「フェルメールブルー」ですが、
“マウリッツハイス美術館展”が行われている間の期間限定と聞いておりましたし、
何しろブルーは一般的に使いやすい色。
もう売り切れで販売されていないのではという危惧がありました。
だから先に電話で在庫確認してから参りましたとも。
その時の電話の保留音が『Get Wild』だったのが妙に気になりましたが。
誰の趣味だ誰の。
無事取り置きをお願いして赴いてみると。
DENの店頭にまだいくつか積み上げて置かれていました。
もう諦めていた人、今ならまだいける!

IMGP6379.jpg
実に鮮やかな青です。
これ、シャルトルブルーに吸わせたらたまらないだろうなぁ……などと妄想を振り切ります。
まだ使っていないし、レビューする人は他にもいるかと思うので省略(笑)
まあ、ご希望があればレビューもいたしましょう。

さてナガサワ文具センター三宮本店といえば文具オタの聖地のひとつ。
さすが西日本文具界の雄だけある品揃え。
出遅れてどこにも在庫がなかったインクがしっかりあるのですよね。
IMGP6377.jpg
IMGP6378.jpg
ペリカン、エーデルシュタインのトルマリンとタンザナイトです。
「石」としてもこの2つは私が最も好きな石なんです!
だから発売を知って絶対買おうと思っていたのにもかかわらず、
あちらでもこちらでも見つからない。
見つかってもどちらか1色だけとかね。
でもどうせならば両方一緒に、が私の希望だったわけです。
満足満足。

しかしナガサワは本当に危険。
だっていつか欲しいと思っていたエルバンのマリー・アントワネットまだあるし!
ローラ&クライナーの青騎士もあるし!
ヤンセンの香りつきインクが置いてあるなんて関西じゃここくらいじゃない!?
百合欲しいんだよねー、実は。
もちろんオリジナルにもまだ欲しい色はいくつもある!
腕力的(重いんだよ)にもお財布的にも今回は断念いたしましたがしかし。
やっぱり欲しいんだよねー。
100瓶からのインクがあってもコレです。
もはやこれは病気。この病気、不治のような予感がいたします……。
さて、どのペンでこの3つのインクを使おうかなあ♪

 この記事へのコメント 

フェルメールブルー! すてきですね!
同じ色でもほんのちょっと濃いとか、ほんのちょっと赤味を帯びてるとかでインクって集めたくなっちゃいますよね……多分傍から見たら変なことやってる人なんでしょうけど。笑
お時間あったらぜひぜひレビューしてください!

エーデルシュタインインクはお高いのでまだ手を出したことがないです……。でもボトルだけでもすてきですよね!
エルバンのマリー・アントワネット! あれも、使ったことはないんですけど見た目だけでもとてもすてきで、ほしくなっちゃいます……。
>近藤さま

そうなんです!微妙に違うから欲しくなるんですよー!
女子学生のカラーペンやマニキュアとかも同じじゃないですかね?
しかも「限定」とかでまた煽られるし。
「くまめくり」のつきみそうさまが書いた感じのレビューされてますし、
おそらく「ぺんぱれーど」のチェリーさまも乾燥時間や水濡れのレビュー
してくださると思います。
同じじゃつまらないので、うちでやるとしたら他の同系色インクとの色比較?
……うち、あんまり普通のブルー系がないんですが(笑)
ちょっとがんばってみますか。

エーデルシュタインはインク各色も「宝石」の名に恥じない美しい色揃いです。
何せこの私が青系を2色も持って愛用してるし!
そしてボトルが本当に美しい。ひとつお持ちになれば色々満足されるかと。
何しろきっちり50ml入りですからカランダッシュより
モンブランの限定インクよりもはるかに良心的……。
しかも今ならまだiroshizukuより本数が少ない!!!
マリーアントワネットはね、素敵ですがほとんど5000円なんでさすがに二の足を。
万年筆インクの魅力は色が第一ですが、ボトルが本当に重要。
ビスコンティのガラスからプラへの変更は許せませんでしたし。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。