スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 不思議のMUSIC CALLIGRAPHY PEN 

私がそのペンと最初に出会ったのは去年の年末。
場所はあまり繁盛していないビルに入った画材屋。
画材屋も昔から財布を軽くさせるという意味で鬼門なんですが。
描きも作りもできないくせに招き寄せられ散財させられるほどは好きです。
で、画材屋であっても筆記具はある。
そういう店ならば万年筆でなくとも掘り出し物があるかもしれないと
丁寧に地層を掘っていた私の手がつかんだのがそのペン
(ちなみに他はオートとかオートとかオートとか……)。
サインペンの類だがミュージックなペン先なのが特徴。
IMGP6421.jpg

キャップにも楽譜が書かれているし。
しかし試筆用だったのかケースも値段もない。
ついでにインクもなかった。
お店の人に聞いても同じ商品はなく、
そのものはインク洩れもしていたようで売り物にもできないと。
良心的ではある。
正直、おそらくすぐ廃棄だろうから、
捨てるくらいなら同じものを探す手がかりになるからクレと思わないでもなかったけどね。

で、地味に検索して探したりしてみた。
手掛かりはキャップリングのSAILORの刻印。
むしろその刻印がなければ、ここまで私はひっかからなかったに違いない。
しかし探し方が悪いのかさっぱり見つからないでいた。
SAILORのHPにだって影も形もないし。

しかしつい先日、私はそのペンと再開した。
場所は……餅は餅屋なCDショップ。
需要を考えれば捜すべきはCD屋とか楽器屋だったんだよね。
IMGP6416.jpg

日本語の商品名は『写譜ペン1.3mm』自分で作曲する場合ならそうは呼ばない気もするけれど。
発売はMUSIC FOR LIVING 株式会社ナカノで、SAILORの名前はどこにもない。
IMGP6417.jpg

でもキャップリングにはしっかりSAILORとあるし、
付属のカートリッジだってセーラー特有の形(と分かってしまうのもどうだろうか……)。
IMGP6418.jpg
IMGP6423.jpg
これはセーラーが作ったけれど権利ごと売っちゃたのか?
それともOEMの扱いなのか???
ちなみに交換用のペン先だけでも別売りされており親切。

さて楽譜なぞに縁のない私がこのペンを欲しがったのにはミーハーな理由しかない。
『趣味文』のvol.24に掲載されていた手書きの楽譜が美しくて。
それでこれまで興味なかったミュージックニブもちょっといいかもとか思った。
でもセーラーもパイロットもミュージックニブにできるのって面白みのない黒軸のペンしかない。
おまけに1~2回落書きしたら満足するのも分かっている。
どう考えても死蔵される未来しか見えない。
それなら安価なサインペンで十分じゃない?
真っ黒じゃなくて楽譜モチーフがキャップにあるのもオシャレといえなくもないし。

でも今はまだカートリッジを刺していない。
このインクが万年筆用と同じものだったら、
もしかしてコンバーターで黒以外吸わせちゃってもいいかもとか、
でもそうしたらマーカーとどこが違うんだとか、
このペンならスタンダードに黒いっとくべきだろうとか。
なんかそんなくだらないこと考えているせいだったりで。

バイエルやハノンのミニノートにセットしたいペンがともかく見つかったわけで。
万年筆じゃないのはちょっと残念ではあるけれど、何せ定価1,000円(税別)。
遊ぶのには丁度いい。
ミュージックニブに興味はあるけれど買うほどでもない、
といった方は探して見られてはいかが?
IMGP6425.jpg


 この記事へのコメント 

あっ! これヤマハで売ってました。ピアノを習う小さい女の子向け雑貨コーナーみたいなところ(?)にありました!
SAILORっぽいのにパッケージの方にはセーラーのセの字もないんですよねえ。おっしゃる通り売っちゃったんでしょうか。
インクも別売りしてましたけど、やっぱり万年筆のインク入れてみたくなっちゃいますよね!
私も今度買ってみたいと思います。
>近藤さま

ヤマハ! なるほど。その昔ヤマハ音楽教室にお世話になった覚えが。
一応、純正インク(カートリッジ)を使ってみようとは思ってるんですが
セーラー製だと知ると万年筆インク使えそうに見えてしかたないんです。

ちなみに用もないのに五線譜を書けるボールペンのようなものも
なんか妙に欲しいんですが(笑)
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。