スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 青色十色(あおいろといろ)~フェルメールブルーとの比較 

*画像、差し替えました!(3/3)

ナガサワの限定インク「フェルメール・ブルー」を入手した旨の記事を書いたら
レビューが見たいとリクエストいただきましたので
家らしくレビューしてみることにしました。
一応、よそのブログではどういうレビューされているのかいくつか見せていただきましたが
たいていフェルメールブルー単色での紹介という感じでしたので、
安心して他の青インクとの比較をしようと思います。

使用したのはLISCIO-1の方眼ノート。
フェルメールブルーと青墨のみ「ふでDEまんねん」、
他のインクは平和萬年筆ガラスペン中字使用。

まずはフェルメールブルーで落書き、落書き♪
IMGP6489.jpg
IMGP6490.jpg
花色っぽいかな、と私は思いました。
細めの字幅だとラピスラズリぽいとも思えます。
使いやすい色ですし万人にオススメできるかも。

そして色比較。
IMGP6491.jpg
適当に我が家にある青インクに集合してもらいました。
PELIKAN Edelsteinより、TANZANITE、SAFFHIRE、TOPAZ。
Dr.ヤンセンからナポレオン・ボナパルト、ジュール・ヴェルヌ。
WATERMANからフロリダ・ブルー。
VISCONTIからブルー。
プラチナMix Freeからオーロラ・ブルー。
SAILORから青墨。
Kobe INK物語から海峡ブルー。
PILOT iroshizukuから朝顔、紺碧、孔雀、露草、月夜
十色どころか十五色と見比べられるはず。
これでも明確に違うからと使用しなかった青系がまだいくつかあったという恐ろしさ。
そりゃ本命でない青系でこの数集まるんなら総数が多いのも当たり前というか。

……正直、あまり出回っているといえないインクも多い、
というかそんなインクばっかりというか……。
果たしてこれで皆様の参考になるかはわかりませんが、
私としましては
「あ、手持ちと同じ色がなくて、ちょっとづつ違っていていいねえ♪」
……それこそがインクを無駄に増やす原因なのですが。


ところでこの記事のためにフェルメールブルーを開封して
ふでDEまんねんにコンバータ吸入して書き始め……てふと横を見る。
なんとフェルメールブルーの瓶のふたがきっちり閉まっておらず、
インクの箱からその下においていたノートへと染み込み……。
あわてて助け出して拭いて、とかやっていたら
インクの蓋が転がって書きかけのノートのうえにインク撒きながらころころと。
……最初に書いていた分はここで悲しくボツに。
手は当然のようにインクまみれ。きゃー。
でも気付いたのがまだ早かったのと、インクの下になっていたノートの表紙と裏表紙が
ほとんど吸い取ってくれたおかげで、被害は比較的少なかったかと。
皆様、インク瓶の蓋はきっちり閉めたか確認しましょうね!
おねえさんとの約束だよ!

ちなみに大半を吸い込んでくれたノートですが、
表表紙と裏表紙、そして主に背(リングノートだったんで)が被害に合いましたが、
中身は使うのにまったく問題がなかったという。
メーカーすら不明のノートだけれどありがとう!
今度表紙カバー何か工夫するからね!

 この記事へのコメント 

わー、ありがとうございます!
インクのコレクションもかいま見ることが出来て嬉しいです〜。赤&ピンクのインク以外はあまり集めてらっしゃらないのかな〜、と勝手に思っていたんですが、青系統のお色もたくさんお持ちなのですね! 持っていないインクばかりで、眼福にあずかりました。
真珠の耳飾りのへのへのもへ子ちゃんも可愛らしいです!

事故(?)も、被害が少なかったのなら何よりです。インクって手につくと意外に落ち難いですよね……。
表紙カバーもお作りになるなんて本当に多才でうらやましいです。
素敵なサンプルありがとうございます。
持っていない青インクもありとても参考になります。
へのへの青いターバン少女の絵も素敵!!(絵お上手ですね☆)

フェルメールブルー、いい色ですよね。
青ラーの私には必須?です(笑)
私は昨年秋、ナガサワさんからはがきが届き、速電話したのですが、第一弾は既に売り切れ(皆さん情報早いですね)、第二弾を予約して入手しました。

メーカーは違いますが、シャルトルブルー(今回は早く届きました)にも入れてみたいなあと思っていますが、シャルトルブルー綺麗すぎて眺めている状態です。

私が使った感想は、フェルメールブルーは、濃い目のロイヤルブルー系に属する色だと感じましたが、ロイヤルブルーのように水に流れやすい性質ではないみたいです。
ロイヤルブルーの色は好きだけど、薄い、退色しやすい、水に弱いから・・と思っている方におすすめではないかと思います。
>近藤さま

画像が不自然で見辛くてすみません!
あまり参考にならなかったのでは?撮影しなおしますね!
青系は、主にオマケでやってきたのが多い気がします。
あ、でもエーデルシュタインとかiroshizukuは自分の意思で購入してるわ。

「普通の青」とか「普通のブルーブラック」を持っていないんです。
ヤンセンのナポレオンは、ヤンセンでのブルーブラックなんですけど、
あそこのインクは微妙な色合いが多いから……。

ヤンセンは、取り扱い店舗は少ないは、注文したらなかなか届かないは、
何より高いは、量は微妙だはと、色々問題ありますけれど、
瓶が可愛くて、その微妙な色合いが他にないのでやっぱり好きです。
ご希望あれば手持ちのヤンセンの色紹介もいたしますけれど。
他はまだ比較的入手できるかと思いますので。

へのへのもへ子ちゃんは、空白余ったんでなんか書こうと思ったら、
目の前に名画の彼女がいたものでつい遊んでしまいました(笑)
教科書の肖像画への落書きと同じレベルですw

インクは水性のくせに手につくと本当に落ちませんよね!
おかげで万年筆で遊んでいると手洗い増える増える。
冬場は特に勘弁して欲しいのに!
表紙カバーはとりあえず適当な紙貼ってしまおうかなというくらいですので、
特別なスキルはございませんよ?
ただ一般家庭より、適当な紙の選択肢が多い気はします。
>真子さま

画像悪くて申し訳ありません!
でもフェルメールブルーお持ちでしたらなんとなく分かってくださるかも?
どこかで「モンブランのロイヤルブルーに似てる」と書かれていたのですが、
自分があまり使わないので父に進呈してしまったので比較できませんでした。

第一弾、そんなに完売が早かったのですね!
最初は購入する気なかったんでのんびりしてたんです。
1月に購入した人のブログ読んでまだあるならいっちゃおう、と。
品のいい色なんでアイボリーのプロギアスリムで使う予定です。

シャルトルブルー到着おめでとうございます!
やっぱり、きれいですよね。
使いながら眺めてもきれいだと思いますよ!
ナガサワで見た時、おおフェルメールブルーぴったり!
とか私も思いました。
耐水性はあまり気にしていないのですが、あった方が安心ですし、
退色しにくいなら嬉しいですね!

フェルメールブルー、まだふでDEまんねんに残っているので
へのへのもへ子さんでも増殖させましょうか(笑)
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。