スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『趣味の文具箱』vol.25感想 

趣味の文具箱 25 (エイムック 2579)趣味の文具箱 25 (エイムック 2579)
(2013/03/09)
不明

商品詳細を見る


3月に一度のお楽しみ、『趣味文』最新号を入手いたしました。
いきなりの「万年筆インクの色分布」だけで10分くらい凝視したかと(笑)

「今時の文具箱」では今更鉛筆にときめいちゃったじゃありませんか。
ステッドラーは機能美が美しいとかねてより思っておりましたが
新しく参入の万年筆はファーヴァー・カステルっぽい?
でもザ・ペンシルは美しいなあ。買わないけど。
ナガサワのペンシルセットはノスタルジックかつシックで、
店頭で見たら危ないかもしれない。

今回の特集は「死ぬまでに絶対使ってみたいペン246本」でしたが、
そこまで強い思いはないです、私。
むしろ「死ぬまでに絶対使いこなしてみたいペン」なら何本もあるんですが。
増やすより使うことの方が課題ですので。

とはいえ、「絶対」を抜いたら思うのは中屋のオーダー。
ペン先は超極細でお願いします。
漆で朱鷺色ができることは確認しているけれど、
中屋でなら溜塗がいいなあ。
シガーで十角ポータブルがいい。ツイストもかっこいい。
小さいペン好きだからピッコロも魅力だけれど、
使い勝手を考えるとポータブル。
螺鈿は素敵だけど妄想すらおそれおおいわ。
……とか妄想しているだけで何時間と遊べます。
実際に注文する日が来るとはどうしても思えませんが。

高島屋の『趣味文祭』でデルタのビンテージ・ヴォロンタが先行発売されるとか。
スルースルースルーったらスルー!
色目はもちろん好きに決まっていますが、これビンテージというのがネック。
ビンテージだと普通のコンバーター使えないんだもの!
おまけに鉄ペンだし。
あと、胴軸にもうちょっと工夫が欲しかった。
この配色ならやっぱり、エス・テー・デュポンのリベルテ、オードリーがいい。
金属軸苦手だけど、なんだかこのペンだけは無視しきれない。
でも手に入ったとしても「重い」って使わない気もするし
がんばってスルーしてるのに、東京ステーションホテルの特集1ページ目は卑怯だ!
ペンハウスのシンフォニーは……うん、いつかいっちゃいそうだねえ。
と、今回のピンク万年筆への感想でしたとさ。
3本しかないと取るか、3本もあると取るか?

とかとか『趣味文』は己の煩悩といかに戦うかという試練の書だと、
今回も思ったわけです。
基本的に風呂場での腰湯の友。
そこなら危険なネットからも隔離されているし(笑)
ぱらぱら眺める「だけ」なら写真も美しくて楽しいんですけどねえ。

*追記*(3月12日)
またぱらぱら見ていて前回見落としていた重要なことを発見。
セーラーのプロフェッショナルギア・スリムミニが2013年で製造終了!!!
大好きなのにーっ!
モリタ・オリジナルかナガサワ・オリジナルかを確保しておくべき!?

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。