スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 京都セルロイド サクラ(シリンダー) 

購入したのは最近ではないのですが、何か記念日的な時に紹介しようと
取っておいたのです。
ちなみに記念日は16日が私の誕生日だったということで。
1日おきの更新にしているので日は過ぎておりますが。

購入したのはナガサワの三宮DENにて。
シガー(バランス型)かシリンダー(ベスト型)にするかかなり悩みましたが、
プラチナのセルロイド・サクラがバランス型なのと、
元々好みがベスト型で、このシリンダーなら天冠と尾栓のピンクがアクセントになっていたので、
結局お馴染みの形に落ち着きました。
IMGP5725.jpg

サクラというにはピンク部分が濃い目ですが、半透明部分がアクセントになっていてきれい。
イチゴミルク味がしそうで、
シガータイプだったら思わず口にしてしまいそう(笑)
ここのキンギョも赤みの強いキンギョで可愛いです。
IMGP5727.jpg

セルロイドなのに、嵌合式のキャップなんです、これ。
密閉性は大丈夫なのか!?
クリップが手作り系の万年筆の中では凝っていて好印象。
刻印がクリップ両横に入っています。
首軸が黒のプラスティックなのが「惜しい」けれど。
ペン先はお馴染みシュミット製のM。
キャップが重いので後ろにポストして使うと重心が後ろに下がります。
セルロイドの本体そのものは軽いのですが。
コンバーターが最初から付属。
IMGP5728.jpg

HPを見たら、セルロイド・メッシュの14k万年筆については、
セーラーと提携するみたいなので大橋堂みたいになるのかな?
でもメッシュのデザインはもうひとつのような気も……。

記事からピンときた人もいるかもしれませんが。
未使用です、このペン。
セルロイド軸のペンも、シュミットのペン先もこれまでに持っているわけで、
未使用でいても何ら問題ないというか。
ペンがありすぎるのが問題というか。
レビュー希望があれば試します。

 この記事へのコメント 

お誕生日おめでとうございます!!!

お誕生日にふさわしいすてき万年筆ですね。ほ、ほしい……(とはいえ先日1日に2本もプロギアスリムMFを購入してしまった……)
桜もベスト型も好みなんです! 本当にいちごみるくのあめちゃんみたいですね。セルロイドだから軽い? のでしょうか?? セルロイドはまだご縁がなくてよくわからないです。京都セルロイドのホームページを拝見したら金魚もこれまたとてもきれいですね……!

首軸が黒なのは私も「わかっとらんな……」とか思っちゃうんですが、このくらい繊細なお色だとインクで染まっちゃうかもしれませんしね。ながめるだけならやっぱり惜しいですけどね。でもいい意味でアクセントになっていると思います!

何度見てもやっぱりほしくなってしまいますね……とてもきれいです。「12600円? 安いじゃん!」とか思っちゃう自分が嫌です。安くないよ……万年筆って相場がある程度のお値段ですから、なんだか金銭感覚が狂いますね。

繰り返しですが、お誕生日本当におめでとうございます!
やっぱりお持ちでしたか…この天冠は実食可ですか?ずいぶん前に、いつ発売するのか問い合わせたことはあるんですけど、それっきり。だーって、高いんだもんシガータイプ。ネットショップで見るのと、ちょっと雰囲気違いますね。ロングプロダクツのと似ているような…。
>近藤さま

ありがとうございます!お祝いのお言葉嬉しいです!
本人的には歳を取ることをやめて久しいので(笑)

京都セルロイド、サクラもキンギョもいい色でしょう?
キャップに金属部分があるせいか、キャップが重く感じられますが
今量ってみたら全体で18g、キャップのみ8g、本体のみ約11gでしたから
全然重くない、というか軽いですね!
キャップした状態で約13.3cm……記事中にスペック揚げとけという奴ですが。

がっつりコンバーター付きなので首軸は絶対汚れる!
ってことなのかもしれません。
そんなの承知の上なのに~(笑)

金銭感覚が狂う、一挙に何本も増える、それ両方経験してますので分かります。
さすがに数を数えるのもやめたくらいになりましたのでセーブも少しは覚えましたが
それでもコロっと堕ちる時は堕ちますしねえ。
近藤さまも何か記念日に購入されては?
自分へのご褒美に期限はありません(笑)
おいしそうなのは保障いたします♪
>dr.stopさま

やっぱり持ってました(笑)
いかないはずがない、というペンでしたので。
HPでのネットショッピング、さっぱりできるようにならないとこですよね。
まあナガサワとハンズで取り扱いしてますし、それで入手もできましたが。
ロングプロダクツの桜と並べて収納してますが姉妹というほど似てます。
京都セルロイドの方がピンク部分が少し濃い。

実食可能なんじゃないかと思わせられる危険な天冠。
食べたあとはサクマのいちごみるくを貼って……とか?
じゃあいっそ最初から……。
WEB上でこんなファイルを見つけました。ご参考までに。
http://www.celluloidhouse.com/mannenhitu.pdf
こんなに手がかかっているのだとは思ってもみませんでした。
詳しいスペックまでありがとうございます〜。
おお、軽い〜! 20g以上が駄目な私でも問題なく書けそうです!
通販あるみたいですが、ハンズでの扱いがあるならハンズを利用しようかしら……←既に買う気満々……。
何かの記念の折りにでも購入したいです♪


なんか、人様のお誕生日の記念の記事というのに物欲が炸裂してしまって申し訳ないです……。
>yerkesさま

色々ありがとうございます。
こういったものも紹介していきたいと思います!
yekesさまの真摯な関心はとても勉強になり、好ましいと感じます。
ブログとかされていたら教えてくださいね!

で、教えていただいた項目ですが、「なるほど」と思うものが多く、
第二弾の中心項目とさせていただきます!
私の場合、最初から見た目>書き心地>その他、という関心度だったので
なんというか「甘い」んですよね。
知らないままでもいいか、と放置した項目もたくさんあります。
なので本物の初心者と立ち位置はそんなに変わりませんし、
どこまで分かって使いこなしているかと問えばまったくなのです。
一応、初めてから2年半になるんですが。
万年筆は好きだし集めているけれど、それはアクセサリーを好きで集めるのと大差ないかも。
でもただ集めるだけじゃなくて、どちらも「使う」ものであることが前提で。
ですから「本物の初心者」にとっても、とっつきやすいのではないかと。
うちで興味を持って、それから自分でも親しんで、
詳しい方のところを段々楽しんでくれるようになればいいと思います。
知識量なんて私を追い抜いていってくれて構わない。
ただ疲れたときなどに気楽に眺めに帰ってきてくれたら嬉しいかも。

あと、実は個人的野心としまして、女性の万年筆ファンの裾野を広げたいんです。
女性ファンが増えて、万年筆市場で無視できない勢力となれば、
もっと私好みの万年筆も作り出されるに違いないという!!!(笑)
現状、女性によって続いている万年筆ブログは少ないと感じています。
ペンクリやWAGNERでも女性の参加者はあまり見ません。
でもインク工房だとそれなりに女性の姿も見ます。
色や見た目から入ってもいいんだよ、気楽に構えず楽しもうよ、
そんな趣旨でやっている万年筆ブログはほとんどないかもしれないので。
>近藤さま

お役に立てたなら嬉しいです。
我が家で所持している万年筆でしたらいつでも重さ量りますのでおっしゃってください。
何せ、万年筆のためだけにキッチンスケール購入いたしましたので(笑)
物欲炸裂、望むところです!
うちのブログを見て欲しくなる→購入→メーカーが「こんなのが人気あるのか」と好みの新作を出す
→私、大喜び!
という図式を妄想しておりますので!
現物が見られるなら見てからの方がいいですよ。
セルロイドの場合、柄の出方もありますので。
よいご縁がありますように!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。