スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Platinum クレージュ万年筆(リング) 

「まだ持ってたんかいっ!」
という声が聞こえるような気さえする今日この頃でございます。
こういうものは不思議と重なってやって来るんですよ、本当に。
あんまりこちらの都合を考えてくれないのが困りものですが。

そんなプラチナOEMのクレージュ万年筆第三弾は、ようやくの金ペン。
当時価格予想は10,000円。
ペン先に輝く14kの刻印が誇らしげでありますが、
形状は鉄ペンとほぼ同じなんですね。
こりゃペン芯も一緒でしょう。
一応、中古扱いですが一度しか使われなかったという状態の良さ。
徹底的に洗浄もいたしましたので新品同様と言っていいでしょう。
IMGP6525.jpg

プラスティックは首軸のみ、というのも前回のレディと共通しています。
しかし、先の2本と違ってこのリングは、ロゴマークが天冠にしかない!
(のに、天冠の撮影をすっかり失念……)
全体にすっきりしたデザインで、クレージュぽくないといえばそう。
胴軸は先に向かって少し細くはなっているのですが、
レディよりぐっと細身な軸ということもあって、スレンダーな印象。
IMGP6527.jpg

このペンの特徴は、中央のピンクのリング部分がアクセントになっていること。
でも驚くのが、このリング部分、キャップでなく首軸についているんです!
胴軸にならまだありそうなのに首軸!
そこが個性的で面白いですね。

商品的にはこれも「ピンク」なんです。
色違いのペンもリング部分のみのカラー展開で。
でも我が家のカテゴリーとしてはやはり白になってしまう。
色違いを揃えるつもりがないですからねえ。

嵌合式、カートリッジ・コンバーター両用式。字幅F。

プラチナの万年筆も最初に比べるとずいぶん増えた
……というか最近プラチナばかりな気もしないでもないんですけれど
プラチナのこのタイプの金ペンは持っていなかったので使ってみたい衝動にかられますが、
爪ニブの方がやっぱり書きやすそうに思えてしまいます。
そのあたり、自分で検証すればいいんですが(笑)

IMGP6528.jpg
ところでクレージュOEMの3本を紹介してきたのですが、
デザインはクレージュだとしても作ったのはプラチナ。
ならばもっとプラチナだってオシャレなペンを作れるはずなんですよ!
いつも同じバランス型ばっかりで逃げていないで。
本当に使い始めるとプラチナの万年筆は手放せなくなるほどで、
だからこそデザインをもうちょっと……と望んでしまうのです。
軸色に関しては最近がんばってくれているし、期待してますから!
……にしても、この軸の細さでコンバーター使えるのは実に嬉しいもの。
長時間使っていたら疲れるんじゃないかという疑いも少しはありますが。

しかし3本並べるといちごクリームと生クリームのようで、
なんだかケーキが食べたくなってきました。
夜中なのに……。

 この記事へのコメント 

クレージュばかり見てるから太るのよ!ということですか…気をつけよ。。

これはセーラーっぽいですね。ピンクの輪っかは、昔万年筆のキャップリングの位置だし。おもしろい。

プラチナってデザイナーさん少ないんですかね。アフェクションもレディと同じデザインですよね。
>dr.stopさま

見てるだけで太るなんてそれなんて呪いの万年筆……!
私が万年筆を知ってから見るアフェクションという名のペンは複合式ペンのみで
万年筆は知らないんです。
あ、でもピンクないなら興味の範疇外かも?
この季節になると、特にこういうピンクに目が行きますね。
真ん中のペンオシャレ♪
ペン先の形もいいですね☆
>真子さま

年中ピンクから目が放せない私ですが、春になるともう……
クレージュのペンは色も形もなかなか好み。
せっかくなので使ってみようと思っています。
久々にmixfreeでインクでも作って。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。