スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 PILOT W.Morrs Colledtion 2nd~red~ 

最初の1本を手に入れてから、すっかり私を魅惑した、
パイロットのウィリアム・モリス・コレクション。
欲しい欲しいと願い続けていると運良く捕まえられたりもいたします。

IMGP6978.jpg
IMGP6979.jpg

2期の3本(赤青茶)のうちの赤です。
赤と言っても超渋い色合いで、1期のパステルカラーとは思いっきり趣が違います。
入手できたのは中古品ですが、茶色もそうだったし、どうせ使うので良し。

IMGP6980.jpg
赤と茶を並べても渋いったら渋すぎる。
細身のペンなので女性がターゲットなのだろうとは思われますが、
ある意味幅広い年代にアピールできる色とデザイン。
こういうペンこそ復刻してもいけると思うんですが。

このコレクション、
入手できるならば全部集めたいけれど、なかなか思うようにはまいりません。
そういう面もコレクター魂をそそうのかもしれませんが。

V&A ウィリアム・モリス・コレクション(パイロット製)
ペン先:合金 F(ペン先刻印は「VA」「<F>」のみ)
キャップ・胴軸:真鍮にラッカー仕上げモリス・パターン入り。
首軸:樹脂
金属部分は金色メッキ仕様
収納時約134mm、筆記時約148mm、本体のみ約122mm
カートリッジ式(CON-20未確認)

パイロットiroshizuku 躑躅をカートリッジに詰めて使用


 この記事へのコメント 

あずみ様
お久しぶりです。
ウィリアム・モリスの万年筆素敵ですね。
私も去年ピンクと水色の2本入手しました。
他も気になるのですが、廃盤品ですので中々機会がありませんね。
しかし、あずみ様のコレクションは確実に増えていらっしゃるようですね。
プラチナショートは圧巻です。
私の方も気付けば増えておりまして…。
しかも、某文具店のオリジナルが3本も!(内1本は発売前の予約品です)
トレードマークの風見鶏がついていない物ばかりです。

風見鶏は何故かとても遠い存在です。
しかし、書き味は抜群で最近はこのペンばかり使っています(笑)。

これ以上増やさない様にと思いつつ、サファリやアルスターの今年の限定カラーが気になっています。
使っていない万年筆が増殖中ですのに、困ってしまいます(笑)。
お久しぶりです!
モリスも一気には無理ですが、諦めずにいたらじわじわと。
廃盤品が欲しいと苦労しますよね。
1期の2本おめでとうございます!
あれは可愛い、うん。
水色のインクは天色にすべきかな……。

増えてないと言いつつ増えている万年筆の不思議(笑)
ラミーあたりだと価格帯が低めなのも危険な原因ですよね。

風見鶏、そういえば普通サイズで1本も持っていないことに気付きました。
単に、普通サイズにピンクがないからなんですが。

使っていない万年筆は、コレクション用はそうと置いておいて、
それ以外はローテーションでペンケースに入れるようにはしています。
それでも使う頻度が高いペンって出てきますよね。
最近油断してるとプラチナばっかり使ってたりします。
おや?
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。